2019年10月15日 更新

嫌な匂いの害虫、カメムシを駆除したい。おすすめの駆除方法をご紹介。

農業害虫でもあるカメムシ。ガーデニングだけでなく、洗濯物についてしまうと悪臭をはなつ困った害虫です。ここではカメムシの対策方法について、おすすめの殺虫剤や忌避剤、あわせて悪臭の落とし方もご紹介します。大切な収穫物をカメムシから守りましょう。

カメムシによる被害

gettyimages (22988)

カメムシは種類が豊富な昆虫類で、加害する植物も多岐にわたる害虫です。
アブラナ科、ナス科、マメ科をはじめイネやサツマイモにイチゴ、タバコにまで被害が及びます。

カメムシが作物に被害を及ぼす方法は「吸汁」と呼ばれる果実などの汁を吸う行為。
針状の口を差し込むことで食害しているため、初期の段階では発見しにくくいつの間にか被害が大きくなっていることもあります。
吸汁された果実は皮と果肉がくっついてしまい、皮が剥きにくくなってしまいます。
更に、吸汁された部分は水分が失われるため固く美味しさも落ちてしまいます。
カメムシに吸汁された場所は変色してしまうため、見た目が悪くなってしまうという被害もあるのです。

カメムシは大量発生するとできたばかりの枝にも吸汁加害を及ぼします。
これによって枝が枯れて死んでしまうことも。
カメムシに吸汁された果実は腐りやすくなり落果しやすくなってしまいます。
食べると匂いがし、せっかくの作物が台無しに。
カメムシに吸汁された果実や葉は穴が空いたり変形したりし、最終的には生育不良を起こし枯れてしまうこともあるのです。

被害は農作物だけではありません。洗濯物についてしまえば、あの匂いが衣服についてしまうことも。

カメムシの発生する時期と場所

gettyimages (22989)

カメムシは1年を通して見ることができる昆虫です。
その中でも特に、冬以外の4月~10月の春~秋の時期に被害が多く見られます。
越冬したカメムシは夏の初めに産卵を行い、梅雨明けから数をふやしていくのです。

カメムシの生息地は主に林など植物が生い茂っている場所。
畑や田んぼにも多く生息しているため、そこから飛来することもあります。
また、暖かい場所を好むため雪の良く降る地域では雪を避けようとしたカメムシが住宅に入り込むという被害も。
エアコンや網戸など小さな隙間を見つけて入り込むためテープを貼るなど対策が必要です。

殺虫剤を使わない駆除方法と対策

gettyimages (23349)

せっかくの家庭菜園なのだから、オーガニックにこだわりたい!まずは殺虫剤を使わない駆除方法と対策を試してみましょう。

除草で居場所をなくす

カメムシは林や草むらなど植物が生い茂る場所を生息地とし、草木の中を移動し作物にとりつきます。
このため、庭に雑草が生えている場合そこでカメムシが繁殖してしまう可能性があります。
まずはカメムシの生息場所を奪うため除草をこまめにすることを心がけましょう。
こうすることでカメムシの数を減らすことにつながります。
刈り取った草もカメムシが潜む住みかとなってしまうので、速やかに処理するようにしましょう。特に、カメムシが産卵する5月頃に除草を徹底することがポイント。
産卵を防げばカメムシの大量発生を大幅に防ぐことが可能です。

ハーブ(ミント)で防虫

発生を防いだなら、作物にカメムシがつかないような対策が必要です。
オーガニックにこだわりたい方はミントを活用するのがおすすめ。
ミントの香りにはカメムシを忌避する効果があるといわれています。
カメムシ被害の予想される植物の近くにミントを植えれば農薬を使わずにカメムシ対策ができます。
ミントを植える余裕がない方はハッカ油を使ったミントスプレーを手作りしてみましょう。
エタノール10mlにハッカ油を10~20滴ほど溶かし、そこに水90mlを入れて良くかき混ぜたら出来上がりです。
ただし、ハッカ油はプラスチックを溶かすためスプレーボトルの素材には気を付けましょう。
作るのは面倒な場合は、ハーブ系のスプレータイプの忌避剤が市販されているのでそれを使うと良いでしょう。

