2018年10月26日 更新

ローズマリーの育て方は?挿し木は必要?剪定時期や肥料・用土、水やりなどローズマリーを苗から栽培する方法

森林を思わせるスッキリした香りが漂うローズマリー。古代ローマ、ギリシャ時代から老化防止の薬として用いられ、今でも料理や美容、芳香剤、薬用として幅広く親しまれているハーブです。常緑なので冬でも緑の葉が茂り、庭に彩りを与えてくれる植物でもありますね。生育旺盛で丈夫なので、何度も収穫して楽しめます。庭に1株あると便利ですよ。

122 view

アロマとしてだけじゃない!ローズマリーとは?

 (6973)

ローズマリーは、シソ科の常緑低木。大きくなると2m近くにも生長することも。

葉の香りには集中力や記憶力を高める効果があることは知られていますが、強力な抗酸化成分であるロスマリン酸を含有することが発見され、近年は若返りのハーブとしても見直されています。

料理やお菓子の香りづけに使ったり、ハーブティーにしたり、枝を浴槽に入れて入浴剤の代わりにしたりして暮らしに積極的に取り入れたいですね。アンチエイジングだけでなくリラックスでき、新陳代謝も促されますよ。

 ローズマリーは花色が豊富なのも魅力のひとつ。紫、ブルー、ピンクの濃淡のほか、白花もあります。

樹形は垂直に伸び扇形に広がる木立性、横にも上にも伸びる半立性、地面をはうように伸びるほふく性にわかれます。木立性と半立性は生け垣やコンテナ栽培に、ほふく性は壁面や花壇、ハンギングバスケット、グランドカバーなどに最適。植える場所に適した品種を選んでくださいね。

ローズマリーの育て方のポイント

基本的な生育のサイクル

植えつけ期:4月~5月、9月下旬~11月中旬
開花期:11月~5月
収穫期:4月~11月
剪定:4月~10月

置き場所

日当たりと水はけの良い場所を好みます。夏や梅雨時期の高温多湿を嫌うので、風通しの良い場所で育てましょう。

水やり

土の表面が乾いて2~3日過ぎた頃にたっぷりと水を与えて。冬は乾かしぎみに管理します。

栽培のポイント

ローズマリーは春と秋に種まきで殖やすこともできますが、初心者は苗から育てる方が簡単です。

苗が約4㎝に育ち、根が十分伸びたら植えつけましょう。
水はけの良い培養土に、元肥を混ぜてから植えつけます。乾燥ぎみを好むので、風通し良く管理して。

病害虫の心配はほとんどなく手間がかかりません。
生育期間中は1カ月に1回を目安に追肥を与えます。収穫は一年中できますよ。
葉だけを摘まず、枝ごと収穫するようにしましょう。

春と秋に、剪定を兼ねて枝先を刈り込むと、その後の生長が良くなりますよ。鉢植えの場合は2年に1回程度、ひとまわり大きなサイズの鉢に植えかえましょう。

育て方のコツ「さし木」

 (6985)

数年経つと株元がだんだん木質化して見ためが悪くなるので、挿し木で新しい株を作っておくと良いですよ。

挿し木は、春と秋が適期。若い枝の先端を7㎝ほど切り取り、下半分の葉を落とし、水揚げしてから土に挿します。半日陰の場所に3週間ほど置いて根が出てきたら傷めないように鉢に移植しましょう。

主な病害虫

害虫:庭植えはカミキリムシの幼虫、鉢植えはアブラムシ                    
病気:特になし

上手にローズマリーを栽培するための用土、肥料、薬剤をご紹介

ローズマリーの用土はこれがおススメ

花ごころ ハーブ・香草の土 5L

577
※価格は変動する事がありますので、詳細は商品ページでご確認ください。
ハーブが健やかに育つにはミネラルをバランス良く含んでいる用土であることが大切。この用土は、根の生育を促す海藻成分、植物を丈夫に育てるカルシウム、葉の色を良くするマグネシウムを配合。この用土に植えれば元気に育ちます。

ローズマリーの香りを豊かにする肥料

花ごころ ハーブ・香草の肥料 400G ミント ローズマリー バジル

259
※価格は変動する事がありますので、詳細は商品ページでご確認ください。
有機質をベースにした粒状の肥料です。じんわりと長く効くので、濃い香りにする効果がありますよ。元肥として土に混ぜ込んだり、追肥として株元まわりにまいたり使い勝手がよい肥料です。

ローズマリーのアブラムシ退治に!

