2019年1月4日 更新

おしゃれなデザイン!ガーデニングに人気のエプロンランキング!かわいいもの、かっこいいもの大集合!

ガーデニングなどの庭作業をしているときに、エプロンをしていれば服を汚れから守ることができますよね。ガーデニング用のエプロンには、おしゃれなものから機能性の高いものまでさまざまな種類があります。今回は、おすすめのガーデンエプロンをランキング形式でご紹介します。

157 view

ガーデニングに向いているのはどんなエプロン?

 (13756)

素材はどんなものがいい?

ガーデニングをするにあたって、ショベルやハサミを扱うことが多いと思います。布地はそれらのアイテムをポケットに入れてもすぐに破れてしまわないように、丈夫な素材を選ぶといいでしょう。

また、エプロンは土や水などですぐに汚れてしまいます。洗濯しやすくシワになりにくいものや、撥水加工されているエプロンにすれば、お手入れも簡単です。

撥水加工の他にも、塩化ビニールを生地コーティングしたP.V.C(ポリビニール・クロライド)素材なら、汚れがつきにくく強度も高いといえます。

どんな形のエプロンがガーデニングに最適なの?

ガーデンエプロンには、全身を覆うものから腰だけカバーするもの、下半身を全てカバーしてくれるものなど、様々な丈があります。長いタイプであれば広範囲に汚れをカバーしてくれますし、腰だけのタイプなら動きやすく、肩紐がずれ落ちるのを気にせず作業に集中できるでしょう。自分が普段行う作業に合わせた丈を選んであげるといいですね。

また、ガーデニングに必要なアイテムはたくさんあるため、必要な道具を見失わないよう、ポケットが大きめで、仕切りが複数に分かれているエプロンが使いやすいでしょう。

人気のガーデンエプロンランキング

【10位】デザイン性の高いパッチワーク風エプロン

Re grn パッチワーク エプロン

Re grn パッチワーク エプロン

温かみのあるパッチワークデザインの作業用エプロンです。
正面には左右どちらからでも入れることができるカンガルーポケット、左胸にスナップ付きのミニポケット、バックサイドにも2種類のポケットが左右に配置されているため、用途によって使い分けることができます。

ウエストのボタンで2段階のサイズ調整が可能なため、男女兼用で使えます。夫婦で色違いのエプロンを身につけるのもいいですね。

【9位】膝までカバーできるエプロン

モンベル mont-bell フィールドエプロン #1...

モンベル mont-bell フィールドエプロン #1132123 グレイン

アウトドアブランド、モンベルのフィールドエプロンです。
裾には作業がしやすいよう大きなスリットが入っており、ベルクロを巻き付ければズボンのように足をカバーすることが可能。普段膝をついて庭作業する方に向いています。

鍵などの大事なものを入れることができるファスナー付きのポケットなど、6ヵ所にポケットが備わっているのも便利です。

【8位】自然なフィット感!レザーとリネンのハーフエプロン

Bradley’s(ブラッドリーズ)伝統的なレザー&リ...

Bradley’s(ブラッドリーズ)伝統的なレザー&リネンのハーフエプロン

イギリスの革メーカーであるBradley’s(ブラッドリーズ)のハーフエプロンです。リネン生地で作られているため、布が柔らかく、膝を曲げたりしゃがんだりするときに自然にフィットします。

ハサミやショベルなどは革のポケットに、携帯電話や鍵などの落としたくないものはファスナーポケットに分けて入れることができます。ショート丈でコンパクトに畳むことができるため、持ち運びにも便利です。

【7位】着用が簡単なロングエプロン

Bradley’s(ブラッドリーズ)「Heritage...

Bradley’s(ブラッドリーズ)「Heritage Utility Apron」(ヘリテージ ユーティリティ エプロン)

レザー・クラフトメーカーBradley’s(ブラッドリーズ)製のロングエプロンです。布地は、暑い季節でも快適に着られるリネン素材(カーキグリーン)と、革製品との相性が抜群なデニム素材(ブルー)の2タイプから選べます。

肩紐と腰紐が一体化しているため、かぶるだけで簡単に着用可能。紐は金具部分から取り外して、布地の部分だけで洗濯することができます。

【6位】庭作業のために工夫されたワーキングエプロン

Paseo ワーキングエプロン ショート 丈45cm

Paseo ワーキングエプロン ショート 丈45cm

撥水加工済のショート丈ワーキングエプロンです。ポケットの中に合皮のポケットが2重に入っているため、ハサミなどの刃物も安心して収納できます。
手を入れやすいようサイドポケットが斜めに付いていたり、裾にスリットが入っていたりするなど、機能性抜群。届くときのパッケージも可愛いので、プレゼントにもおすすめです。

【5位】デニム生地がおしゃれなエプロン

ダルトン EM エプロン

ダルトン EM エプロン

年齢を選ばず使えるデニム生地のシンプルな男性向けエプロンです。インド綿100%使用で、丈夫で柔らかな肌触りが特徴です。

カラーはデニム(ノンウォッシュ)、ウォッシュドデニム、ナチュラル、カーキの4種類用意されています。ポケットの仕切りは3つに分けられており、デザインだけでなく使い勝手も抜群。ガーデニング以外にも、DIYや軽作業など幅広い用途に使えます。

【4位】丈夫なキャンバス生地

tent-Mark DESIGNS キャンプエプロン サンド

tent-Mark DESIGNS キャンプエプロン サンド

キャンパス生地が使われている男女兼用タイプのエプロンです。体格に合わせて腰紐と首紐の長さを調節できるようになっています。生地が丈夫なので、庭作業だけでなく、キャンプをするときなどにも活躍しそうです。

カラーはサンド、ネイビー、ブラック、カーキの4色展開。キッズサイズもあるため、親子お揃いのエプロンをつけて家庭菜園などを楽しむのもいいですね。

【3位】収納抜群な大きなポケット付き

ガーデニング エプロン ACTIVE GARDENER...