ペットボトルでつくる捕獲機で駆除

直接捕獲して駆除するなら、ペットボトルで作るカメムシ捕獲機がおすすめ。
ペットボトルの口の部分をカッターで切り落とし、口部分をさかさまにして再びはめ込みテープで留めるだけ。
厚紙などを使ってカメムシをペットボトルの中に落とせばもうカメムシは自力で上がってくることはできません。
更に、カメムシは自分の臭いで死んでしまうこともあるようで、何もせずともペットボトルの中で死に至ることも。
ペットボトルなら捕獲後の処理もラクラクです。
漂白剤を薄めて入れておくと駆除効果が高まります!

おすすめの殺虫剤、忌避剤

gettyimages (23373)

カメムシに効果のある、おすすめの殺虫剤をご紹介します。

即効性・持続性のある殺虫剤

 (22978)

ベニカベジフルスプレーは幅広い植物に使うことができる殺虫剤です。
これ1本あればカメムシだけでなくアブラムシなど他の害虫も防ぐことができる優れもの!
即効性だけでなく、持続性にも優れています。
使用の際は、人や洗濯物に薬剤がかからないように風向きに気を配りましょう。
ミツバチや蚕に影響を及ぼす可能性があるため、使用する際は注意が必要です。
用法用量をチェックし、それを守って使用しましょう。

忌避効果もある殺虫剤

 (22980)

さらば虫くん GO!GO!は天然のハーブを中心とした環境に優しい殺虫剤です。
小さいお子様やペットがいる方でも安心して使用することができます。
安全性を重視したいかたにオススメの殺虫・忌避スプレーとなっています。
使い方は、直接カメムシにスプレーをするだけ。
忌避効果もあるため、カメムシを寄せ付けたくない植物にスプレーするのもOK!網戸や玄関にも使うことができるので、汎用性が高いことも嬉しいですね。

カメムシ専用の忌避剤

 (22982)

カメムシいやよはつるしておくだけの簡単に使用することができる忌避剤です。
ガーデニングはもちろん、カメムシから洗濯物も守ることができます。
特殊コーティングにより、効果も長持ち。2か月ほどの長い期間にわたって忌避効果を発揮してくれます。

匂いがついてしまったら?

gettyimages (22991)

カメムシの悪臭は水で落とすことができないため、一度ついてしまうといつまでもしつこく香り悩みの種。
なぜ水で落とすことができないのかというと、カメムシの匂い成分はトランス-2-ヘキサノールと呼ばれる親油性の物質だからです。
親油性とは、油となじみやすい性質のこと。
ラーメンのスープで油が表面に浮いていることを想像するとわかりやすいでしょう。
水と油が混ざらないように、親油性のカメムシの匂い成分は水で洗ってもちょっとやそっとじゃ落ちにくくなっているのです。
カメムシの匂いを落とすためには、この親油性の性質を逆に利用することがポイントとなります。

・オリーブオイル
手にカメムシの匂いがついてしまったという場合は、オリーブオイルなどの油を手にこすりつけ、その後石けんやハンドソープで油を落とすことでカメムシの匂いを取り除くことができます。
カメムシの匂い成分がオリーブオイルに溶かされ、石けんで洗い落とすのと同時に匂い成分も一緒に洗い流すことができるという仕組みです!

・柑橘系の洗剤
衣類にカメムシの匂いがついてしまった場合は、オリーブオイルですと油シミになる可能性があるため使うことはできません。
そんな時は柑橘系の洗剤でつけ起き洗いをするのがおすすめです。
ぬるま湯を使うことでより匂い成分が溶け出しやすくなります。
選択後は、スチームアイロンはドライヤーを使って乾かすことで匂い成分を取り除くことができます。
これは、カメムシの匂い成分が揮発性を持つ物質だからです。
熱で匂いをとばしてしまえば、スッキリと匂いをとることができるでしょう!

