2017年11月27日 更新

植物をラクして育てたい人に最適!“クロレラ”配合の便利商品ご紹介!

驚異的な生命力を持つクロレラは人間の健康促進効果があることはよく知られていますが、植物の発育促進や豊かな土作りにも効果的な働きがあることをご存知でしょうか?今回はそんなクロレラの魅力やクロレラのパワーが詰まった「クロレラの恵み」シリーズについてご紹介します。

180 view

そもそもクロレラとは?

 (3146)

最近では、サプリメントなど健康食品のイメージが強いクロレラですが、そもそもクロレラが何かご存知ですか?
クロレラとは、今から約20数億年前の先カンブリア時代に、光合成を行う細菌の次に地球上に現れた生命体で最初の真核細胞を持った植物です。

クロレラは直径2~10ミクロンの球形に近い形をした淡水に棲む植物性のプランクトンで、緑藻類の一種です。クロレラの特長は、葉緑素が一般的な植物の10倍あることや、光合成の能力が他の植物と比較して数十倍とずば抜けて高いこと、また、20~24時間で4つに分裂する驚異的な繁殖力です。

さらにクロレラは栄養素も豊富で、葉緑素には成長因子であるクロレラエキスが多く含まれているほか、タンパク質や9種類の必須アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどの栄養素も含んでいます。

そして、このようなクロレラの持つ豊富な栄養素や強い生命力は他の植物を育てたり、質のよい土を作ったりする効果もあるため、現在ではクロレラ配合の培養土や肥料などが販売されています。

今回は、ガーデナーから人気の高いリッチェルから販売されている「クロレラの恵み」シリーズのおすすめ商品をご紹介します。

リッチェルから販売!「クロレラの恵み」シリーズをご紹介

クロレラの恵みを感じることができるおすすめ培養土

クロレラの恵み 花と野菜の培養土 10L

クロレラの恵み 花と野菜の培養土 10L

こちらは、高吸水性ポリマー配合なので、水やりの手間を省きながらもしっかりと土壌の水分量をキープすることができる便利な培養土です。
さらにクロレラも配合されているので、葉緑素の光合成や発根を促し、細胞分裂を促すことで茎や葉、花の発育も促進させる効果が期待できます。
それだけではなく、クロレラには土の中の有用微生物の繁殖を促しながら有害微生物の繁殖を抑制する働きがあるので、豊かな土作りにも効果的。
土にあれこれ手を加えるのが苦手という方にはかなりおすすめの培養土ですよ!

今ある土にさっと施すだけのタブレット状栄養剤

クロレラの恵み 土に埋める栄養剤

クロレラの恵み 土に埋める栄養剤

植物を健康に生き生きと育てるために必要な効能をたくさん持ったクロレラの藻体を、タブレット状にした土壌栄養剤です。
こちらのタブレットを土に入れるだけで、植物の成長に必要な放線菌を増やしながら、土壌病害の原因となりやすい糸状菌の繁殖を抑制するため、植物の栽培に最適な土壌環境を作ることができます。
ご自宅にある土を利用したい方におすすめのアイテムです!

即効性抜群の液体肥料

クロレラの恵み 花と野菜の液体肥料

クロレラの恵み 花と野菜の液体肥料

こちらは草花や球根、野菜の栄養補給に最適な速効性のある液体肥料です。
窒素、リン酸、カリの植物に必要な3要素にクロレラエキス、酵母エキス、もろみエキス、微量要素、トレハロースを加えて原料としています。
今お手持ちの土に混ぜるだけで不足しがちな栄養素をしっかり補給できるアイテムです。

保水力とクロレラのパワーをひとまとめにしたアイテム

クロレラの恵み 土の保水剤

クロレラの恵み 土の保水剤

最初にご紹介した培養土にも配合されている保水材です。
植物用に開発された高吸水性ポリマーが、土中の水分をしっかり保持し、水やりの回数を減らすことができる便利な商品。
こちらもクロレラ配合なので、保水力だけではなくクロレラの持つ植物を育てるパワーや土の状態をよくする効果も期待できます。

「植物の元気がないな」なんて時に取り入れてみては?

 (3152)

植物自体に働きかけるだけではなく、土の状態も良くしてくれるのはとても便利ですよね。
クロレラの恵みシリーズは培養土から液体肥料、栄養剤、保水材などラインナップも豊富。
ご自宅の植物の元気がない時など、是非取り入れてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

初心者必見。シクラメンの育て方とシクラメン育成に便利なガーデニング用品

初心者必見。シクラメンの育て方とシクラメン育成に便利なガーデニング用品

冬に花を咲かせるシクラメン。お庭やお部屋が寂しくなりがちな季節を彩ってくれる、可愛らしいお花です。比較的育てやすいので、ガーデニング初心者にもおすすめ。今回はシクラメンの育て方とあったら便利なアイテムをいくつかご紹介します。
7,766 view
初心者ガーデナーでも簡単に使える!売れ筋の液体肥料ランキング

初心者ガーデナーでも簡単に使える!売れ筋の液体肥料ランキング

植物へ肥料を与える場合は、与え過ぎても不足してもいけません。しかし、固形肥料はどれだけの量が溶けだしているか分かりづらい場合もあります。液体肥料なら与える量が調節できるので、初心者ガーデナーでも安心して使用できます。今回は売れ筋の液体肥料をご紹介します!
162 view
庭の植物に愛情のサプリ!売れ筋の活力剤ランキングをご紹介します

庭の植物に愛情のサプリ!売れ筋の活力剤ランキングをご紹介します

手塩にかけて育てている花や野菜、果実も、季節の移り目や気候の変化に伴って、少し元気がないように感じることはありませんか?そんなときはサプリのように植物の元気復活を助けてくれる活力剤を上手に利用してみましょう。今回は売れ筋活力剤をランキング形式でご紹介します!
81 view
シソ(紫蘇)の育て方は?収穫時期や水やり、害虫・用土・肥料など鉢植えでも楽しめるしその栽培方法

シソ(紫蘇)の育て方は?収穫時期や水やり、害虫・用土・肥料など鉢植えでも楽しめるしその栽培方法

古くから栽培され、薬用としても親しまれてきたシソは、香味野菜として身近で栽培したい野菜のひとつです。一般的な緑色の葉の青ジソと紫色の葉の赤ジソがあり、葉の表面が平らな平葉種とちりめん種があります。スーパーの店先では青ジソを大葉と呼び販売されています。春に植えつけ、育った葉を順々に収穫すれば、初夏から秋まで、和食はもちろんパスタなど、いろいろな料理に添えて楽しめます。秋、花穂が伸びて白や紫の小さな花をつけますが、この若い花穂や成熟前の果実も食用にでき、飾り付けに利用できます。
265 view
バジルの育て方は?種まき・収穫時期や肥料・用土などプランターや鉢植えでできるバジルの栽培方法をご紹介

バジルの育て方は?種まき・収穫時期や肥料・用土などプランターや鉢植えでできるバジルの栽培方法をご紹介

トマトやチーズ、オリーブオイルとの相性がよく、イタリア料理に欠かせないハーブのひとつ。甘くフレッシュな葉の香りを生かしたパスタやピザ、ソースなどでおなじみですね。カロテンやミネラルなどの栄養分を豊富に含んでいるので自宅で育て、たっぷり味わいたいもの。アブラムシにさえ注意すれば、あっという間に葉が茂り、簡単に育てることができます。初めて食用のハーブを育てるならバジルが一番おススメですよ。
296 view

この記事のキーワード