2019年8月17日 更新

多肉植物の育て方とは?水やりと肥料のポイントを正しく理解しよう!

ぷっくりと独特のフォルムが可愛らしい多肉植物。ほかの植物や雑貨と並べたり、幾つもの種類と寄せ植えにしたりといろいろ楽しめます。そんな魅力的な多肉植物ですが、正しい育て方を知っていますか?肥料や水やりなど手入れのポイントをこの機会にチェックしておきましょう。

知っておきたい多肉植物の特性とは

 (4983)

多肉植物は、多くの種類がアフリカやメキシコなどの乾燥する地域を原産としています。
そのため、体の一部に水を溜めこんでおけるので、水をあまり必要とせず初心者にも育てやすい植物です。
多肉植物は生長する時期によって3タイプに分かれます。
「夏型」は暑い季節に一番生長し、日光を好みます。冬になると冬眠するので水やりはほどほどに。
「冬型」は寒さに強く、厚さには弱いのが特徴です。夏は気温に注意し、日陰や風通しのよい部屋に置きます。
「春秋型」は夏と冬に冬眠し、3~5月、9~11月頃に元気に育ちます。

多肉植物の水やりはどのくらい?

多肉植物は乾燥に強い植物なので、逆に水分が多すぎるのは苦手です。
よって水やりのタイミングを見極めてあげなければなりません。

多肉植物は水やりの頻度が少なく、土が完全に乾いてから水をたっぷり与えるのが基本です。
土の表面が乾いて7~10日ぐらいに葉がしおれはじめたころに水やりしても大丈夫です。
多少忘れてしまった頃に水やりするようにしましょう。
その場合は、葉っぱに水がからないように注意してください。

多肉植物に肥料を与えるポイント

 (4985)

肥料を与えるタイミングとコツ

多肉植物に肥料を与えるべきなのか迷う方も多いのではないでしょうか。
元々は乾燥地帯が原産で、砂漠などの過酷な土地で育成しているため、多少栄養分が少なくても育ちます。

ただし、場合によっては肥料が必要です。
肥料は多肉植物の生長を助けるため、元気がないときに与えると必要な栄養分を吸収して、元気を取り戻します。

また、大きく育てたい、または見た目を美しくしたい場合にも肥料を与えてみてください。
肥料の量が多すぎると根腐れを起こしてしまうかもしれないので注意しましょう。
多肉植物がしなびてきたら、肥料負けしている可能性があります。
もし根が黒く変色しているようなら、その部分を切り取ってから植え替えしてください。

肥料の種類について

多肉植物に限らず園芸用の肥料にはいろいろな種類があります。
動物性有機物が原料の「有機肥料」やペレット状の「固形肥料」、液体状の「液肥」などが主で、タイミングや植物の状態に合わせて使い分けることが大切です。
基本は植え替え時に有機肥料や固形肥料を少量、生長時には液肥を2~3回に分けて与えましょう。

多肉植物を元気に育てるおすすめの肥料

ハイポネックスの多肉植物にもサボテンにもそのまま使えるハンディタイプ

ハイポネックスジャパン キュート サボテン・多肉植物用...

ハイポネックスジャパン キュート サボテン・多肉植物用 150ml

ハイポネックスの多肉植物とサボテン専用の肥料です。
希釈せずにそのまま根元に差し込んで使えるので、手が汚れずお手入も簡単。

多肉植物とサボテンの花つきをよくし、鮮やかな色合いに育てます。
元気がちょっとないなと思った時に与えてみてはいかがでしょうか。

多肉植物にハリとツヤを与えて美しく育成する

花ごころ 多肉&エアプランツの活力 ハリ・ツヤ・うるお...

花ごころ 多肉&エアプランツの活力 ハリ・ツヤ・うるおい液 300ml

こちらは手軽さがうれしいスプレータイプ。
必須ミネラルが主成分で、栄養分豊富な活力液が植物を乾燥から守りつつ、元気を与えてくれます。
環境改善成分によって葉のツヤを出し、健康に育てる効果も期待できそう。

観葉植物のほか、エアプランツにも使えるのもうれしいポイントですね。

多肉植物を上手に育てて、ガーデン生活に潤いを

 (4988)

奥の深い多肉植物の世界、たくさん増やすことができたら、寄せ植えも楽しめます。
タイミングに合わせて肥料を与えながら上手に育てて、多肉植物との生活を充実させてくださいね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

シャコバサボテンの育て方は?花が咲かないのは日当たりのせい?綺麗に花を咲かせるコツとは?

シャコバサボテンの育て方は?花が咲かないのは日当たりのせい?綺麗に花を咲かせるコツとは?

シャコバサボテンは冬に花を咲かせる植物です。赤やピンクの鮮やかな花は、冬の暗くなりがちな部屋を明るくしてくれます。シャコバサボテンは育てやすく、初心者にもおすすめ。今回はシャコバサボテンの水やりのポイントや、最適な置き場所、簡単な増やし方などをご紹介します。
2,049 view
冬に咲く花といえばコレ!寒い冬でも育てられる冬の花18選!花言葉や育て方のポイントもご紹介

冬に咲く花といえばコレ!寒い冬でも育てられる冬の花18選!花言葉や育て方のポイントもご紹介

「冬は庭に咲く花が少なくて、お庭や花壇が寂しい…。」そんなお悩みはありませんか?実は寒さに負けず、きれいな花を咲かせる植物は意外とたくさんあるんです。そこで今回は人気のシクラメンをはじめ、これからの季節に楽しめる耐寒性の強い花の品種と育て方、初心者にもおすすめのツールをご紹介します。
9,683 view
さくらんぼの木の育て方は?開花・剪定・収穫の時期・おすすめの肥料など、さくらんぼの栽培方法をご紹介

さくらんぼの木の育て方は?開花・剪定・収穫の時期・おすすめの肥料など、さくらんぼの栽培方法をご紹介

さくらんぼの旬の時期は、梅雨~初夏。サクランボは追熟しないので、一番おいしいタイミングで収穫される果物ですよ。小さい粒より大きい粒の方がおいしいといわれています。自宅で大粒の果実を収穫して、贅沢に味わってみませんか?
17,563 view
三つ葉(ミツバ)の栽培方法は?プランターや室内での水耕栽培で出来る三つ葉の育て方をご紹介

三つ葉(ミツバ)の栽培方法は?プランターや室内での水耕栽培で出来る三つ葉の育て方をご紹介

葉がみっつに分かれることから三つ葉と呼ばれ、日本ではやや湿り気のある明るい日陰などで自生しているのが見られる野草のひとつです。ミツバ独特の香りや風味、歯ざわりなどが長く親しまれてきました。香り野菜としてプランターなどに植え、自宅で少し栽培しておくと、便利でおすすめ。明るい日陰で管理すれば旺盛に生育するので肥料を切らさないよう注意するのがコツ。水耕栽培することもできるので家庭の窓辺などで栽培しても楽しいですね。
3,691 view
カランコエの育て方とは?挿し木や芽挿しで簡単に増やすことができるって本当!?

カランコエの育て方とは?挿し木や芽挿しで簡単に増やすことができるって本当!?

肉厚な葉を持ち、小さいながらも色鮮やかな花をたくさん咲かせる多肉植物カランコエ。 お手入が比較的簡単なため、初心者でも気軽に育てることができることからガーデニングでも人気です。 今回はそんなカランコエについて、基本の育て方や増やし方などのコツをご紹介いたします。
397 view

この記事のキーワード