2019年6月4日 更新

かぼちゃの栽培方法とは?かぼちゃはプランターでも栽培出来る?!失敗しないかぼちゃの育て方をご紹介

かぼちゃの栽培は、家庭菜園初心者でも比較的簡単であり、病害虫にも強く手間がかからないため、育てるのに人気のある夏野菜です。プランターや自宅の庭で、気軽に栽培してみませんか。かぼちゃは栄養価が高く、自分で育てたかぼちゃを料理して食卓に並べれば、家族も喜ぶはず。

かぼちゃってどんな野菜?

夏野菜として思い浮かぶ「かぼちゃ」。病害虫に強く、手間がかからないため、また育て方も簡単なことから、家庭菜園に人気です。西洋カボチャは涼しく乾燥した気候を好みます。粉質で甘みが強いのが特徴です。一方、日本カボチャは高温多湿に耐えることができ、煮物・揚げ物向きで粘質があります。

かぼちゃは栄養価が高く、カロチン・ビタミンB群・ビタミンC・食物繊維・カリウムが豊富に含まれています。

種類

gettyimages (18950)

かぼちゃには様々な種類があります。代表的なものをご紹介します。

・そうめんかぼちゃ:茹でた果肉がそうめん状になる珍しい種類。
・えびす:黒皮が濃い緑色で、淡緑色の班が入っています。
・ダークホース:粘質が強くほっこり。中身はハート型です。
・プッチーニ:手のひらサイズ。黄橙色で粉質。独特の甘みがあります。
・雪化粧:白かぼちゃ。北海道出荷。貯蔵性がよく3ヶ月経っても美味しく食べられます。
・おばけかぼちゃ:ハロウィン用に使用されるかぼちゃでお馴染み。ジャンボかぼちゃとも呼ばれます。
・栗将軍:粉質で食味に優れており、酸化が遅く果内は黒変しにくいです。
・九重栗かぼちゃ:果実が黒緑色で粉質。甘みがあり人気の品種です。

かぼちゃの栽培時期

gettyimages (18954)

3月下旬、ポットに種まきをして育苗を行い、4月下旬に定植。収穫時期は、7~8月ごろとなります。

かぼちゃの栽培方法

かぼちゃ栽培は難易度が低いため、家庭菜園の初心者にもおすすめです。確実に人工授粉で着果させ、夏野菜の代表格かぼちゃを、完熟した状態で収穫しましょう。

プランター栽培の場合は、重さに耐えられるよう実をネットで吊るすなどの工夫が必要です。また、収穫前にはマットを敷くと良いでしょう。

種まき、苗の植え付け

gettyimages (18960)

種まきはポット(9~12cm)まき・直まきどちらも直径4~5cm、深さ約1cmの穴を掘って行います。4~5粒まき、土をかぶせて軽く押さえ、水やりを行いましょう。定植・直まきの2週間以上前までに苦土石灰を散布し、深く耕します。株間は1mほどが良いでしょう。

プランターでの栽培方法

プランター栽培であれば、ベランダでも簡単に育てることができます。プランターのサイズは、標準タイプの60cm程度以上のものがおすすめです。

大型品種のかぼちゃであれば、1株ごとに1つの植木鉢を利用すると良いでしょう。

整枝、摘心、芽かき

gettyimages (18971)

整枝は、西洋種は親づる1本と子づる1本。日本種・ペポ種は親づる(本葉5~10枚で摘心)と子づる2~4本の仕立てとして、着果前は他の子・孫づるはかき取り、込み入ったつるを摘除します。主枝の脇芽は基本的に全てかき取りますが、脇芽の生育は旺盛なため、できるだけ小さなうちに芽かきを行いましょう。

園芸支柱

gettyimages (18982)

立体栽培であれば、支柱を立てます。トンネル型のものがおすすめです。支柱にネットをかけて、伸びてきたつるを誘引します。立体栽培は風通しや日当たりが良く、病気にかかりにくいというメリットがあります。

水やり

gettyimages (18984)

かぼちゃは乾燥に強く、あまり水やりし過ぎるとうどんこ病などの病気・害虫を呼び寄せる原因となってしまうため、注意しましょう。

ただし、鉢植え・プランター栽培の場合は、水切れを起こしやすいため、土表面が乾いたら水やりを行うのがポイントです。

肥料

gettyimages (18989)

