2018年9月14日 更新

タマネギの育て方 生で良し、火を通して良し、毎日の食卓に欠かせない万能食材

ニンニク同じ成分、アリシンを多く含むタマネギは古代エジプトではスタミナ源として利用されていたとか。独特の強い香り成分、硫化アリルは血液をサラサラにし、コレステロールの代謝を高める健康成分として注目されています。家庭では「オニオンセット」「ホームタマネギ」などの名前で市販されている、小さな子球を利用してコンテナ栽培すると手軽。夏の終わりに植えつけ、90日前後、冬になる頃収穫できます。身近で育てれば新鮮なタマネギの美味しさにびっくりしますよ。

5 view

タマネギとは?

 (15129)

ユリ科の多年草で、中央アジアが原産といわれています。栽培の歴史は古4000年前にさかのぼるといわれ、日本には江戸時代に渡来し当初は観賞用に栽培されたとか。明治時代になり食用としての栽培が盛んになりました。一般的な茶色い皮の黄玉系のもののほか、白玉系、赤玉系がありますが、日本では保存性の高い黄玉系が多く流通しています。一般的には秋に苗を植えつけ翌春収穫します。

タマネギの育て方と栽培のポイント

基本的な生育のサイクル

植えつけ期: 11月
収穫期:5月~6月
※関東地方以西基準

置き場所

日あたりと風通しの良い、肥沃な場所を好みます。

水やり

地植えの場合、乾燥したら与えます。鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷり水やりします。

栽培のポイント

タマネギのタネをまいて育てることもできますが、タネから苗に育つまでに時間がかかるので、家庭では11月頃に園芸店で出回る苗を購入して育てるのが手軽です。庭植えする場合は植えつける前に苦土石灰等で酸性を中和し、腐葉土や堆肥などの有機質や緩効性の化成肥料を混ぜ込み、保肥性と保水力を高めてやりまでしょう。
鉢植えの場合は野菜用の大型のものを選び、野菜用の元肥いりの培養土が手軽です。苗を購入する際は白い根元部分の直径が8ミリ前後で草丈が30㎝ぐらいのものを選ぶのがポイント。苗の段階で根元部分が太いものは翌春、タマネギができにくく花芽(いわゆるネギ坊主)が大きく育ってしまい収穫できなくなってしまうことも。逆に根元部分が貧弱なものは冬の寒さで枯れてしまいます。
また寒さの厳しい北海道などの寒冷地では、冬越しが難しいので、春にタネをまいて夏に収穫した方が確実です。苗植えつけ後、2週間をめどに一度緩効性の化成肥料等を追肥します。さらに2月初旬と3月初旬に追肥すると大きなタマネギに育ちます。肥料が少ないと大きく育ちませんが、与え過ぎは禁物。適量を守って与えてやります。
品種にもよりますが地上部の葉が8割ほど倒れたら収穫のタイミング。収穫が遅くなるとせっかく育ったタマネギが腐ってしまうこともあるので、タイミングをお見逃しなく。

主な病害虫

害虫:アブラムシ、
病気: うどんこ病、灰色かび病など

タマネギ栽培におすすめの用土、肥料、薬剤とは

原料にこだわったプレミアムな土

プロトリーフ 野菜専用培養土『野菜豊作』

プロトリーフ 野菜専用培養土『野菜豊作』

野菜が良く育つよう鉱物系原料を使わず、天然有機成分のみを使用したこだわりの培養土です。土には元肥が配合されているので、そのまま植えつけることができますよ。

まるまる元気に育つタマネギの専用肥料

花ごころ ねぎ・たまねぎの肥料

花ごころ ねぎ・たまねぎの肥料

有機質20%配合、味のよいネギ・タマネギを育てる専用肥料です。 タマネギに不足しがちなリン酸成分を多く配合し、タマネギの病気を予防するカルシウム成分入り。

食品成分使用で安心して使用できる殺虫殺菌剤

住友化学園芸 ベニカマイルドスプレー

住友化学園芸 ベニカマイルドスプレー

有機JAS規格(オーガニック栽培)で使用可能な食品成分から生まれた殺虫殺菌剤。アブラムシやハダニ、うどんこ病などに効果的。イヤな臭いもなく収穫前日まで使え、使用回数の制限もない優れもの。

健康野菜タマネギをご家庭でも育ててみましょう!

