2019年10月28日 更新

エコにもおすすめ!ガーデンシュレッダーを使って賢く土のリサイクル

最近話題のガーデンシュレッダー。庭の枝木や落ち葉を自分で処理できると人気です。粉砕してできたチップは有機肥料として有効活用できるのもうれしく魅力的。ガーデンシュレッダーで、庭の土をリサイクルして植物を元気に育てみませんか。今回はオススメの製品を紹介します。

ガーデンシュレッダーのメリットとは

 (4973)

ガーデンシュレッダーは園芸用粉砕機とも呼ばれ、ここ最近多くの家庭で使われているガーデニングアイテムです。
園芸ゴミを処理する機械で、剪定した庭木の枝や落ち葉、雑草などをチップ状に粉砕します。
剪定した枝をゴミに出した場合、各自治体で細かく取決めされていたり、量がかさばってしまったりと結構大変なので助かりますよね。

粉砕したチップは堆肥化することもできるので、庭のリサイクルにも役立ちます。

粉砕チップを使った土のリサイクル

ガーデンシュレッダーが粉砕したチップは土を再生させ、畑や鉢植えに繰り返し使えます。
堆肥にする時のコツは古い土を乾し、植えていた植物の根やごみを取り除いてから、市販のリサイクル材と同様、土にチップを混ぜ込めばOKです。

ガーデンシュレッダーを選ぶ時のポイント

 (4974)

いざ購入しようと思ってもどれを選んでいいのか分からないという方もいるかと思います。
ガーデンシュレッダーは性能がディスク方式とギア方式に分かれます。
それぞれのチェックポイントを幾つか紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ディスク方式の性能

ディスク方式は一枚刃と二枚刃があり、二枚刃の方が粉砕する力が強いのが特徴です。
太い枝などの粉砕は製品によって、専用投入口から入れる必要があり、棒などで押し込む必要もあります。
また、威力が強い分、音も大きく響きやすいので、家庭で使うには周囲への配慮も必要です。

ギア方式

ギア方式はディスク方式よりは粉砕能力がやや劣りますが、投入口がひとつなので粉砕する際の手間が省けます。
また、音もある程度抑えられるので住宅街の使用も許容範囲です。
本体重量が25キロ前後とかなり重くなりますが、ほとんどの製品は本体にキャスターが付いているので、問題なく使えます。

庭の掃除も土のリサイクルもおまかせ!優秀ガーデンシュレッター

静音タイプで初心者にも扱いやすい

リョービ(RYOBI)ガーデンシュレッダ GS-202...

リョービ(RYOBI)ガーデンシュレッダ GS-2020 669000A

静音なのに性能にも優れたギア方式ガーデンシュレッダーです。
かさばりやすい枝木も1/10まで粉砕。
シュレッダーボックスに市販のポリ袋を備え付けられるので、後片付けも簡単に済ませられます。
大きなハンドルと車輪が移動させやすく、初めてガーデンシュレッダーを使う方におすすめです。

小さな子どものいる家庭でも使える安全装置付き

山善(YAMAZEN)園芸用電動粉砕機 ガーデンシュレ...

山善(YAMAZEN)園芸用電動粉砕機 ガーデンシュレッダーYGS-30A

小さなお子さんがいる家庭だと大きな機械を使うのはためらいますよね。
こちらの製品は2重安全装置付きなので、電源スイッチを入れても作動せず心置きなく作業できます。

しかも、過剰な負担がかかるとモーター過負荷防止ブレーカーによって停止するので、故障の防止にも効果的です。
コンパクトなサイズなので、収納するのにも便利です。

粉砕後のチップはマルチ材や腐葉土としてリサイクルできる

サイレントシュレッダー 枝葉粉砕機 LSG-2100

サイレントシュレッダー 枝葉粉砕機 LSG-2100

軽量でキャスター付きなので、女性でも移動が簡単のシュレッダーです。
従来のシュレッダーに比べて粉剤時の音が小さく、周囲に気兼ねする心配もありません。

粉砕したチップは古い土と混ぜてリサイクル可能なので、ガーデン造りにも役立ちます。

ガーデニング生活にガーデンシュレッダーを活用しよう

 (4975)

庭の掃除も土のリサイクルもできる便利なガーデンシュレッダー。
種類や機能はメーカーによって違うので、目的や用途、使い勝手で選ぶとよいでしょう。
上手に使いこなして、ガーデニング生活をより楽しく充実させてくださいね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ラズベリーの育て方を覚えて、ラズベリーレシピに挑戦しよう!新鮮なラズベリーをジュースやジャムに!