窒素肥料が多いとツルボケしやくなるため、植えつけ時には肥料は控えめにしましょう。リン酸・カリウムが多めに入った肥料がおすすめです。実が握りこぶしほどの大きさになったとき・実が2~3個成ったときに、追加して植えつけ時と同じ肥料を与えます。

受粉

gettyimages (18992)

梅雨の期間になると、花がつきはじめます。ガクの下に膨らみのあるのが雌花、ないのが雄花です。受粉をしなければ、果実は肥大しません。自然受粉も可能ですが、確実に着果させるためには、人工授粉を行います。当日開花した雄花をとり、花びらをちぎり、雄しべを剥き出しにします。雄しべ先端を雌しべにこすりつけるだけで受粉は完了です。

日が高くなると花がしぼんでくるため、人工授粉に適した時間帯としては、晴天の早朝が最適でしょう。

玉直し、敷きわら

gettyimages (18995)

かぼちゃは地面を這って成長します。実が地面に接している面は、日が当たることもなく色づかない場合も。味に変化はないのですが、色や形を整えるために玉直しを行い、裏面にも日を当て、色味をしっかり乗せるようにしましょう。動かす角度は90度までです。無理に動かすとヘタが取れてしまうため、丁寧に扱いましょう。

つるが伸びるに従い、敷きわらを広げていきます。これには、畝の乾燥防止・果実の汚れ防止などの重要な役割があります。

害虫、病気対策

gettyimages (18999)

発生しやすい病気として、うどんこ病があげられます。雨量が少なく、乾燥した天気が続くと発生しやすいと言われています。初期段階でしっかり防除することが大切です。

また、疫病は水はけの悪い畑・長雨が続くと発生します。雨での泥の跳ね上がりを防ぐため、株元にポリマルチをする・つるしたにわらを敷くなどして、果実にはマットを敷くと病気予防にもつながります。

収穫

gettyimages (19002)

西洋種は、開花後40~45日経過し、ヘタがコルク化したら収穫します。収穫後、風通しの良い場所に1週間ほど放置し乾燥させると、日持ちが良くなり美味しさが増します。

日本種は、開花後25~30日経過すると品種特有の色味になり、へたが褐色になったら収穫します。

連作障害

かぼちゃは連作障害が出にくいので、同じ場所での連作も可能です。

失敗の原因、注意点

gettyimages (19008)

かぼちゃ作りで失敗してしまったら、次の栽培のためにも何が原因かを考えたいたいですね。代表的な2つの例をご紹介します。

・雌花が咲かない:雄花ばかりの元気なツルは、ツルボケという現象です。雌花が咲かない原因は、土が肥えすぎている・肥料の与え過ぎが原因として考えられます。ツルボケ後の対処としては、株元から30cmほど離れた場所にショベルを突き立て、2ヶ所程度根を切断すると、茎葉を伸ばそうとしていた根が雌花を作るようになります。

・実が腐る:最も考えられる原因は、受粉しなかった場合です。受粉しなければ実は育ちません。腐るか落ちてしまいます。株元近くの葉が5枚以下しかない雌花はいい果実にはならないため、早めに摘む必要があります。

ミニカボチャの栽培方法

gettyimages (19011)

ミニカボチャなら、吊り栽培がおすすめです。吊り栽培なら省スペースで育てることができ、ベランダでプランター栽培をすることもできます。アーチ状に支柱を立てることにより、立体的に栽培することが可能となりますよ。

いろんな栽培方法

gettyimages (19014)

かぼちゃには品種にもよりますが、様々な栽培方法があります。住環境などに合わせた栽培方法を選ぶのがおすすめです。

・棚栽培:かぼちゃの棚栽培は可能ですが、実が重いためかなりの強度が必要となります。支柱を多く使い、風や重みに耐えられるように工夫しましょう。

・抑制栽培:かぼちゃの抑制栽培用の品種であれば可能です。ダークホース・とっておきなどがそれにあたります。

・草生栽培:敷き草にするために、草を生やしながらかぼちゃを栽培していきます。また、風対策にもなります。

食べたかぼちゃの種から育てられるの?

gettyimages (19017)

スーパー、八百屋などで売られている果物・野菜を食べた後の種は発芽するものが多いですが、輸入品であれば日本で栽培できないものも多くあります。また、せっかく発芽しても収穫まで至るのは難しいでしょう。さらにその性質は受け継がれず、結実しても美味しくはならないでしょう。

