2018年10月17日 更新

自宅でも簡単にできる!バジルを栽培で気を付けたい害虫対策とは?

バジルはピザやパスタなどイタリア料理には欠かせないバーブです。最近ではドライバジルも売られていますが、新鮮なバジルは柔らかくて風味も良く、自分で栽培してみたいと思う方も多いでしょう。そこで今回は、バジル栽培の注意点と害虫対策についてご紹介します。

422 view

バジルは育てやすいハーブ

 (2514)

バジルはシソ科のハーブで繁殖力が高く、暑さや病気にも強いため初心者でも簡単に育てることができます。冬の寒さには弱いのですが生育期は長く、春から秋にかけて長く楽しむことができる植物です。

日光に当てることが大切

そんなバジルを上手に育てるコツは、日光に当てること。日光が不足すると株が弱まり、虫がつきやすい状態になるので、室内で育てる際は特に日当たりの良い場所を選びましょう。ただ夏場は、日差しが強すぎると葉が硬くなる原因になるので注意が必要です。

ハーブは乾燥を好むものが多いのですが、バジルは水を好みます。水やりはこまめに行い、土が乾ききるまえにたっぷりとあげることもポイントです。

バジルを育てる際は害虫に注意が必要

 (2515)

育てやすくて丈夫なバジルですが、虫に弱いという欠点もあります。
バジルにつきやすい虫は、ハダニ、コバエ、アブラムシなどがあります。虫が苦手という人は鉢植えにして室内で育てれば、屋外に比べると害虫の被害は少なくなります。

室内での栽培は使う土に気を付けましょう。腐葉土は水が溜まりやすので、虫がわく原因になります。有機肥料も虫が好むので室内で使うのは避けたほうがよさそうです。
また、根本に枯れた葉があると、害虫がつきやすくなりますので、こまめに取り除いてあげることも大切です。

虫がついてしまったらどうすればいい?

 (2517)

きちんとしたお手入れをしていても、植物なので虫がついてしまうことはあります。
基本的な対処法は、ついてしまった虫を取り除くしかありません。嫌な作業ですが、適切な薬品を使ったり、ちょっとした工夫をしたりすることでその負担を減らすことができます。

なお、極力薬品は使いたくないという場合には、次のようなやり方もあります。
アブラムシやハダニにはコーヒーかすを乾燥させたものを土に混ぜて育てます。コバエはジメジメとした環境を好むので、水のやりすぎに注意し、レモン水を葉にスプレーすると寄り付かなくなりますよ。

室内園芸の虫対策におすすめの商品

害虫対策に植物活性剤をプラス

アース製薬 アースガーデン 虫よけplant120日用...

アース製薬 アースガーデン 虫よけplant120日用 器具セット

アースガーデン虫よけplantは、コバエ対策だけでなく植物に活力を与える天然由来成分と、ローズの香りをプラスした室内園芸に最適な虫よけです。
植物の近くに置くだけという手軽さと、1日12時間の使用で120日間使えるのが魅力。害虫を気にせず快適に室内園芸を楽しむことができそうです。

鉢植えやプランターに挿すだけでコバエが取れる

アース製薬 アースガーデン ハエとり棒 園芸用

アース製薬 アースガーデン ハエとり棒 園芸用

アースガーデン ハエとり棒 園芸用は、緑色の棒に強力な粘着材が付いていて、コバエを誘引、キャッチしてくれます。殺虫成分は入っていないので、小さいお子さんがいて殺虫剤を使いたくないという場合でも使うことができ安心です。鉢植えやプランターに挿すだけという手軽さも嬉しいですね。

手軽にできるバジル栽培を始めよう!

 (2516)

バジルは日当たりと風通しの良い場所を選び、水やりを欠かさなければ初心者でも簡単に栽培できるハーブです。丈夫に育てば虫もつきにくくなりますし、手軽な対策グッズを使えばさらに育てやすくなります。

自宅で上手に育てて、新鮮なバジルを味わってみませんか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

植物の葉が白い!?それって「うどんこ病」かも!うどんこ病の原因と対策におすすめの薬剤をご紹介

植物の葉が白い!?それって「うどんこ病」かも!うどんこ病の原因と対策におすすめの薬剤をご紹介

皆さんは「うどんこ病」をご存知ですか?うどんこ病は、植物の葉がカビにより白くなってしまう病気です。今回はそんなうどんこ病の予防方法や、もしもなってしまった際に使用する薬剤をご紹介します。放っておくと、植物がうまく育たなくなってしまうこともあるので、ご注意を!
1,856 view
自宅でハーブガーデンをつくろう!ガーデニングで楽しめるハーブの種類を人気ランキングとしてご紹介

自宅でハーブガーデンをつくろう!ガーデニングで楽しめるハーブの種類を人気ランキングとしてご紹介

ハーブにはいろいろな種類がありますが、そのほとんどが簡単に栽培できます。家庭菜園をしておくと、必要なときに必要な量を収穫でき、残りをダメにしてしまう心配がありません。初心者でも簡単に使えるので、この機会に挑戦してみませんか?おすすめのハーブをご紹介します。
258 view
ハーブの中でも種類豊富な植物のタイム!タイムの育て方とレシピを覚えて料理に使ってみよう!

ハーブの中でも種類豊富な植物のタイム!タイムの育て方とレシピを覚えて料理に使ってみよう!

ハーブの代表格『タイム』は、その数350種類ともいわれています。コモンタイムやレモンタイムなど料理に使われているものから、入浴剤やアロマオイルなど健康や美容に活用することができるタイムまでさまざまです。今回は見た目も可愛い、タイムを使ったレシピを紹介します。
38 view
ローズマリーの効果効能とは?育て方・使い方を覚えて、ローズマリーを使ったレシピに挑戦しよう!

ローズマリーの効果効能とは?育て方・使い方を覚えて、ローズマリーを使ったレシピに挑戦しよう!

育てやすく、1年を通して収穫の出来るローズマリーは、ガーデニング初心者におすすめのハーブです。ローズマリーは消臭効果だけではなく、アレルギーやアンチエイジングにも嬉しい効果があるといわれています。日常生活の中でローズマリーを楽しめるレシピを、4つご紹介します。
67 view
パクチー(コリアンダー)の栽培方法!種まき・収穫時期や水やり、肥料・用土などパクチーの育て方

パクチー(コリアンダー)の栽培方法!種まき・収穫時期や水やり、肥料・用土などパクチーの育て方

香草、コエントロ、パクチー、シャンツァイ、コリアンダー。どれも同じものなのに国によってこんなに名前が違うのは、それほどたくさんの民族に愛されているハーブだからですね。東南アジアの料理に欠かせないイメージが強いですが、原産地のヨーロッパでも古くから珍重され、今や料理だけでなくスイーツにも利用されている人気急上昇中のハーブです。
140 view

この記事のキーワード