2018年9月7日 更新

秋植えジャガイモの天敵!アブラムシを撃退できるおすすめの薬剤

春のイメージが強いジャガイモですが、秋に植えて冬前に収穫することもできます。家庭菜園やベランダ菜園で、最近人気のある野菜です。ただ植物を育てる上で避けられないのが、アブラムシなどの害虫との戦いです。今回は、ジャガイモ栽培に安心の害虫駆除や発生予防におすすめな薬剤をご紹介します。

523 view

アブラムシは発生する?秋植えのジャガイモとは

 (101)

ジャガイモは春の作物というイメージが強いですが、9月ごろ植えて11~12月ごろ収穫する、という方法もあります。「秋植えのジャガイモ」や「秋ジャガイモ」とよびます。

春に収穫するジャガイモよりもでんぷんが多く、蒸すとホクホク感が強くなるのが特徴で、寒い時期に収穫するので長期保存することが可能です。
ジャガイモは比較的栽培が簡単なので、家庭菜園初心者の方にもおすすすめできる野菜です。

ただ、ジャガイモを育てるにあたって、気を付けなければならないポイントがあります。
それが「害虫」です。
ガーデニングに虫はつきものですが、草花だけでなく野菜にも発生します。ジャガイモには、とくにアブラムシが発生しやすく、それは秋から冬にかけても例外ではありません。
アブラムシのような害虫たちの脅威から守りながら育てる必要があります。

アブラムシだけじゃない!ジャガイモに発生しやすい害虫

 (108)

お庭にはたくさんの虫がいますが、その中には植物に良い効果をもたらしてくれる「益虫」と、逆に悪い効果をもたらす「害虫」がいます。

ジャガイモにつきやすい害虫をいくつかご紹介します。

アブラムシ

まずは害虫の代表ともいえるアブラムシです。
アブラムシはジャガイモだけでなく、さまざまな植物に群生する害虫の代表のような存在です。
葉や茎から植物の汁を吸い、弱らせるだけでなく枯らせてしまうこともあります。

体長は数ミリしかないのですが、集団で発生するので大きな被害がでることもしばしば。
数が少なければ、ガムテープに貼りつけて駆除する方法もありますが、数が多いと殺虫剤や農薬が必要です。

テントウムシダマシ

テントウムシはアブラムシを食べてくれる益虫ですが、テントウムシダマシはテントウムシに似た害虫です。幼虫が葉を、成虫は果実を食い荒らしてしまいます。
テントウムシダマシは別名ニジュウヤホシテントウとも呼ばれ、テントウムシは7つの斑点があるのに対し、テントウムシダマシは28もの斑点があるので、区別はつきやすいでしょう。

4月~10月ごろ活発に活動するため、秋植えのジャガイモは狙われやすいといえます。

ヨトウムシ

ヨトウムシはヨトウガという蛾の幼虫です。
夜活動し葉や果実を食べてしまうことから、「夜盗虫」という名がつけられたそうです。
ヨトウガは1回で1,000以上の卵を産むため大量発生しやすく、1匹1匹手作業で駆除するのは難しいので、発生してしまった場合は農薬の助けが必要です。

アブラムシ駆除に効果的な薬剤

即効性に期待!

住友化学園芸 ベニカベジフルスプレー 420ml

住友化学園芸 ベニカベジフルスプレー 420ml

住友化学園芸が販売している、野菜と果樹の害虫駆除に効果的な「ベニカベジフルスプレー」。

即効性があるので、害虫が発生したらすぐに対処ができます。
持続性もあり、アブラムシでしたら1か月は効果が持続します。
葉の表面だけでなく、葉の中や裏まで薬剤が浸透してくれるので、目視で見つけられなかった害虫にも効果が期待できますね。

花も野菜もこれ1つ!

カダン 花と野菜のやさしい殺虫・殺菌 ハンドスプレー ...

カダン 花と野菜のやさしい殺虫・殺菌 ハンドスプレー セーフ 450ml

花と野菜の害虫駆除に効果的な、「花と野菜のやさしい殺虫・殺菌 ハンドスプレー セーフ」。
虫退治でおなじみ、フマキラーの製品です。

害虫だけでなく、うどんこ病や灰色かび病などの植物の病気にも効果を発揮してくれる優れもの。
嫌なにおいがしないのも特徴です。

広範囲に効果を発揮!