ガーデニング エプロン ACTIVE GARDENER TOOL APRON

ガーデニングや洗車など、水を使う作業に適した水に強いエプロンです。本体部分には撥水生地が使用されており、少しの水がかかっても大丈夫。ウエスト部分はバックルで留めるタイプなので、作業中にほどける心配もありません。

大きめのポケットや鍵などをかけられるDカン、携帯電話のポケットなど、収納力も抜群。ファスナー付きのポケットもあるため、貴重品も落下せず安心して入れられます。
(※ベルト、ファスナー、パイピングには撥水加工がされていません)

【2位】ふんわり可愛いワンピースエプロン

ナチュラルギャザーエプロンワンピース

ナチュラルギャザーエプロンワンピース

ウエスト部分にギャザーが入った、ふんわりしたシュルエットのエプロンです。お庭での作業だけでなく、来客の際にも、生活感を感じさせず可愛く着こなせます。

綿100%なので吸水性がよく、肌触りもなめらかです。グレーとベージュのナチュラルカラーで、土の汚れが目立ちにくいのもポイントです。

【1位】動きやすいストレッチ素材

monkuwa(モンクワ) 綿ストレッチエプロンスカート

monkuwa(モンクワ) 綿ストレッチエプロンスカート

ストレッチのきいた動きやすい素材でできたエプロンスカートです。サイズが異なるポケットが複数ついているので、様々な大きさの小物が収納できます。カラーは、サンドベージュ、イエロー、カーキの3色で、バックル付きの腰紐には、シザーケースなどを通して使うことも可能です。

ウエストはスナップボタンで調節するタイプとなっているため、紐がほどけにくく、庭作業に集中できそうです。

自分好みのガーデンエプロンを選んで、楽しく作業しましょう!

 (13654)

機能やデザインなどにこだわった、様々なガーデンエプロンをご紹介しました。
自分の好みで選んだエプロンなら、庭作業もより楽しいものになることでしょう!

関連する記事 こんな記事も人気です♪

スプラウトとは?種類や栄養素は?栽培方法とレシピを覚えて、サラダだけじゃないレシピに挑戦しよう!

スプラウトとは?種類や栄養素は?栽培方法とレシピを覚えて、サラダだけじゃないレシピに挑戦しよう!

昔は「カイワレ大根」が代表だったスプラウト。最近では「ブロッコリースプラウト」など、ダイエット食材として注目を浴びています。今回はスプラウトの種類や栄養素、選ぶポイント、保存法、栄養を逃がさないレシピをご紹介します。美味しく食べて健康を維持しましょう!
11 view
毎日使うものだからきちんと選びたい!じょうろの紹介記事まとめ

毎日使うものだからきちんと選びたい!じょうろの紹介記事まとめ

じょうろは、ガーデニングや家庭菜園を始めるのに必要不可欠なものです。今回は過去の記事の中からじょうろに関する記事をまとめました。機能性重視のものや、デザインに特徴があるものなど豊富なラインナップです。毎日使うものだからこそこだわってみてはいかがでしょうか。
355 view
シャコバサボテンの育て方は?花が咲かないのは日当たりのせい?綺麗に花を咲かせるコツとは?

シャコバサボテンの育て方は?花が咲かないのは日当たりのせい?綺麗に花を咲かせるコツとは?

シャコバサボテンは冬に花を咲かせる植物です。赤やピンクの鮮やかな花は、冬の暗くなりがちな部屋を明るくしてくれます。シャコバサボテンは育てやすく、初心者にもおすすめ。今回はシャコバサボテンの水やりのポイントや、最適な置き場所、簡単な増やし方などをご紹介します。
1 view
冬の花といえばコレ!寒い冬でも育てられる冬の花18選!花言葉や育て方のポイントもご紹介

冬の花といえばコレ!寒い冬でも育てられる冬の花18選!花言葉や育て方のポイントもご紹介

「冬は庭に咲く花が少なくて、お庭や花壇が寂しい…。」そんなお悩みはありませんか?実は寒さに負けず、きれいな花を咲かせる植物は意外とたくさんあるんです。そこで今回は人気のシクラメンをはじめ、これからの季節に楽しめる耐寒性の強い花の品種と育て方、初心者にもおすすめのツールをご紹介します。
13 view
シクラメンの育て方!がら摘みや葉組みの仕方や花が咲き終わったあとの夏越しの方法などをご紹介

シクラメンの育て方!がら摘みや葉組みの仕方や花が咲き終わったあとの夏越しの方法などをご紹介

シクラメンは赤やピンクのきれいな花を咲かせる人気の品種です。冬の花のイメージが強いですが、上手に夏越しすれば翌年も立派な花をつけてくれます。育て方のポイントは、花が終わる頃のお手入れ。花がらの処理や葉組みの方法など、シクラメンの栽培について詳しくご紹介します。
72 view

この記事のキーワード