かぼちゃの栽培を楽しもう

gettyimages (19020)

かぼちゃは、土質を選ぶことなく根も良くはり、肥料を吸収する力も強いため、家庭菜園初心者でも比較的簡単にチャンレンジできます。美味しいかぼちゃの実を成らすためには、適切な生育段階での着果・健全なつるの維持がポイント。着果のためには、人工授粉が確実です。

かぼちゃはつるが伸びるため、広い面積を必要としますが、ミニカボチャなどであれば、プランターに支柱を立てて、ネットに誘引して育てることも可能です。収穫したかぼちゃは、風通しの良い場所に1週間ほど置いて乾燥させると、日持ちが良くなり、味も美味しくなりますよ。

煮物にしたり、スープにしたり、きんぴらにしたりと、かぼちゃのレシピは非常に数多く存在します。ぜひ、自分で育てて収穫したかぼちゃを、食卓に並べてみてはいかがでしょうか。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

枝豆の栽培方法とは?摘心、水やり、水耕栽培、支柱、害虫病気対策など、枝豆の育て方をご紹介!

枝豆の栽培方法とは?摘心、水やり、水耕栽培、支柱、害虫病気対策など、枝豆の育て方をご紹介!

「必ず訪れる幸福」「親睦」という花言葉を持つ枝豆。実は日本が食としての「枝豆」の発祥地であり、古き良き時代から愛されていた枝豆は、カルシウムやビタミン類・食物繊維も含むほど栄養満点で、品種も400種以上という豊富さです。そんな枝豆をご自宅で育ててみませんか?
41,896 view
唐辛子(トウガラシ)の栽培は種から?苗から?植え付け・収穫時期や水やり、肥料・用土などとうがらしの育て方

唐辛子(トウガラシ)の栽培は種から?苗から?植え付け・収穫時期や水やり、肥料・用土などとうがらしの育て方

刺激的な辛さのあるハバネロなど、辛みのある仲間を総称して唐辛子(トウガラシ)と呼ばれています。辛みのないピーマンやパプリカ、シシトウなどは甘唐辛子(sweet pepper)と呼んで区別されています。高温多湿の日本の夏にも耐える夏野菜の代表格で、ビタミン類やカプサイシンなどの栄養を含み、香辛料や野菜として活躍してくれます。初心者でも育てやすい野菜のひとつなので、庭やベランダでひと株、プランターなどで栽培してみては。
1,077 view
ピーマンの栽培はプランターで苗からがおすすめ?収穫時期や水やり、肥料・用土などピーマンの育て方

ピーマンの栽培はプランターで苗からがおすすめ?収穫時期や水やり、肥料・用土などピーマンの育て方

日本では辛みのないトウガラシの仲間を甘トウガラシ=ピーマンと呼んでいます。熱帯原産で暑さに強く、日本の夏も旺盛に生育して次々と収穫できます。日当たりと水はけのよい環境なら病害虫も少なく、初心者でもプランターなどで手軽に栽培が楽しめます。カロテンやビタミン類が多く、健康野菜としても人気のピーマン。無限ピーマンなどおいしいレシピも多いですね。5月に苗を購入して植えつければ、6月には収穫できはじめ、10月頃まで長期間収穫できます。
1,799 view
ルッコラ(ロケット)の栽培方法とは?種から育てた方が良い?失敗しない育て方をご紹介

ルッコラ(ロケット)の栽培方法とは?種から育てた方が良い?失敗しない育て方をご紹介

サラダなどレシピによく使われるルッコラ。英名ではロケットと呼ばれており、独特の香りと風味があるため、ハーブとしても扱われてきました。ルッコラは園芸初心者でも育てやすく、家庭菜園でも人気の野菜です。今回は種まきから収穫まで、ルッコラの栽培方法をご紹介いたします。
80 view
うどんこ病とは?植物の葉が白い!?うどんこ病対策におすすめの薬剤をご紹介

うどんこ病とは?植物の葉が白い!?うどんこ病対策におすすめの薬剤をご紹介

皆さんはうどんこ病をご存知ですか?うどんこ病は、植物の葉がカビにより白くなってしまう病気です。今回はそんなうどんこ病の予防方法や、もしもなってしまった際に使用するうどんこ病対策の薬剤をご紹介します。放っておくと、植物がうまく育たなくなってしまうこともあるので、ご注意を!
4,767 view

この記事のキーワード