2018年10月26日 更新

ポピーの育て方は?植え付け時期や肥料・用土など、鉢植えでもできるオリエンタルポピーの栽培方法

ポピーはケシの仲間の総称で4〜6月の春から初夏にかけて花を咲かせます。長い茎の先に明るい色の花をつけて、ゆらゆらと風にそよぐ姿が可愛らしいですね。ポピーには約150の品種があり、園芸品種として親しまれているのは麻薬成分が含まれないヒナゲシ、ナガミヒナゲシ、モンツキヒナゲシ、アイスランドポピー、オリエンタルポピーなど。特にオリエンタルポピーは豪華で大きな花を咲かせるため、地植えの草花として人気があります。

176 view

宿根草のポピーとは?

 (8149)

しわを寄せた薄い花びらがひらひらと風に揺れる姿が美しい宿根草のポピー。花色も朱色、橙、ピンク、白などがあり、花弁も一重咲き、半八重咲き、八重咲き、フリル状のもの、フリンジ咲きのものなど品種も豊富に揃います。

鉢植え、地植え問わず旺盛に育ちますが、国立昭和記念公園(東京都立川市)や秩父高原牧場(埼玉県秩父郡)のポピー畑ように群生させると見ごたえが出ますよ。

一方、大型種のオリエンタルポピーは、一株でも存在感たっぷり。シャクヤクに似た大輪花は大きなもので花径が20㎝ほどに。大株になると何輪もの花がいっせいに咲き、迫力満点。一度は育ててみたいおすすめの品種です。

オリエンタルポピーの育て方と栽培のポイント

基本的な生育のサイクル  

植えつけ・植え替え期:3月~4月 10月~11月
開花期:5月~6月
※関東地方以西基準

栽培環境・日当たり・置き場所

乾燥気味の土壌で、日当たりの良い場所を好みます。寒さに強いですが、高温多湿を嫌うので要注意。

水やり

地植えなら数年間は植えっぱなしでも育ち、水やりも不要です。鉢植えは土の表面が乾いてから与えます。

栽培のポイント

オリエンタルポピーは鉢植えもできますが、地植えで群生させると素敵です。植え付けから数年間は移植しないで株を大きく育てることが良い花を咲かせるコツですよ。

冷涼地で栽培しやすく高温多湿を嫌う性質から、平地や暖地は水はけの良い土壌にして、株が混み過ぎないようにしましょう。日当たりと風通しの良い所を好むので、地上部が枯れて休眠する夏の間は、地温が上がらないように、ほかの草花などで日陰にしておくと株が長もちします。

秋になって新葉が出たら、よく日に当てて肥料を施し、株を太らせてくださいね。一方向からしか日が射さないと茎が曲がりやすくなるので、なるべく一日中の日当たりが良い場所に植えましょう。

主な病害虫

害虫:特になし
病気:特になし。高温多湿の蒸れに注意。

ポピーを育てる為の用土、肥料とは

初期育成に必要な栄養素がはいった有機培養土

プロトリーフ 花と野菜の有機培養土 5L

プロトリーフ 花と野菜の有機培養土 5L

元肥入りでいろいろな植物に手軽に使用できます。赤玉土や鹿沼土、バーク堆肥をほどよく混合し、保水性と排水性の高い培養土は、鉢植えにもぴったりです。

すべての成分を1粒に。むらなくまける

ハイポネックス ネクスコート いろいろな植物用 500g

ハイポネックス ネクスコート いろいろな植物用 500g

3~4カ月に一度、ばらまくだけで効果が持続します。元気に育てるための栄養素がバランスよく配合され、マグネシウム・カルシウム・イオウ・鉄など微量要素もプラス。花色・葉色を美しく育てます。ポピーの場合は秋になったら施しましょう。

害虫をすばやく退治、アブラムシ忌避作用もあり!

住友化学園芸 殺虫殺菌剤 ベニカXファインスプレー 1...

