2019年10月18日 更新

庭の植物・花に効果のある活力剤(植物活性剤)を使おう!おすすめの活力剤ランキングをご紹介

手塩にかけて育てている花や野菜、果実も、季節の移り目や気候の変化に伴って、少し元気がないように感じることはありませんか?そんなときはサプリのように植物の元気復活を助けてくれる活力剤を上手に利用してみましょう。今回は売れ筋活力剤をランキング形式でご紹介します!

そもそも、活力剤とは?

 (13469)

ガーデニングやフラワーアレンジメントなどをこれから始めようと思っている方の中には、「花がイキイキ育つために、活力剤は何を選んだらいいのかな」「切花を長持ちさせるためにはどうしたらいい?」と考えている方も多いことでしょう。
よく、肥料と活力剤を混同してしまうことがありますが、前者は植物のメインとなる栄養源、そして後者はいわば“サプリメント”という違いがあります。
活力剤は、植え替え時に少し元気がダウンしてしまったときや、野菜や果物をより美味しくしたいと考えているとき、あるいは部屋に飾る切花のもちをアップさせたいときなどに頼もしい存在と言えます。

売れ筋の活力剤、人気ランキングはこちら!

10位 苗の植え付け時におすすめ

バイオゴールド バイタル活性液

バイオゴールド バイタル活性液

発酵鶏糞エキス、木炭、バーミキュライト、植物性エキスなどを配合した、薄めて散布または浸して使用するタイプ。
基礎代謝が上って根の活動が活発になるため、肥料の栄養分を効率よく吸収でき、樹木の元気復活を助けます。
また、光合成が促進されるので、野菜などの糖度もアップ。
くり返し散布することで葉のツヤも増して肉厚になり、外的ストレス耐性向上も期待できます。
苗の植え付け時におすすめです。

9位 ばらを育てている方におすすめ

住友化学園芸 マイローズばらの活力剤

住友化学園芸 マイローズばらの活力剤

鉄、カルシウム、マグネシウムをはじめ、豊富なミネラル、アミノ酸、ビタミン、天然由来バイタルエッセンス(植物活力成分)配合。
天然有機入りなので土壌中の有用微生物の活性化や、菌類バランスを整えることによる地力増進が期待できます。
また、光合成を盛んにするため丈夫なばらが育ちます。
株元や葉面に散布に散布して使用しましょう。

8位 切花が長持ちする、精糖会社ならではの栄養剤

フジ日本精糖 キープ・フラワー

フジ日本精糖 キープ・フラワー

花屋さんで花を購入したとき、よく添えられているのがこちら。
「これ、私ももらったことある」という方も多いでしょう。
精糖会社ならではの豊富なノウハウで、切花の栄養分となる糖分をもっとも吸収しやすく開発された切花専用栄養剤「キープ・フラワー」は、全国の生花店で用いられている人気商品。
水の腐敗防止力を高めるため面倒な水換えも不要、つぼみを含め花がイキイキと咲くのを助けてくれるでしょう。
ご家庭などで切花をよく飾るという方におすすめです。

7位 切花の“しおれ”の原因を抑制

レインボー薬品 切り花延命剤

レインボー薬品 切り花延命剤

こちらも切花用の延命剤です。
バクテリアやカビといった、切り花のしおれの原因となる物質の発生を抑制し、水質を保ちます。
主成分は、多糖類、防腐剤、pH調整剤、精製水で、便利な計量カップ付きです。なお、金属製の花器は腐食してしまう恐れがあるため、使用には注意が必要です。

6位 あらゆる植物に対応、そのまま使えるお手軽スタイル

アイリスオーヤマ 活力剤 アミノパワフル活力剤

アイリスオーヤマ 活力剤 アミノパワフル活力剤

こちらは、容器の先端を切り取り植物の根元近くに直接差して使うタイプです。
根の張りや発根を促進するアミノ酸をはじめ、チッソ、リン酸、カリウム、マグネシウム、銅、鉄、モリブデン、亜鉛などで構成されており、植え替え時や開花期の前後、少し元気がなくなってきたときなどに特に効果的です。
また、日照不足のときや、耐寒・耐暑性を高めたいときにも使ってみてはいかがでしょうか。
全植物対応、という点も便利ですね。

5位 食品鮮度保持にも使われる成分、トレハロース

住友化学園芸 花工場切花ロングライフ液

住友化学園芸 花工場切花ロングライフ液

トレハロースを配合した、切花用ロングライフ液。
トレハロースは食品鮮度保持などにも用いられる、天然の食品成分なので安心。
切花の開花に必要な養分補給におすすめです。
水の腐敗を防ぐため、切花を美しいまま長く楽しめますよね。
また、水が減ってきても液の継ぎ足しは不要。
水を加えるだけという手軽さも嬉しいところです。

4位 たい肥の発酵や犬猫対策にも

中島商事 トヨチュー 熟成木酢原液

中島商事 トヨチュー 熟成木酢原液

備長炭を焼く際に採取した木酢で作られた原液は、土壌改良や植物の活性に力を発揮し、良質なたい肥作りの発酵促進にも活用できます。
また、虫や犬猫が嫌う忌避剤としての効果もあるため、大切な花壇や畑を守る1本としてもありがたいですね。
希釈したものを葉面や土壌に噴霧して使いましょう。
なお、天然成分のため、かすかな変色や沈殿物が見られることもありますが、変質ではないのでご安心を。

3位 野菜のカルシウム欠乏症を補うならこれ!

