2018年10月17日 更新

芝生手入れの初心者必見!使いやすくてデザイン性のあるおすすめレーキ5選

芝生手入れの必須アイテム、「レーキ(熊手)」。芝生の手入れ以外にも、ガーデニングの土ならし、除草後の草集め等、ガーデニング作業には欠かせないアイテムです。今回は、芝生手入れの初心者の方へ、使いやすくてデザイン性のある最適なレーキをご紹介します。

1,128 view

芝生の手入れにレーキ(熊手)が必須な理由

 (4934)

植えた年は青々としていて綺麗だった芝生も、2年目以降になるとなんだか以前の輝きがないような…と感じたことはありませんか?
サッチ(芝刈り時に残った刈りカスや、枯れた芝生の根や葉など)が分解されずに芝生の中で層になってしまうと、病害虫が発生しやすい状態になってしまいます。
綺麗な芝生を維持するには、サッチを取り除くことが大切です。このサッチを取り除くために、レーキ(熊手)は欠かせない必須アイテムなのです。

定期的に(最低でも年に1度は)サッチを取り除こう

 (4937)

芝生を植えたばかりの年はサッチはほとんどありませんが、2年目以降は芝刈り作業を行ったりもするのでサッチがたまり始めます。
サッチがたまったままだと、芝生の成長を妨げてしまうので、芝刈り後はなるべくレーキでサッチを取り除くようにしましょう。
定期的にサッチを取り除く作業が負担な方も、最低でも年に1回は取り除くことをおすすめします。

【レーキ素材別】メリット・デメリット

 (6030)

レーキにはいくつかの素材あり、素材によってメリットとデメリットがあります。
レーキは破損しない限り、頻繁に買い替えるものではないので、レーキに使われる代表的な素材のメリット・デメリットを確認してからご自身で長く使えそうなものを購入してくださいね。

ステンレス

・メリット
サビに強くて丈夫なので、長く使える。

・デメリット
重たいので、長時間作業していると体に負担がかかる。
重たさから芝の根の部分をカットしてしまうことがある。

・メリット
軽くて丈夫なので、長時間の使用も可能。

・デメリット
ステンレスほどサビに強くないので、使用年数とともにサビが目立っていくる場合がある。

アルミ

・メリット
サビに強く、軽いので作業しやすい。
ステンレスに比べて素材がやわらかくしなりがあり、竹に比べて硬いので、根をカットせずにサッチを効率的に掻き出すことができる。

・デメリット
素材がしなるので、力を入れて作業をしてしまいがちな方には不向きな場合がある。

プラスチック

・メリット
サビに強く、軽いので作業しやすい。

・デメリット
アルミに比べて素材にしなりがないので、サッチの量によっては掻き出しにくい場合もある。

・メリット
軽いので長時間の作業でも体への負担が少ない。

・デメリット
アルミ、ステンレス、プラスチックに比べて素材が柔らかいので、芝の根の部分にレーキの先端が届きにくい。

芝生の手入れに最適!おすすめレーキ5選

それでは、上記の素材別のメリット・デメリットもふまえた、おすすめのレーキをご紹介します。

軽くて丈夫なアルミ製

CLUBJ W伸縮式ガーデンレーキ 大

CLUBJ W伸縮式ガーデンレーキ 大

アルミ製なので、軽くて丈夫。そして適度なしなりがあるので、作業時に余計な力を入れずに済みます。
頭部の幅や柄の長さが自由に調節できるので、芝生の手入れ以外にもガーデニング作業に1本あると、とても使い勝手のいい商品です。
使わない時にはコンパクトになるので、収納場所を選ばないのも嬉しいポイント。


軽くて汚れにくいプラスチック製

ウルトラ熊手(大) グリーン

ウルトラ熊手(大) グリーン

プラスチック製なので、軽くて汚れにくいのが特徴。そして爪部分に適度な弾力性があるので、芝生を傷つけずにサッチを掻き出すことができます。
作業時についつい力を入れてしまいがちな方におすすめです。