住友化学園芸 殺虫殺菌剤 ベニカXファインスプレー 1000ml

害虫と病気を同時に防除してくれるスプレータイプ。速効性があり、害虫をすばやく退治してくれます。植物へ良くなじみ、病気の予防と治療に効果的。ポピーはもちろん幅広い植物に使用できる殺虫殺菌スプレーです。

初心者向けの育てやすい花 ポピーに挑戦しよう

 (8176)

乾燥、寒さ、病害虫に強く、初心者でも育てやすいポピー。花だけでなく、種も活用されているのをご存知ですか? アンパンの飾りとして使われている小さな白い粒。あの粒はケシの実(ポピーシード)で、最近はその栄養価の高さから、アメリカではスーパーフードとして注目されているほど。お菓子作りにも活用できそうですね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ペンタスの育て方は?肥料や用土など、鉢植え・地植えで寄せ植えも楽しめるペンタスの栽培方法

ペンタスの育て方は?肥料や用土など、鉢植え・地植えで寄せ植えも楽しめるペンタスの栽培方法

星形の小さな花をこんもりと半球状に咲かせるペンタス。熱帯原産で夏の暑さに強く、5月頃から10月まで次々と咲く花が楽しめます。紫や青、赤、ピンク、白などの花色に加え、白い覆輪の入るもの、八重咲きのものも。草丈も30㎝ほどのものや、1m以上にも育つものがあります。低く茂る矮性(わいせい)種は花壇や寄せ植えにぴったりです。一般な葉色は明るいグリーンですが、最近は斑入りのものも登場し、ますます個性豊かになりました。
95 view
バーベナの育て方は?肥料や用土など、鉢植え・地植えで楽しめる種類豊富なバーベナの栽培方法

バーベナの育て方は?肥料や用土など、鉢植え・地植えで楽しめる種類豊富なバーベナの栽培方法

熱帯から亜熱帯にかけて250種以上の野生種が自生しているというバーベナは、夏の暑さに強く次々と花を咲かせるのが特徴です。本来、多年草ですが反面、耐寒性が弱く日本での越冬は難しいことから一年草として扱われる品種と越冬可能で多年草として扱われる品種があります。 園芸品種も多く大輪で花色の美しいラナイシリーズや、花弁の内側が赤、外側がピンクのピンクパフェシリーズ、カーペットのように横に広がって咲く花手毬シリーズなどが人気です。
97 view
プリムラ(ジュリアン、ポリアンサ)の育て方は?肥料や用土など地植え・鉢植えできるプリムラの栽培方法

プリムラ(ジュリアン、ポリアンサ)の育て方は?肥料や用土など地植え・鉢植えできるプリムラの栽培方法

中国やヨーロッパ原産のサクラソウの仲間のプリムラは、花の少なくなる秋から春まで、長期間花を楽しませてくれるものが多く、冬を彩る花として人気があります。耐寒性のあるもの、耐暑性のあるもの、品種によってさまざまですが、ポリアンサのなかで花も株も小さめの種類はジュリアンと呼ばれ人気です。
115 view
アマリリスの育て方は?肥料や用土・水やりなど、球根から鉢植え・地植えで育てられるアマリリスの栽培方法

アマリリスの育て方は?肥料や用土・水やりなど、球根から鉢植え・地植えで育てられるアマリリスの栽培方法

太い茎の先に極彩色の、大人の手のひらを広げたサイズの大きな花をつけるアマリリス。初夏の太陽をはね返すようなエネルギッシュな咲き姿が印象的です。華やかで個性的な雰囲気づくりにぴったり。球根なので、初心者にも手軽に育てられるのもうれしいですね。
92 view
ペラルゴニウムの育て方は?植え替え時期や切り戻し、肥料・用土など種類豊富なペラルゴニウムの栽培方法

ペラルゴニウムの育て方は?植え替え時期や切り戻し、肥料・用土など種類豊富なペラルゴニウムの栽培方法

ピンクをベースにしたペラルゴニウムの小花は、深紅色や花弁の中心に黒や赤色の斑点模様やストライプ模様が入り、愛らしく上品な雰囲気です。5~8枚の花びらが重なりあい、縁がフリルのように波打つものが多く、とっても華やか!4月~7月下旬まで咲き続け、ひと鉢あるだけでお庭やベランダがパッと明るくなりますよ。
72 view

この記事のキーワード