2018年12月28日 更新

観葉植物で運気アップ!?運気を上げるおすすめの観葉植物と置き場所とは?

観葉植物を使った風水で、運気をアップさせてみませんか?観葉植物の風水なら置くだけで簡単、リフォームなど手間のかかることは一切ありません。今回は場所別で運気アップにお勧めの観葉植物をご紹介します。お部屋に緑を取り入れれば、気持ちも上がって運気もアップです!

観葉植物が運気アップに良い理由

 (14071)

「風水」というのは、「気」の流れを良くすることで運気をあげる環境学です。この概念は古代中国で生まれ、6世紀ごろに日本に伝わったといわれています。現代の風水は、間取りやインテリアなどちょっとした工夫でできるように解釈されています。毎日の生活に意識して取り入れることで、運気アップを目指すことができるのです。
その中でも、観葉植物を取り入れた風水はお手軽で簡単、しかも効果を実感できる方法の一つです。観葉植物には、大地・太陽・水、そして植物そのものの生命のパワーが凝縮されています。観葉植物を置くだけで、自然の持つパワーを取り入れることができるのです。自然のエネルギーを持つ観葉植物を、普段生活している空間に取り入れ、その恩恵により運気アップにつながるのです。自然との調和は良い「気」の流れを作り運気を向上させていきます。
自然のエネルギーが凝縮されている観葉植物は、どこにおいても気の流れを整え運気をアップさせてくれます。しかし、特に上げたい運気がある時には、ちょっとだけ置き場所や観葉植物の種類を意識してみましょう。次の章では運気別でおすすめの観葉植物をご紹介します。

悩み解決?!場所別オススメ観葉植物

玄関

ドラセナ

ドラセナ

玄関は運気の入り口ともいえる重要な場所です。運気の流れを整える最重要箇所といっても過言ではない玄関ですので、常に清潔で明るく保つように心がけましょう。そんな玄関にオススメなのは、魔除けや厄除けに効果があると言われている「幸福の木」とも言われる「ドラセナ」。黄色と黄緑の爽やかな色合いが、玄関の印象をパッと明るくしてくれます。植木鉢の色を、生活感のある白やパステルカラーにすればさらに運気アップです!

リビング

ベンジャミン

ベンジャミン

リビングは、家庭運全般にかかわる場所です。また、「悪い気」が滞りやすい場所でもあります。マイナスの気をため込まないためにも、整理整頓に心がけ、常にリラックスして過ごすことのできる空間を整えましょう。そんなリビングにお勧めなのは、癒し効果があると言われている「ベンジャミン」。自然のパワーが負のパワーを浄化し、居心地の良い空間としてくれるでしょう。ベンジャミンは、日光を好みますが、直射日光を当てると日焼けをしてしまうことも。レースカーテンなどでカバーしつつ、日当たりの良い場所に置くようにしましょう。

寝室

モンステラ

モンステラ

寝室は、風水において不足している「気」や失ったパワーを補充する場所です。リラックスできる寝室を作ることで、良い気を吸収することができるのです。そんな寝室にオススメなのは、恋愛運や対人関係の運に良いとされる「モンステラ」。ハート型の葉っぱが可愛らしい観葉植物です。100円均一でも売られており、お手軽に手に入れることができるのも魅力です。温かみのある鉢植えで、さらなる癒し空間を作り運気をアップさせましょう。

オフィス・仕事部屋

パキラ

パキラ

オフィスに観葉植物を置くことで、仕事運や金運アップが期待できます。中でもオススメなのは「パキラ」。成長発展のパワーが運気をアップする手助けをしてくれます。商売繁盛にも良いと言われており、見た目もオシャレで人気の高い観葉植物です。また、お手入れが簡単なことも嬉しい観葉植物になります。

風水で観葉植物を利用するうえでの注意点

 (14072)

風水で観葉植物を利用するうえで、注意点があります。鉢植えはプラスチックのものは避け、陶器など自然由来のものを使うようにしましょう。プラスチック容器だと、観葉植物は自然のパワーを発揮することがで着なくなってしまいます。もし、どうしてもプラスチック容器を使いたい場合は
陶器や自然素材のかごなどで容器をカバーしてあげましょう。
また、清潔を保つように注意を払いましょう。風水の基本は「清潔」であること。お手入れを怠らず、しっかりと管理しましょう。