住友化学園芸 アーリーセーフ 100ml

713
※価格は変動する事がありますので、詳細は商品ページでご確認ください。
ヤシ油を原料に作られた乳剤タイプの殺虫殺菌剤です。ヤシ油の粘着のある成分がアブラムシやハダニなどの害虫を包み込み、窒息させて駆除します。害虫を見つけたらすぐに散布すると効果的。有機栽培にも安心して使えますよ。

料理やインテリア、アロマなどいろいろ使えるローズマリー

 (7000)

収穫後も香りを長く楽しむには、蕾の状態で枝を摘み取ることが肝心。摘んだローズマリーは束にしてリビングや玄関に吊るすと香りのブーケになります。
クリスマスの季節は、リースにしても素敵ですね。

生のローズマリーはそのままお茶として飲むのはもちろん、保存性を高めるなら葉を刻んでを塩でもみ、オリーブオイルに漬けるのもひとつの方法。肉や魚料理と一緒に調理すれば臭みが消え、風味豊かなひと皿に変わります。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

人気のハーブ、セージの育て方は?肥料や用土・水やりなど、料理に使えるセージの栽培は苗からがおすすめ!

人気のハーブ、セージの育て方は?肥料や用土・水やりなど、料理に使えるセージの栽培は苗からがおすすめ!

ソーセージの語源は、ソーがソルト、セージがハーブのセージと言われていることをご存知ですか? セージは清涼感のある独特のさわやかな香りで肉や魚の臭みを抑え、抗菌作用も強いハーブとして、古くから肉を腸詰に加工する際に用いられてきました。
96 view
レモングラスの育て方は?肥料や用土など鉢植え・プランターでも楽しめるレモングラスの栽培方法

レモングラスの育て方は?肥料や用土など鉢植え・プランターでも楽しめるレモングラスの栽培方法

ハーブティーを味わうなら、新鮮な葉を使いたいですよね。飲むと気持ちが落ちつく、リフレッシュできるなど、いろいろな効能がうたわれるハーブティーですが、ドライ(乾燥タイプ)よりフレッシュ(生タイプ)を使うと、香りも色も格別の味わいになります。レモングラスの育て方はとても簡単! 鉢植えでも地植えでも育てられるので、気軽に植えてみませんか?
136 view
バジルの育て方は?種まき・収穫時期や肥料・用土などプランターや鉢植えでできるバジルの栽培方法をご紹介

バジルの育て方は?種まき・収穫時期や肥料・用土などプランターや鉢植えでできるバジルの栽培方法をご紹介

トマトやチーズ、オリーブオイルとの相性がよく、イタリア料理に欠かせないハーブのひとつ。甘くフレッシュな葉の香りを生かしたパスタやピザ、ソースなどでおなじみですね。カロテンやミネラルなどの栄養分を豊富に含んでいるので自宅で育て、たっぷり味わいたいもの。アブラムシにさえ注意すれば、あっという間に葉が茂り、簡単に育てることができます。初めて食用のハーブを育てるならバジルが一番おススメですよ。
295 view
大根(ダイコン)の栽培方法は?種まき・収穫時期や肥料、害虫・病気など、種類豊富な大根の育て方をご紹介

大根(ダイコン)の栽培方法は?種まき・収穫時期や肥料、害虫・病気など、種類豊富な大根の育て方をご紹介

全国各地にいろいろな地方品種があり、日本人に古くから親しまれている根菜の大根。ビタミンB、C、D、Eなど、さまざまな栄養を含む健康野菜としても知られています。根だけでなく葉も食べられ、捨てるところがありません。クセがないので、自分で栽培してさまざまな料理に活用して味わいたいものですね。
140 view
リーフレタスの栽培方法は?プランターで種から栽培!収穫後すぐにサラダに使えるリーフレタスの育て方をご紹介

リーフレタスの栽培方法は?プランターで種から栽培!収穫後すぐにサラダに使えるリーフレタスの育て方をご紹介

レタスのように結球しないやわらかな葉肉が特徴のリーフレタス。サンチュやサラダ菜など多くの仲間があります。葉先がフリルのようになり、ふんわりとした食感とボリュームがあり、ビタミンCはもちろん、ビタミンEやカロテン、ミネラルなども豊富に含まれています。大きくわけて全葉がグリーンでほのかな苦みのある「グリーンリーフ」と、葉先だけ濃い紫色で苦みの少ない「サニーレタス」があります。
23 view

この記事のキーワード