 (15186)

タマネギにはいろいろな品種があり、その特徴もさまざま。貯蔵期間の長短も品種によって差があるので植える用途や環境によって選びましょう。生食できる品種を選べばサラダやマリネに、料理の幅がぐーんと広がります。家庭で栽培する場合は病気に強い品種をチョイス。コンテナ栽培の場合は小ぶりものを選ぶと元気に育ちます。タマネギの収穫を優先すると花をみることはできませんが、ネギボウズのような白い花を咲かせるタマネギ。生命力が強いことから「不死」などの花言葉がつけられたといわれています。健康野菜のタマネギを身近に育てて、その健康パワーを存分に取り入れましょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

若葉は木の芽、実はピリリと辛い調味料として!料理をおいしく彩る山椒の育て方

若葉は木の芽、実はピリリと辛い調味料として!料理をおいしく彩る山椒の育て方

ウナギ料理や七味唐辛子でおなじみのサンショウ(山椒)。スーパーで購入すると高価ですが、自宅で育てて収穫すれば新鮮なうえ香りも豊か! しかも、木の芽と実の両方をたっぷりと味わえてお得です。料理の名脇役であるサンショウの栽培にチャレンジしてみませんか?
71 view
強烈に辛いハバネロや鷹の爪など色や形、辛さも様々ラインアップ! 唐辛子の育て方

強烈に辛いハバネロや鷹の爪など色や形、辛さも様々ラインアップ! 唐辛子の育て方

刺激的な辛さのあるハバネロなど、辛みのある仲間を総称して唐辛子(トウガラシ)と呼ばれています。辛みのないピーマンやパプリカ、シシトウなどは甘唐辛子(sweet pepper)と呼んで区別されています。高温多湿の日本の夏にも耐える夏野菜の代表格で、ビタミン類やカプサイシンなどの栄養を含み、香辛料や野菜として活躍してくれます。初心者でも育てやすい野菜のひとつなので、庭やベランダでひと株、プランターなどで栽培してみては。
120 view
植えつけ後1カ月で収穫できる!? 初夏から秋まで長く楽しめるピーマンの育て方

植えつけ後1カ月で収穫できる!? 初夏から秋まで長く楽しめるピーマンの育て方

日本では辛みのないトウガラシの仲間を甘トウガラシ=ピーマンと呼んでいます。熱帯原産で暑さに強く、日本の夏も旺盛に生育して次々と収穫できます。日当たりと水はけのよい環境なら病害虫も少なく、初心者でもプランターなどで手軽に栽培が楽しめます。カロテンやビタミン類が多く、健康野菜としても人気のピーマン。無限ピーマンなどおいしいレシピも多いですね。5月に苗を購入して植えつければ、6月には収穫できはじめ、10月頃まで長期間収穫できます。
143 view
狭い場所もプランター栽培もOK! 長く収穫でき、収量も多いオクラの育て方

狭い場所もプランター栽培もOK! 長く収穫でき、収量も多いオクラの育て方

オクラは暑さに非常に強くて育てやすく、多く収穫できるので、初めて栽培する人におすすめしたい野菜です。初夏に咲くレモンイエローの大輪花も美しく、花と実の両方を楽しめますよ。最近は、小学生が学校でオクラを栽培することもあるといいます。オクラのネバネバ成分は栄養価が高く、夏バテにも効くと言われています。若取りしたミニオクラはやわらかく生食向き。サラダやオクラ納豆などのレシピで調理すればオクラの栄養を余すことなく食べることができますよ。
220 view
ユニークな形とグリーンカーテンで人気急上昇中の沖縄の伝統野菜!四角豆の育て方

ユニークな形とグリーンカーテンで人気急上昇中の沖縄の伝統野菜!四角豆の育て方

別名「うりずん豆」とも呼ばれ、沖縄で多く栽培されている四角豆。近年は、地方の伝統野菜が注目を集めていて、四角豆もそのひとつ。主に若いさやを食べますが、実は、葉や花、種、イモ(塊根)の全てを食べることが出来るんですよ。暑さに強く旺盛に伸びるツルの特性を生かして、最近はグリーンカーテンとしても活用され始めています。今夏は四角豆で涼をとりながら秋に収穫する、そんな一石二鳥の楽しみ方をしてみませんか?
63 view

この記事のキーワード