ラズベリーの育て方を覚えて、ラズベリーレシピに挑戦しよう!新鮮なラズベリーをジュースやジャムに!

赤く可愛らしい果実のラズベリー。口に含むと広がる甘酸っぱい香りが人気です。洋菓子やジャムなどに使われているほか、ヨーロッパの方では肉料理のソースとしても広く用いられています。日本でもお洒落なレストランで見かけますね。爽やかなラズベリーの魅力をご紹介します。
1,053 view
シシトウの栽培方法は?収穫時期など栽培スケジュールでシシトウの育て方をご紹介!

シシトウの栽培方法は?収穫時期など栽培スケジュールでシシトウの育て方をご紹介!

ししとうは、熱帯地域を原産とする夏野菜。高温に強く夏でも元気に育ちます。病害虫の被害も少なく栽培しやすいのが大きな魅力。初心者でもプランターや露地栽培で簡単に育てることができますよ。 ただし、栽培方法は同じでも環境や天候によって辛さが変わることがあります。辛いのが苦手な人は、辛みを抑えた品種を選ぶと良いかもしれません。
1,785 view
ピーマンの栽培はプランターで苗からがおすすめ?収穫時期や水やり、肥料・用土などピーマンの育て方

ピーマンの栽培はプランターで苗からがおすすめ?収穫時期や水やり、肥料・用土などピーマンの育て方

日本では辛みのないトウガラシの仲間を甘トウガラシ=ピーマンと呼んでいます。熱帯原産で暑さに強く、日本の夏も旺盛に生育して次々と収穫できます。日当たりと水はけのよい環境なら病害虫も少なく、初心者でもプランターなどで手軽に栽培が楽しめます。カロテンやビタミン類が多く、健康野菜としても人気のピーマン。無限ピーマンなどおいしいレシピも多いですね。5月に苗を購入して植えつければ、6月には収穫できはじめ、10月頃まで長期間収穫できます。
2,442 view
リンゴ(林檎)の栽培方法は?リンゴ(林檎)栽培は苗木からがおすすめ!

リンゴ(林檎)の栽培方法は?リンゴ(林檎)栽培は苗木からがおすすめ!

世界中でさまざまな品種が栽培され、なじみの深いリンゴ。寒い地方で育つイメージがありますが品種によっては暖地でも栽培できます。4月に開花し、秋には収穫できる落葉果樹で、一般的な食用のものと、ガーデニングで利用する鑑賞用の姫リンゴ、クラブアップルなどがあります。観賞用のものは食用リンゴのように甘くはなりませんが、砂糖などを加えてジャムなどに利用できます。食用リンゴ を家庭で栽培する場合、矮性台木に接ぎ木された苗を使用するとコンパクトに育ちます。なかでも病害に強く育てやすい「ぐんま名月」「つがる」などの品種を選ぶと家庭でもかわいらしい赤い実が楽しめます。
8,696 view
さくらんぼの木の育て方は?開花・剪定・収穫の時期・おすすめの肥料など、さくらんぼの栽培方法をご紹介

さくらんぼの木の育て方は?開花・剪定・収穫の時期・おすすめの肥料など、さくらんぼの栽培方法をご紹介

さくらんぼの旬の時期は、梅雨~初夏。サクランボは追熟しないので、一番おいしいタイミングで収穫される果物ですよ。小さい粒より大きい粒の方がおいしいといわれています。自宅で大粒の果実を収穫して、贅沢に味わってみませんか?
36,018 view

この記事のキーワード