そして、観葉植物の大きさは場所に見合った大きさが運気アップにベストです。「大きいほど効果が高い」というわけではないので、その場に会った大きさのものを無理なく選び、観葉植物を楽しみながら運気をアップさせましょう。

観葉植物を楽しみながらの風水で運気アップ

 (14073)

お部屋に置くだけで風水効果が期待できる観葉植物。お手軽で、しかも楽しく運気をアップにつながるのが嬉しいですね。部屋の中でも、角には「悪い気」が溜まりやすいといわれています。その場所に観葉植物を置けば、悪い気を浄化してくれてるのでお部屋がリラックスできる空間へと変わるのです。
マンションなどで柱が出っ張っている構造の場所は、風水的には疲れが溜まりやすいと言われておりあまり良くありません。しかし観葉植物を置くことで、負のエネルギーが滞ることを防いでくれます。建物の構造は容易に変えることはできませんが、観葉植物を取り入れることで、気の流れを良い方向に持っていくことができるのです。

観葉植物は、置くだけで手軽に気の流れを変えてくれる運気アップに欠かすことのできないアイテムです。最近ついてないな…と感じたら、お部屋に観葉植物を取り入れてみましょう。空間に緑の癒しがプラスされて、運気とともに気分もぐっと明るくなることでしょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

熱中症対策にレモンの簡単レシピ!レモンの木の育て方を覚えて、レモンの栄養を上手に活用!

熱中症対策にレモンの簡単レシピ!レモンの木の育て方を覚えて、レモンの栄養を上手に活用!

レモンに含まれるクエン酸には、熱中症の予防に良いとされていることはご存知でしょうか。今回はレモンに含まれる栄養素や、夏にぴったりのドリンクレシピのご紹介です。レモンの爽やかな香りは夏を感じさせてくれます。レモンで猛暑を美味しく乗り切りましょう!
755 view
底面給水とは?底面給水鉢・プランターでガーデニングをもっと便利にしよう!

底面給水とは?底面給水鉢・プランターでガーデニングをもっと便利にしよう!

底面給水という言葉をご存知でしょうか?底面から土に水をしみ込ませて、根から水分を吸い上げさせる水やり方法のことです。底面給水仕様のプランターを使えば、毎日の植物のお手入れも簡単に行えますよ。今回は底面給水の仕組みと商品をご紹介します。
9,030 view
シソ(紫蘇 しそ)の育て方とは?室内で水耕栽培?プランターで種から栽培してみませんか?

シソ(紫蘇 しそ)の育て方とは?室内で水耕栽培?プランターで種から栽培してみませんか?

シソ(紫蘇 しそ)は大葉とも呼ばれ、葉だけでなく穂ジソも料理の薬味として大活躍の植物です。 シソは初心者でも簡単に育てることができますよ。 室内なら害虫の心配もなく、手軽に家庭菜園を楽しめますね。 今回は、シソの基本情報から栽培方法をご紹介します。
32,740 view
寒さに強いデンドロビウム(デンドロビューム)の育て方!植え替えや花がら摘み、高芽処理の方法までご紹介

寒さに強いデンドロビウム(デンドロビューム)の育て方!植え替えや花がら摘み、高芽処理の方法までご紹介

色合いが美しいデンドロビウム(デンドロビューム)。洋ランの一種で、たくさん花を咲かせるため、鉢植えとしても人気があります。丈夫で育てやすく、冬も株が凍らない限り枯死することがありません。今回はデンドロビウムの代表種であるノビル系の水やりや植替え、肥料の与え方などを紹介します。
3,058 view
冬に咲く花といえばコレ!寒い冬でも育てられる冬の花18選!花言葉や育て方のポイントもご紹介

冬に咲く花といえばコレ!寒い冬でも育てられる冬の花18選!花言葉や育て方のポイントもご紹介

「冬は庭に咲く花が少なくて、お庭や花壇が寂しい…。」そんなお悩みはありませんか?実は寒さに負けず、きれいな花を咲かせる植物は意外とたくさんあるんです。そこで今回は人気のシクラメンをはじめ、これからの季節に楽しめる耐寒性の強い花の品種と育て方、初心者にもおすすめのツールをご紹介します。
1,630 view

この記事のキーワード