2019年1月5日 更新

肥料の種類が多くて迷っている方必見!ガーデニングで使う肥料のおすすめランキング!

美味しい野菜を育てるときや、美しい庭作りをする場合には肥料が欠かせません。しかし、どんな肥料を使えばいいか迷う方もいるでしょう。そこで今回は、さまざまなレビューをもとに「よく使われている肥料」をGarché編集部がランキングしました。初心者でも簡単に使えます。

どんな肥料を与えてる?

 (13550)

人の健康を維持するためには栄養が必要。同じように、植物にも栄養が大切です。その栄養を与えてくれるのが肥料。さまざまな商品が出ており、成分の種類や配合量、使い方にもそれぞれ特徴があるので迷ってしまいますよね。
そこで「よく使われている肥料」をランキング形式でご紹介!よく使われているのには、手軽さや効きの良さなどの理由があります。育てている植物に合った肥料をみつけてみましょう。

よく使われている肥料ランキング

10位:植物全般に使える肥料

住友化学園芸 マイガーデン 植物全般用 1.6Kg

住友化学園芸 マイガーデン 植物全般用 1.6Kg

植物全般に使える肥料です。植物を植える際に与える元肥や、栽培途中に与える追肥にも使えます。粒状なので、まきやすいのが嬉しいポイント。すぐに植物へ効いて、その後も2~3ヶ月は効果が持続します。

9位:美味しいトマトを育てる肥料

アース製薬 アースガーデン リッチトマト トマトの肥料 粒剤

アース製薬 アースガーデン リッチトマト トマトの肥料 粒剤

トマトのための肥料です。ベランダでも育てることができるトマトは、初心者でも挑戦しやすい野菜。とはいうものの、甘く、高リコピンのトマトを自分で栽培するのは難しそう…。そんなお悩みを解決してくれるのが、この肥料です。
プロの農家も使う成分が含まれているので、栄養価が高く収穫量もアップします。

8位:素敵なバラを咲かせよう!

住友化学園芸 マイローズ バラの肥料

住友化学園芸 マイローズ バラの肥料

美しいバラを丈夫に育てる肥料です。緩効性肥料として特許を取得している肥料で、元肥はもちろん追肥としても使えます。土の保水性や通気性を高め、肥料を吸収しやすくする腐植酸と、高品質の植物性有機質を配合しています。バラの種類は問わないので、いろいろなバラを育てている家庭におすすめですよ。

7位:臭わないけいふん

創和 炭化けいふん

創和 炭化けいふん

有機質100%のけいふん肥料です。カルシウムと微量要素が含まれており、元肥や追肥、寒肥に使えます。「鶏糞」と聞くとにおいが心配ですが、この肥料は炭化したけいふんなので、においが少ない商品です。ご近所に気兼ねなくまくことができますね。

6位:ゴルフ場でも使われている芝生肥料

バロネス 芝生の肥料

バロネス 芝生の肥料

芝生の肥料です。「ゴルフ場のような濃いグリーンの芝生は、一般家庭では育てられない。」なんて、思っている方に朗報です。この肥料は芝生の隙間に入りやすい細粒タイプなので、定期的にパラパラとまくだけ。犬や猫など、ペットがいる家庭でも安心して使用できます。

5位:室内でも安心して使える肥料

花ごころ IBのチカラ グリーンそだちEX 1.4kg

花ごころ IBのチカラ グリーンそだちEX 1.4kg

花や野菜、観葉植物にも使えるオールマイティーな肥料です。室内で観葉植物を育てている方は、肥料のにおいが気になる方も多いはず。そのため「肥料を控えめにしている」なんてことはありませんか?この肥料は無臭なので、においの心配がありません。
緩効性なので長く効き、コバエなどが出にくい清潔な肥料です。もちろん、室内だけでなく、庭やベランダの植物にも使えます。

4位:丈夫な芝生を育てるなら!

ハイポネックス 芝生の肥料

ハイポネックス 芝生の肥料

芝生の肥料です。早く効く成分を含んでおり、鮮やかで目の詰まった密な芝生づくりに役立ちます。そして、優れた土の改良効果が健康な根をつくりあげ、病気にかかりにくい丈夫な芝生を育てます。
使い方も簡単。芝生の目に入りやすい細粒タイプの肥料を均一にばらまき、たっぷりと水を与えるだけです。散布後のべたつきも少なく、肥料成分をバランスよく配合されているので素早く緑色が向上します。天然由来の有機質を配合した肥料なので、安心して使えますね。

3位:かわいいハート型の肥料

ハイポネックス 錠剤肥料 観葉植物用

ハイポネックス 錠剤肥料 観葉植物用

観葉植物用の肥料です。おしゃれな部屋に飾られたインテリアグリーン。きれいで丈夫に育てたいけれど、肥料は何を使えばいいの?とお悩みの方にピッタリな肥料です。薄いグリーンのハート型をしているので、土の上に置くとかわいいハートが際立ちます!
肥料としても優秀で、マグネシウムやマンガン、ホウ素がバランスよく配合されています。この肥料で、室内のグリーンは鮮やかで丈夫に育つでしょう。使い方は、土の上に置くだけ。植物に早く効く成分と、ゆっくり効く成分が安定して配合されているので、1ヶ月に1度与えればOKです。水やりのたびに、栄養を届けてくれますよ。