サビに強くて丈夫なステンレス製

GS 木柄ガーデンクリーナー

GS 木柄ガーデンクリーナー

素材がスチール(ステンレスの一種)なので、サビに強く丈夫。汚れにくいので長く使えます。丈夫な分、レーキ自体が重たいので長時間の作業になると負担に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

軽くて丈夫な鉄製なら

千吉 ローンクマデ ガーデンクマデ 25本爪 SGR-4

千吉 ローンクマデ ガーデンクマデ 25本爪 SGR-4

鉄製なので、ステンレスほどサビに強くはありませんが、軽くて丈夫。
爪の本数も25本と多めなので、一度に広範囲のサッチを掻き出すことができます。何よりも赤いデザインが可愛いレーキです。

軽くて使いやすい竹製なら

TRUSCO トラスコ中山  竹クマデ1.43m全長1...

TRUSCO トラスコ中山 竹クマデ1.43m全長1400 TK33

金属・化学製品と比べると丈夫さはありませんが、軽くて使いやすいレーキです。
爪部分の面積が大きいので、一度に広範囲のサッチを掻き出すことができます。竹製品のレーキは芝の間のサッチが掻き出しやすいです。

レーキを使って綺麗な芝生を維持しよう

 (4991)

芝生の手入れに欠かせないアイテム「レーキ」を素材のメリット・デメリットを含め、ご紹介しました。
ご自身のお庭にある芝生の面積や作業時間を考えて、一番合うレーキを選んでみてくださいね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

どのタイプが使いやすい?マルチで使える人気の芝生バリカンランキング

どのタイプが使いやすい?マルチで使える人気の芝生バリカンランキング

広範囲の芝生をお手入れするときに便利な芝生バリカン。ただ芝を整えるだけでなく、植木の剪定などにも使えるマルチタイプのものもたくさんあります。今回はGarché編集部おススメの芝生バリカンを、ランキング形式でご紹介します。比較するときの参考にしてください。
142 view
面倒な生け垣や芝生のお手入れをもっとラクに!おすすめ園芸機器まとめ

面倒な生け垣や芝生のお手入れをもっとラクに!おすすめ園芸機器まとめ

植木や芝生をきれいに保つためには、定期的なメンテナンスが大切。そこで重要になるのが剪定用具の選び方です。庭の広さや目的に合ったものを選びたいですよね。そこで今回は過去に掲載された記事の中から、芝生や植木のお手入れ機器に関するものをピックアップしてご紹介します。
280 view
軽い力で楽々剪定作業!コードレスでサッと使える充電式生垣バリカン(ヘッジトリマー)

軽い力で楽々剪定作業!コードレスでサッと使える充電式生垣バリカン(ヘッジトリマー)

庭の植木をキレイに剪定したいと思っても、剪定バサミではかなり力を使うし時間もかかってしまいますよね。生垣バリカン(ヘッジトリマー)があれば、軽い力で簡単に植木を整える作業ができます。今回は電源を確保する必要がなく、使い勝手が良い、充電式生垣バリカンをご紹介します。
8,462 view
コードレスで便利な充電式芝生バリカン3選!芝生のお手入れを快適に

コードレスで便利な充電式芝生バリカン3選!芝生のお手入れを快適に

今回は芝刈りを快適にするコードレスの「充電式芝生バリカン」を「マキタ」を始めとする3大メーカーからご紹介します。刈込幅によって刃の種類や価格が違ってきますので、手入れする芝生に合った商品を見つけてください。
182 view
芝生のお手入れスケジュール。水やりは?刈込は?必要な商品とは!

芝生のお手入れスケジュール。水やりは?刈込は?必要な商品とは!

きれいに生えそろった芝生を維持するには、年間を通して手入れが必要になってきます。「庭に芝を植えたいけれど、何から始めればいいのか分からない!」といった方のために、芝の手入れ方法や必要な商品を年間スケジュールにして解説します。芝が美しく生えるお庭を作りましょう!
5,748 view

この記事のキーワード