コツを抑えて効率的にカメムシ駆除

gettyimages (23348)

カメムシは大量発生しやすく、完全駆除が難しい害虫です。
このため、まずはお庭の雑草を定期的に処理し繁殖しにくい環境を作ることが重要です。
産卵時期である初夏の季節は特にこまめな除草を心がけましょう。
手塩にかけて育てた作物や花がカメムシの被害に合ったらがっかりですよね。
そんなことにならないよう、カメムシを発見したらすぐに対策を打ちましょう。
害虫の種類の汎用性が高い殺虫剤や忌避剤は使いやすくてオススメです。
散布範囲が広くないならスプレータイプが簡単。
お子様やペットがいる方は天然の殺虫剤を使うなど、ご家庭の環境に合わせたものを選ぶと良いでしょう。
吸汁被害だけでなく、匂いでも被害を及ぼすカメムシ、しっかりと予防・対策をしてガーデニングを楽しみましょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ヨトウムシの駆除の方法は?ヨトウムシを寄せ付けないための予防方法までご紹介!

ヨトウムシの駆除の方法は?ヨトウムシを寄せ付けないための予防方法までご紹介!

ヨトウムシの幼虫はガーデニングの天敵。ここでは殺虫剤や農薬をはじめ駆除方法をご紹介します。卵を産み付けられないようにするなど予防することも農作物を守るポイント。一度繁殖すると厄介なヨトウムシ、繁殖を未然に防ぐことも被害を防ぐうえで重要になります。
1,207 view
家庭菜園の害虫、ナメクジを駆除したい。おすすめの駆除方法と予防方法をご紹介

家庭菜園の害虫、ナメクジを駆除したい。おすすめの駆除方法と予防方法をご紹介

せっかく育てた家庭菜園の植物に被害をもたらす害虫・ナメクジ。植物を削り取るように食べてしまうため、植物にダメージを与え場合によっては植物を弱らせることも。葉に白い筋ができ、見た目も悪くなります。ここではナメクジの駆除方法やオススメの殺虫剤・忌避剤を紹介します。
86 view
うどんこ病とは?植物の葉が白い!?うどんこ病対策におすすめの薬剤をご紹介

うどんこ病とは?植物の葉が白い!?うどんこ病対策におすすめの薬剤をご紹介

皆さんはうどんこ病をご存知ですか?うどんこ病は、植物の葉がカビにより白くなってしまう病気です。今回はそんなうどんこ病の予防方法や、もしもなってしまった際に使用するうどんこ病対策の薬剤をご紹介します。放っておくと、植物がうまく育たなくなってしまうこともあるので、ご注意を!
5,618 view
もう困らない!大切な草花や野菜にヨトウムシを寄せ付けない対策法

もう困らない!大切な草花や野菜にヨトウムシを寄せ付けない対策法

ガーデニングの天敵、ヨトウムシ。手間暇かけて育てた草花や野菜を食べて枯らしてしまう厄介者に、頭を悩ませる方も多いのではないでしょうか。放っておくと、どんどん増えてしまい、被害はさらに広がります。大切なお庭を守るため、ヨトウムシの対策と予防を知っておきましょう。
4,704 view
害虫の駆除方法とは?大切な植物の天敵!ガーデニングを行う上で知っておくべき害虫12選

害虫の駆除方法とは?大切な植物の天敵!ガーデニングを行う上で知っておくべき害虫12選

虫やダニは、ガーデニングを行ううえで大切な植物にさまざまな被害を及ぼします。こうした害虫から植物を守る方法や駆除する方法、予防や対策などを知っておくと、実際に害虫が出現した際に慌てずに済みます。住友化学園芸の殺虫剤や殺菌剤などの利用を検討してみましょう。
74 view

この記事のキーワード