ハイポネックス リキダス

ハイポネックス リキダス

せっかく大事に育てて収穫を楽しみにしていたトマトが“尻腐れ症”になってしまい、ガッカリ…という経験はありませんか?
この原因として、カルシウム欠乏症が挙げられます。
リキダスはカルシウムを始めとする各種ミネラル配合。必須微量ミネラルを植物にバランスよく供給するため、美味しい野菜作りに使用してみてはいかがでしょうか。
野菜の他、観葉植物、バラ、鉢花、ラン、サボテン、盆栽など幅広く使えます。

2位 鉄分を効率よく吸収し、弱った植物をパワーアップ

植物活力素 メネデール

植物活力素 メネデール

植物の成長に欠かせない鉄分をイオン化して、吸収率をアップさせる活力剤です。
化学合成成分は一切使わず、環境にも優しい配慮がされている点もよいですね。
また、植物の切り口や傷ついた部分を保護し、新しい根の発生を促しますので、植え替え時に弱ってしまった植物のパワーアップにもおすすめです。
他にも、さし木をしたとき、あるいは種まき、植え付けなど、あらゆる場面で活躍する一品です。

1位 有機栽培や減農薬栽培に適した、天然成分エキスの活力剤

フローラ 植物活力剤 HB-101 原液

フローラ 植物活力剤 HB-101 原液

杉・桧・松・オオバコから抽出したエキスを成分とする活力剤です。
天然成分のため、すべての植物栽培に使えて安全なのも嬉しいところ。
有機栽培や減農薬栽培をしている方にピッタリですね。
また、植物に水やイオンを供給するのはもちろん、土壌の微生物に酸素を供給して活性化を促すため、植物の生育により適した土づくりにもつながります。
希釈してから根や葉に使うタイプです。

植物の状態や環境によって、活力剤は必要なものを正しく使いましょう

 (13532)

以上、ガーデニング愛好家や菜園を手掛けている方々の中で人気の高い活力剤をランキング形式でご紹介しました。
植物の種類や状態、生育環境などによって必要とする栄養素は微妙に違ってくるため、「花の元気がないときは、とりあえずどれでもいいから活力剤!」と短絡的に考えず、成分などをきちんと見極めて最適なものを選ぶようにしたいものですよね。
また、葉に散布するのか、根元に注入するのか、あるいは希釈して使用する場合も倍数を正確に計るなど、用法・用量を守ることも忘れてはいけないポイント。
手間暇かけて大切に育てれば、花や果実はきっとそれに答えて豊かに育ってくれることでしょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

肥料や活力剤のアンプルとは?植物が元気のないときに使うアンプルにはどんなものがあるの?

肥料や活力剤のアンプルとは?植物が元気のないときに使うアンプルにはどんなものがあるの?

今回は植物が元気のないときなどに使用される活力剤「アンプル」についてご紹介します。それぞれの植物に合ったものをたくさん紹介していますので、最近育てている植物の元気があまりないと気になっている方は是非こちらのページをチェックしてみてはいかがでしょうか。
2,654 view
肥料の種類が多くて迷っている方必見!ガーデニングで使う肥料のおすすめランキング!

肥料の種類が多くて迷っている方必見!ガーデニングで使う肥料のおすすめランキング!

美味しい野菜を育てるときや、美しい庭作りをする場合には肥料が欠かせません。しかし、どんな肥料を使えばいいか迷う方もいるでしょう。そこで今回は、さまざまなレビューをもとに「よく使われている肥料」をGarché編集部がランキングしました。初心者でも簡単に使えます。
4,086 view
液体肥料(液肥)は使い方簡単!野菜、水耕栽培、観葉植物におすすめの液体肥料(液肥)人気ランキング

液体肥料(液肥)は使い方簡単!野菜、水耕栽培、観葉植物におすすめの液体肥料(液肥)人気ランキング

植物へ肥料を与える場合は、与え過ぎても不足してもいけません。しかし、固形肥料はどれだけの量が溶けだしているか分かりづらい場合もあります。液体肥料なら与える量が調節できるので、初心者ガーデナーでも安心して使用できます。今回は売れ筋の液体肥料をご紹介します!
4,963 view
オリーブの剪定とは?樹形を整えるだけじゃない!病害虫から守り、木を育てるための剪定方法とは?

オリーブの剪定とは?樹形を整えるだけじゃない!病害虫から守り、木を育てるための剪定方法とは?

「オリーブの木が大きくなってきたけど、どう剪定すれば良いか分からない」「オリーブが枯れてきたので剪定したい」そんな悩みをお持ちの方、必見です。オリーブの剪定方法や剪定時期などについて、詳しく解説します。剪定をマスターすれば、ガーデニング初心者でも安心です。
2,899 view
液肥(液体肥料)とは?使い方やメリットなど、ガーデニング初心者でも簡単に使えるおすすめの液肥をご紹介

液肥(液体肥料)とは?使い方やメリットなど、ガーデニング初心者でも簡単に使えるおすすめの液肥をご紹介

ガーデニングを始めるうえで欠かせない肥料。草花や野菜の育成を促し、実を肥やす大切な栄養分です。中でも液肥(液体肥料)は私達にとっての栄養ドリンクのような存在。今回はそんな液肥について、成分や使い方、おすすめの商品などを紹介するので、ぜひ参考にしてください。
26,144 view

この記事のキーワード