2018年10月17日 更新

家庭菜園には土の酸度が重要!簡単に計測できるおすすめ土壌pH測定器特集

植物を上手に育てるための良い土壌の条件の一つとして、一般的に「弱酸性~中性の土壌」であることが挙げられています。今回は、上手に植物を育てるためには欠かせない土壌の酸度に関する基礎知識や、自宅で簡単に土壌の酸度を測るおすすめのpH測定器を紹介ご紹介します。

923 view

土壌の酸度(pH)を知る必要性とは?

 (321)

そもそも土壌の酸度とは?

土壌の酸度(酸性度)とは、土壌の酸性の強さの程度を示す値で、「pH」という単位で表されます。

このpHという単位は水素イオン濃度を表す指数で、0~14 pHのうち、大きく分けて0~7.0が酸性、7.1〜14がアルカリ性として表されています。

植物の品種によって異なりますが、弱酸性から中性と言われる“pH5.5~7.0”程度の土壌を保つと、植物が健康に育ちやすいと言われています。

土壌が酸性やアルカリ性に傾くとどうなる?

日本の土壌のほとんどは酸性よりのため、何もしなくても酸性が強くなる傾向にあります。

土壌の酸性が強くなってしまうと、植物にとって毒となるアルミニウムが溶けだして根から吸収されてしまい、さらには、植物にとって必要なリンの吸収を阻害するなどして植物の生育に悪影響を与えます。

一方、土壌がアルカリ性に傾いてしまうと、植物の生育に必要なマグネシウムや鉄などのミネラルの吸収が妨げられ、病気になりやすくなることがあります。

このような植物の生育にとって良くない状態を避けるためには、こまめに土壌のpH値を測ることが大切です。

土壌の酸度を測る方法とは?

 (320)

土壌の酸度を測る方法は主に二つあります。一つは、pH試験紙を使った方法で、もう一つはpH測定器を使った方法です。

ただ、pH試験紙を使う場合は、土を掘ってビーカーなどの容器に入れ、土の2.5倍程度の蒸留水を入れて上澄み液を作り、その上澄み液にpH試験紙を浸し、pH試験紙の色の変化をみて酸度をチェックするという方法で手間や時間がかかります。

一方、pH計やpHメーターなどと呼ばれるpH測定器ならば、土壌にさすだけの簡単な方法で、より精度も高く酸度をチェックすることができるのでおすすめです。

そこで、自宅でも簡単にpH値を測定することができるpH計やpHメーターなどのpH測定器をご紹介します。

おすすめpH測定器 厳選3商品はこちら

4つの機能を搭載!

シンワ測定 デジタル土壌酸度計A

シンワ測定 デジタル土壌酸度計A

土壌酸度測定、地温測定、土壌水分測定、育成環境の照度測定となんと4つもの機能が1つになった便利なデジタル土壌酸度計です。

酸度を知ることで植物にあった土壌の酸度を確認できるだけでなく、土の温度や水分量、照度を知ることで植物の生育環境を最適に改善することができる優れものです。

より本格的に家庭菜園やガーデニングを始めたい方におすすめの商品です。

電池不要!口コミでも人気

シンワ 土壌酸度PH計A(72724)

シンワ 土壌酸度PH計A(72724)

電池不要タイプで、測定は約1分間土壌に差し込むだけと非常に簡単なpH測定器として口コミでも非常に人気の高い商品です。

土壌が乾燥していると正確なpHが出ないので、水をまいて土を湿らせてから測定するのがおすすめです。

ちなみにこちらは土専用で液体の酸度は測定することができませんのでご注意ください。

多機能でガーデニング初心者にもおすすめ

VENSMILE 3 in 1(土壌のPH/照度/水分...

VENSMILE 3 in 1(土壌のPH/照度/水分検定)土壌測定器

土壌酸度はもちろん、照度と水分量も計測できる土壌測定器です。

多機能なのに電池不要の簡易タイプなので、家庭菜園やガーデニング初心者でも気軽に取り入れることができる人気の商品です。

酸度のみならず水分量を知ることで土壌の適切な湿度を保ち、日射量も知ることができるので植物にとって最適な環境維持に役立ちます。

pH測定器はガーデニングや家庭菜園に欠かせないアイテム

 (324)

pH測定器と一口に言っても、酸度だけ測れるものから水分量や照度まで測ることができるマルチタイプがあるようですね。

pH測定器はガーデニングや家庭菜園に欠かせないアイテムですから、様々なメーカーから販売されていてどこの商品にしようか迷ってしまうなんて方も多いはずです。

そんな時は、是非参考にしてみてください。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

冬の人気植物クレマチス(冬咲き)の育て方!剪定や挿し木、植え替えや増やし方もご紹介

冬の人気植物クレマチス(冬咲き)の育て方!剪定や挿し木、植え替えや増やし方もご紹介

冬の人気植物のひとつ「クレマチス(冬咲き)」。クレマチスはさまざまな品種があり、寒さに強い冬咲きの品種を選べば冬でもたくさんの花が咲き、枝咲きの花が、「さみしい冬の庭を華やかに彩ってくれます。鉢植えやコンテナに寄せ植えして楽しむのも手軽でおススメです。
4 view
冬の花といえばコレ!寒い冬でも育てられる冬の花18選!花言葉や育て方のポイントもご紹介

冬の花といえばコレ!寒い冬でも育てられる冬の花18選!花言葉や育て方のポイントもご紹介

「冬は庭に咲く花が少なくて、お庭や花壇が寂しい…。」そんなお悩みはありませんか?実は寒さに負けず、きれいな花を咲かせる植物は意外とたくさんあるんです。そこで今回は人気のシクラメンをはじめ、これからの季節に楽しめる耐寒性の強い花の品種と育て方、初心者にもおすすめのツールをご紹介します。
11 view
ハボタン(葉牡丹)の育て方は?アブラナ科の植物であるハボタンは品種も豊富!

ハボタン(葉牡丹)の育て方は?アブラナ科の植物であるハボタンは品種も豊富!

葉牡丹はアブラナ科の植物です。品種も様々で、花かキャベツのように見える葉が特徴的です。葉牡丹は、丸葉系など、葉の形も様々。今回は種やさし芽など葉牡丹の栽培方法をご紹介します。日当たりや鉢を置くのに適した場所、そして新芽の処理、肥料や土にも触れていきます。
5 view
クリスマスローズの育て方は?植え替え・株分け・肥料・種まき・土など、クリスマスローズの育て方をご紹介

クリスマスローズの育て方は?植え替え・株分け・肥料・種まき・土など、クリスマスローズの育て方をご紹介

うつむいて咲く姿がとても可憐なクリスマスローズ。控えめで気品ただよう花で、咲き方・花形・花色が豊富でとても魅力的。“冬の貴婦人”とも呼ばれ、バラに次いでファンの多い冬の多年草です。好みのクリスマスローズを手に入れて、冬枯れの庭をおしゃれに彩ってみませんか。
9 view
ローズマリーの育て方とは?ポイントは剪定?挿し木でローズマリーを増やしてみませんか?

ローズマリーの育て方とは?ポイントは剪定?挿し木でローズマリーを増やしてみませんか?

爽やかで清々しい香りが漂うローズマリー。古代から老化防止の薬として用いられ、今でも料理や美容、芳香剤、薬用として幅広く親しまれているハーブです。冬でも緑の葉が茂り、庭に彩りを与えてくれる植物でもあります。丈夫なので、ガーデニング初心者にもおすすめです。
15 view

この記事のキーワード