2020年8月23日 更新

弱った観葉植物がみるみる元気を取り戻す!おすすめの肥料・活力剤(植物活性剤)特集

観葉植物をずっと同じ鉢に植えっぱなしにしておくと土の栄養が減って、だんだんと弱ってしまうことがあります。そんな時には、植物の活力剤となる肥料を与えて栄養補給してあげましょう!土に撒くタイプや液体肥料など様々な種類があるので用途に合わせて選んでください。今回はハイポネックスを中心としたおすすめの商品をご紹介します。

元気のなくなった観葉植物を生き返らせる方法

 (4139)

観葉植物が弱ってしまう原因は何でしょうか?
日当たりや置き場所など環境による問題や、
水やりのしすぎで根が腐ってしまうなど育て方の問題も考えられます。

それらは適切な処置が必要ですし、場合によっては残念ながら再び元気を取り戻すことが困難なこともあるかもしれません。

しかし、元気がなくなってしまった原因が単純に栄養不足からきている場合は、
適切に肥料を与えて栄養補給することですっかり元気を取り戻してくれることもあります。
長年、観葉植物を植えっぱなしで放置していると土が栄養不足となり、
十分に養分を吸収できずに弱ってしまうのです。

そんな元気を失った観葉植物の救世主となる商品をご紹介します。

肥料の成分について

gettyimages (24598)

肥料の3要素と言われている「チッ素」「リン酸」「カリ」をご存じでしょうか。

チッ素…葉や茎の生長に必要な成分。不足すると葉の色が悪くなったり落葉したりします。

リン酸…花や実のつきを良くする成分。不足すると実のつきが悪くなります。

カリ…根を丈夫に育てる成分。耐寒性を高める効果もあります。

観葉植物にはチッ素を少しだけ多く含んだ肥料が良いでしょう。
ただ、バランスよく3要素の栄養補給をすることが大切なので、成分をよく確認して肥料を選んでみてくださいね。

観葉植物に使える肥料のご紹介

 (4140)

観葉植物用の肥料には、土に撒いて使う固定のものと液体肥料の2タイプがあります。
どちらも土に撒くだけ、土や葉にそのまま使用するだけと使い方は簡単です。
それではそれぞれの種類別に肥料をご紹介します。

【固形肥料】置くだけ簡単!効果が持続する錠剤肥料

ハイポネックス 観葉植物用 錠剤肥料 70錠

ハイポネックス 観葉植物用 錠剤肥料 70錠

こちらは錠剤状の観葉植物向け肥料で、土の上に置くだけで使用することが出来る商品です。
鉢植えが多い観葉植物には、このような置くだけタイプの肥料が便利でよく使われます。
インテリアグリーンなどの小さな鉢にも使いやすいように、1錠当たりが小さめなのが嬉しいポイントです。
即効性のある成分と緩やかな効果が出る成分の両方を配合しているので、安定した効果が持続します。

【固形肥料】撒くだけで土が蘇る!安心安全な植物有機肥料

自然応用科学 観葉植物がまくだけで甦る 1.2L (19631)

観葉植物が植わっている土の表面に撒くだけで、
水通りと空気の通りを良くし、悪くなった土を再生させてくれる肥料です。
撒くだけなので植え替える手間が要らずラクに観葉植物を蘇生させることができます。
樹皮などの植物有機が原料なので、臭いが少なく室内でも使用することができます。
また、配合成分の活性炭がさらに匂いを和らげてくれるので安心してお使いいただけます。

【液体肥料】希釈不要!初心者でも安心なお手軽アイテム

キュート 観葉植物用 150ml

キュート 観葉植物用 150ml

窒素の割合が高く、観葉植物に適した肥料です。
薄めずにそのまま使えるので、手間も要らず手を汚す心配も少なく安心です。
手軽に活力剤として使用できるので初心者にもお勧めの商品です。