住友化学園芸 家庭園芸用GFオルトラン粒剤 200g

住友化学園芸 家庭園芸用GFオルトラン粒剤 200g

こちらも住友化学園芸の製品、「GFオルトラン粒剤」。
肥料のように、株元や植穴にまいて使用するタイプの農薬です。

広範囲に効果を発揮するので、広めの畑で作物を育てている方におすすめ。
駆除だけでなく予防の効果もあるので、虫が湧く前の段階で使用すれば、収穫まで害虫を一切見ないで過ごせるかもしれませんね。

薬剤を上手く使用してたくさん収穫しよう

 (103)

家庭菜園最大の敵は、害虫と言っても過言ではないかもしれません。
農薬散布に抵抗がある方も多いかもしれませんが、せっかく育てた作物を虫に食い荒らされて全滅させるよりは、安心できるメーカーの薬剤を正しく使用して守ってあげた方が良いと思いませんか?

ご紹介した薬剤は、全て国内有名メーカーの製品です。
参考にしてみてくださいね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

植物の葉が白い!?それって「うどんこ病」かも!うどんこ病の原因と対策におすすめの薬剤をご紹介

植物の葉が白い!?それって「うどんこ病」かも!うどんこ病の原因と対策におすすめの薬剤をご紹介

皆さんは「うどんこ病」をご存知ですか?うどんこ病は、植物の葉がカビにより白くなってしまう病気です。今回はそんなうどんこ病の予防方法や、もしもなってしまった際に使用する薬剤をご紹介します。放っておくと、植物がうまく育たなくなってしまうこともあるので、ご注意を!
1,856 view
気になる害虫・病気に効く!人にやさしい植物のための”安心”薬剤特集!

気になる害虫・病気に効く!人にやさしい植物のための”安心”薬剤特集!

植物の病気や害虫などに効く薬剤は、なるべく使わないように事前に対策するのがベストですが、害虫がついたり病気になったりした時はやはり必要になります。そこで今回は、薬剤の選び方とおすすめの”人にやさしい”薬剤をご紹介します。是非、薬剤選びの参考にしてくださいね!
176 view
人参(ニンジン)の栽培工程と必要な時期とは?人参(ニンジン)の栽培方法とお手軽レシピをご紹介!

人参(ニンジン)の栽培工程と必要な時期とは?人参(ニンジン)の栽培方法とお手軽レシピをご紹介!

ニンジンは、カロテンやビタミンCなど、多くの栄養素が摂れることで知られています。日々の料理に取り入れれば、栄養が摂れるだけでなく見た目にも鮮やかになるでしょう。今回は、ニンジンの栽培方法と注意点、ニンジンを使って簡単にできるレシピをご紹介します。
48 view
大根(ダイコン)の栽培方法は?種まき・収穫時期や肥料、害虫・病気など、種類豊富な大根の育て方をご紹介

大根(ダイコン)の栽培方法は?種まき・収穫時期や肥料、害虫・病気など、種類豊富な大根の育て方をご紹介

全国各地にいろいろな地方品種があり、日本人に古くから親しまれている根菜の大根。ビタミンB、C、D、Eなど、さまざまな栄養を含む健康野菜としても知られています。根だけでなく葉も食べられ、捨てるところがありません。クセがないので、自分で栽培してさまざまな料理に活用して味わいたいものですね。
279 view
もう困らない!大切な草花や野菜にヨトウムシを寄せ付けない対策法

もう困らない!大切な草花や野菜にヨトウムシを寄せ付けない対策法

ガーデニングの天敵、ヨトウムシ。手間暇かけて育てた草花や野菜を食べて枯らしてしまう厄介者に、頭を悩ませる方も多いのではないでしょうか。放っておくと、どんどん増えてしまい、被害はさらに広がります。大切なお庭を守るため、ヨトウムシの対策と予防を知っておきましょう。
901 view

この記事のキーワード