2位:いろんな植物に使える便利な肥料

ハイポネックス マグァンプK

ハイポネックス マグァンプK

花や野菜、球根、観葉植物、庭木などさまざまなものに使える肥料です。植え付ける際に、元肥として土に混ぜ込むだけなので簡単!水に溶ける成分と、根から出る酸や微生物などの働きで溶ける有効成分の2種類で、長い時間、効き続ける肥料です。
マグネシウムやリン酸が配合されているので、丈夫な根をつくり、花を鮮やかにして実付きをよくします。大粒・中粒・小粒の3タイプがあり、大粒と中粒は元肥として使用し、追肥が必要な場合は株元に小粒タイプをばらまきましょう。大粒は約2年間、中粒は約1年間、小粒は約2ヶ月の効果が期待できるので、植物のタイプに合わせて選んでください。プロのガーデナーでなくても、便利に使える商品です。

1位:野菜から果樹まで使える肥料

住友化学園芸 マイガーデンベジフル/700g

住友化学園芸 マイガーデンベジフル/700g

野菜やくだものの肥料です。有機質をブレンドしており、栄養分を効率よく吸収させる腐植酸入り緩効性肥料として特許を取得してる肥料。そして、この腐植酸は、土壌の保水性や通気性も高めます。土に活力を与えてくれるので、野菜やくだものがすくすく育つのです。
元肥としても追肥としても使え、肥料が直接根に触れても肥料焼けしないので安心して使えます。さらに、肥料成分が樹脂コーティングされているので、土壌の温度変化や植物の生育に合わせて溶け出す量が自然に調節されます。ナスやキュウリなどの野菜から、ミカンや柿などの果樹まで幅広く使えるので便利ですね。

肥料を賢く使うガーデナーになろう!

 (13617)

野菜や観葉植物、芝生など、育てている植物は人それぞれ。きれいな花を付けたり美味しい実がなったりと、元気に育つと嬉しさもひとしおですよね。それをサポートしてくれるのが肥料です。適切な肥料を賢く使って、植物を丈夫に育てましょう!

関連する記事 こんな記事も人気です♪

液体肥料(液肥)は使い方簡単!野菜、水耕栽培、観葉植物におすすめの液体肥料(液肥)人気ランキング

液体肥料(液肥)は使い方簡単!野菜、水耕栽培、観葉植物におすすめの液体肥料(液肥)人気ランキング

植物へ肥料を与える場合は、与え過ぎても不足してもいけません。しかし、固形肥料はどれだけの量が溶けだしているか分かりづらい場合もあります。液体肥料なら与える量が調節できるので、初心者ガーデナーでも安心して使用できます。今回は売れ筋の液体肥料をご紹介します!
4,245 view
液肥(液体肥料)とは?使い方やメリットなど、ガーデニング初心者でも簡単に使えるおすすめの液肥をご紹介

液肥(液体肥料)とは?使い方やメリットなど、ガーデニング初心者でも簡単に使えるおすすめの液肥をご紹介

ガーデニングを始めるうえで欠かせない肥料。草花や野菜の育成を促し、実を肥やす大切な栄養分です。中でも液肥(液体肥料)は私達にとっての栄養ドリンクのような存在。今回はそんな液肥について、成分や使い方、おすすめの商品などを紹介するので、ぜひ参考にしてください。
19,895 view
ルッコラ(ロケット)の栽培方法とは?種から育てた方が良い?失敗しない育て方をご紹介

ルッコラ(ロケット)の栽培方法とは?種から育てた方が良い?失敗しない育て方をご紹介

サラダなどレシピによく使われるルッコラ。英名ではロケットと呼ばれており、独特の香りと風味があるため、ハーブとしても扱われてきました。ルッコラは園芸初心者でも育てやすく、家庭菜園でも人気の野菜です。今回は種まきから収穫まで、ルッコラの栽培方法をご紹介いたします。
229 view
秋植え野菜10選!おすすめの秋植え野菜を家庭菜園で栽培してみませんか?

秋植え野菜10選!おすすめの秋植え野菜を家庭菜園で栽培してみませんか?

秋に植える野菜は病害虫が少ないため、初心者にもおすすめです。 また、プランター栽培できるので、室内やベランダでも家庭菜園が楽しめます。 そこで今回は秋植え野菜の特徴や育て方のポイントをまとめました。 たくさん収穫して、美味しくいただきましょう。
2,215 view
ワケギ(分葱)・アサツキ(浅葱)の育て方、増やし方とは?初心者でもできる簡単な栽培方法をご紹介

ワケギ(分葱)・アサツキ(浅葱)の育て方、増やし方とは?初心者でもできる簡単な栽培方法をご紹介

料理の薬味やトッピングに重宝するワケギ(分葱)とアサツキ(浅葱)。 プランターや鉢で簡単に育てられるため、ベランダ栽培でも人気の高いネギ科の野菜です。 一度植えると、長い間収穫できるので初心者の方にもおすすめですよ。 今回はそんなワケギとアサツキの栽培のポイントをご紹介します。
359 view

この記事のキーワード