【液体肥料】即効性あり!観葉植物の活力剤として

ハイポネックス 観葉植物の肥料アンプル 35ml×10本

ハイポネックス 観葉植物の肥料アンプル 35ml×10本

観葉植物の生育に必要不可欠なチッソ、リンサン、カリ、鉄がバランス良く配合されているので、
多種多様な観葉植物に使うことができます。
弱った観葉植物の活力剤として、丈夫な株に育ててくれます。
液体タイプなので、根から素早く吸収され、即効性が期待できます。

【液体肥料】葉にシュシュと吹きかけるスプレータイプの便利商品

ハイポネックスジャパン 速効スプレー液 500ml

ハイポネックスジャパン 速効スプレー液 500ml

観葉植物の葉に直接吹きかけるスプレータイプの液体肥料です。
その名の通り、素早い効き目が期待できる非常に即効性のある活力剤になります。
葉水の様にシュシュッと吹きかけるだけなので失敗知らずで手間もかかりません。

あなたの観葉植物に合った肥料を適切に使って

 (4141)

肥料と一口に言っても、種類によって効果が期待できるタイミングが異なってきます。
即効性を重視するのであれば液体タイプが良いですし、効果の持続性を重視するのであれば土そのものを再生してくれる錠剤タイプの肥料が良いと思います。
あなたの望む効果が得られる最適な肥料を使って、元気な観葉植物を育ててくださいね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

液肥(液体肥料)とは?使い方や与え方とは?おすすめの液体肥料をご紹介

液肥(液体肥料)とは?使い方や与え方とは?おすすめの液体肥料をご紹介

ガーデニングを始めるうえで欠かせない肥料。草花や野菜の育成を促し、実を肥やす大切な栄養分です。中でも液肥(液体肥料)は私達にとっての栄養ドリンクのような存在。今回はそんな液肥について、成分や使い方、ハイポネックスなどおすすめの商品などを紹介するので、ぜひ参考にしてください。
79,408 view
液体肥料(液肥)は使い方簡単!野菜、水耕栽培、観葉植物におすすめの液体肥料(液肥)人気ランキング

液体肥料(液肥)は使い方簡単!野菜、水耕栽培、観葉植物におすすめの液体肥料(液肥)人気ランキング

植物へ肥料を与える場合は、与え過ぎても不足してもいけません。しかし、固形肥料はどれだけの量が溶けだしているか分かりづらい場合もあります。液体肥料なら与える量が調節できるので、初心者ガーデナーでも安心して使用できます。今回は売れ筋の液体肥料をご紹介します!
11,698 view
アンスリウムの育て方とは?きれいな花を咲かせるためのポイントをご紹介

アンスリウムの育て方とは?きれいな花を咲かせるためのポイントをご紹介

アンスリウムはサトイモ科の観葉植物です。実は、ハート型がかわいらしい赤色の部分は花ではありません。仏炎苞と呼ばれ葉が変形したもので、肉穂花序を包むように位置しています。ここでは室内での管理方法や置き場所、水やりや葉水など元気に育てるポイントをご紹介します。
1,307 view
コーヒーの木(コーヒーノキ)の育て方は?日々のお手入れから病害虫の対策まで

コーヒーの木(コーヒーノキ)の育て方は?日々のお手入れから病害虫の対策まで

コーヒーの木は耐陰性で丈夫なため、室内でも育てることが可能です。ただし、直射日光を浴びると葉焼けしてしまうので、日光のあたる場所は避け、時々葉水を行う必要もあります。今回はコーヒーの木に必要な土や培養土、肥料の選び方から適度な温度調整まで育て方をまとめました。
1,912 view
アジアンタムの育て方とは?日ごろのお手入れから増やし方まで詳しくご紹介

アジアンタムの育て方とは?日ごろのお手入れから増やし方まで詳しくご紹介

アジアンタムは、シダ植物であり花や実をつけないという特徴を持つ観葉植物です。育て方は、乾燥するとチリチリになる為こまめに葉水を行い、年間を通し室内の直射日光の当たらない場所で管理します。肥料はあまり必要とせず、株分けで増やすことができ、様々な品種があります。
2,285 view

この記事のキーワード