2019年10月29日 更新

ニオイバンマツリの育て方は?挿し木や肥料・用土など、地植え・鉢植えで楽しめるニオイバンマツリの栽培方法

春から夏にかけて、白と紫の花でおおわれ、枝が見えなくなるほど咲くニオイバンマツリ。咲き始めは濃い紫で、淡紫から白へと数日で花色が移り変わる様が幻想的です。ジャスミンのようなさわやかな香りも楽しめます。

ニオイバンマツリとは?

 (8605)

ブラジル、アルゼンチンを原産地とする南米生まれの熱帯植物で、3mくらいまで育つ低木の常緑樹です。霜が強く降りない地域では戸外で越冬する地植えで庭木としても楽しめます。鉢植えでコンパクトに育てることもできますよ。

紫と白の紫陽花にも似たやさしい小花をしっとりと咲かせるニオイバンマツリ。日に日に移り変わる繊細な色の変化に目が離せません。

ニオイバンマツリの育て方と栽培のポイント

基本的な生育のサイクル 

植えつけ・植え替え期:4月中旬~6月
開花期:4月~7月
※関東地方以西基準

栽培環境・日当たり・置き場所

日当たりの良い、湿気のある場所を好みます。

水やり

鉢植えは土の表面が乾いたら夏場は毎日たっぷりと。地植えでも雨が降らずに乾燥したら水やりを行いましょう。

栽培のポイント

鉢植えなら秋から春は日光がよく当たる場所に置き、夏は直射日光を避けて半日陰に置きましょう。
地植えは、湿り気のある場所が適しています。北風が当たらない場所に植えると戸外でも冬越しできますよ。

ただし、乾燥には弱く、旺盛に開花している時もよく水分を吸水するので、油断せず、水切れには十分注意してください。肥料は春から秋の生長期に、緩効性化成肥料を置き肥しましょう。

4月~9月に挿し木で増やせるので、枝を5~7cmほど切って、バーミキュライトや鹿沼土などの清潔な用土に挿してみてください。やがて根を出してきます。大きく間延びしたら、花後できるだけ早く切り戻しを行います。切り戻しは夏までに済ませるのがポイントですよ。

主な病害虫

害虫:カイガラムシ
病気:特になし

ニオイバンマツリ栽培におすすめの用土、肥料、薬剤とは

初期の生育に必要な有機質肥料をブレンドした土専用培養土

プロトリーフ 果樹・花木の土 12リットル

プロトリーフ 果樹・花木の土 12リットル

保水性、排水性、通気性の良い熟成した有機肥料入りの専用培養土は、しっかりとした幹と枝を生育させ、花を咲かせてくれます。

リン酸成分多めの肥料で花つき良く育てたい

花ごころ 果樹・花木の肥料 1.8kg

花ごころ 果樹・花木の肥料 1.8kg

油粕や米ぬかなどを発酵処理した有機肥料。花つきを良くするためのリン酸成分を多く含み、元肥にも追肥にも使用できます。

カイガラムシには専用エアゾールがおすすめ

カイガラムシエアゾール 480ml  住友化学園芸

カイガラムシエアゾール 480ml 住友化学園芸

ジェット噴射で高いところまで薬剤が届く、カイガラムシ専用のエアゾールです。庭木やバラに使用でき、夏はもちろん冬の越冬成虫にも使用できる優れものです。

鉢植えでも地植えでも元気に育つニオイバンマツリ

 (8635)

熱帯生まれのニオイバンマツリは冬の寒さと水切れに気をつければ、毎年、優雅で芳しい花を咲かせてくれます。
鉢植えを地植えに植え替えても元気に育つほど丈夫なので、初心者にはぴったりの花ですね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

シシトウの栽培方法は?収穫時期など栽培スケジュールでシシトウの育て方をご紹介!

シシトウの栽培方法は?収穫時期など栽培スケジュールでシシトウの育て方をご紹介!

ししとうは、熱帯地域を原産とする夏野菜。高温に強く夏でも元気に育ちます。病害虫の被害も少なく栽培しやすいのが大きな魅力。初心者でもプランターや露地栽培で簡単に育てることができますよ。 ただし、栽培方法は同じでも環境や天候によって辛さが変わることがあります。辛いのが苦手な人は、辛みを抑えた品種を選ぶと良いかもしれません。
1,829 view
レモングラスの育て方は?肥料や用土など鉢植え・プランターでも楽しめるレモングラスの栽培方法

レモングラスの育て方は?肥料や用土など鉢植え・プランターでも楽しめるレモングラスの栽培方法

ハーブティーを味わうなら、新鮮な葉を使いたいですよね。飲むと気持ちが落ちつく、リフレッシュできるなど、いろいろな効能がうたわれるハーブティーですが、ドライ(乾燥タイプ)よりフレッシュ(生タイプ)を使うと、香りも色も格別の味わいになります。レモングラスの育て方はとても簡単! 鉢植えでも地植えでも育てられるので、気軽に植えてみませんか?
1,667 view
育苗(いくびょう)とは?育苗ポットや育苗トレーはどう使う?丈夫な苗を育てるポイントとは?

育苗(いくびょう)とは?育苗ポットや育苗トレーはどう使う?丈夫な苗を育てるポイントとは?

家庭菜園に挑戦したいと思っても、種から野菜を育てるのは、意外と難しいもの。そこで、初心者の方にもおすすめなのが、育苗をしてから野菜を育てる方法です。ここでは、初めて育苗に挑戦する方向けに、育苗に必要な道具や手順、丈夫な苗を育てるポイントをご紹介します。
6,465 view
人気のハーブ、セージの育て方は?肥料や用土・水やりなど、料理に使えるセージの栽培は苗からがおすすめ!

人気のハーブ、セージの育て方は?肥料や用土・水やりなど、料理に使えるセージの栽培は苗からがおすすめ!

ソーセージの語源は、ソーがソルト、セージがハーブのセージと言われていることをご存知ですか? セージは清涼感のある独特のさわやかな香りで肉や魚の臭みを抑え、抗菌作用も強いハーブとして、古くから肉を腸詰に加工する際に用いられてきました。
538 view
袋のまま栽培⁉鉢がなくてもそのまま植付できる便利な培養土【厳選6品】

袋のまま栽培⁉鉢がなくてもそのまま植付できる便利な培養土【厳選6品】

プランターや鉢を使用せずに植物を栽培する「袋栽培」は人気の栽培方法の一つでしたが、最近ではもっと手軽に袋栽培を楽しむことができる”袋ごと使える土”が大人気なのをご存知ですか?今回は袋栽培のメリットやデメリットと、トマトやジャガイモなど人気の野菜を手軽に栽培できる便利な土についてご紹介します。
17,240 view

この記事のキーワード