2018年10月17日 更新

ガーデニングのお役立ちアイテム!便利な鉢底石の使い方とコツをご紹介

鉢底石をご存知でしょうか?その名の通り、鉢の底に敷く石のことで、鉢植えやプランターに入れた土の水はけをよくするための園芸アイテムです。そこで今回は、鉢底石のメリットや商品を紹介します。

鉢底石の役割と正しい使い方とは

 (991)

鉢植え栽培を成功させる鉢底石の役割

鉢底石は主に軽石や黒曜石などからつくられています。
最近では、竹炭など石以外の素材を使用したものも多く見かけるようになりました。素材によっては、様々な機能を併せ持っているのが特徴です。

鉢底石は鉢の中の排水性や通気性をよくし、土の流失を防いでくれます。また、根腐れ防止にも効果的。使い終わった後は水洗いすれば繰り返し利用できるので、価格の面でも魅力です。

ただし、鉢やプランターに水はけに優れた培養土を入れた場合、鉢底石の必要はなさそうです。

鉢底石の使い方は?ちょっとの工夫で植物が元気に

鉢底石は植え付ける植物によって、入れる量を調整しましょう。
通常は鉢やプランターの底穴にネットを敷きます。その上から鉢底石を容器の1/5程入れておけばOK。
深めの鉢には1/3ぐらいまで入れても大丈夫ですよ。ただし、洋ランなどの水はけのよさを好む植物には、土の具合を見ながら量を調整します。
また、鉢底石をあらかじめ、ネットに入れて使うと便利です。

鉢の底に必要な分だけ入れるだけなので、作業が簡単。
植え替えや古くなった培養土と分けるのも役立ちそうですね。

室内からベランダ栽培まで活躍する鉢底石

鉢底石の分包がいっぱい入ってお得

自然応用科学 ネット入り 鉢底に入れる石 0.5L×10個

自然応用科学 ネット入り 鉢底に入れる石 0.5L×10個

小さな分包タイプです。
小中サイズの鉢植えに使いやすく、1袋に10セット入りなので価格も抑えられて経済的。
また、再利用の時にもネット入りなので、洗いやすいのもうれしいですね。

はじめて鉢底石を使う方も手軽に扱えます。

植物の酸素を供給してくれる鉢底石

自然応用科学 酸素を供給する小さな鉢底石 ネット分包 ...

自然応用科学 酸素を供給する小さな鉢底石 ネット分包 50ml×6個

4号からの鉢やミニプランターに最適なサイズの鉢底石。
酸素粒剤入りで、根に酸素を与えて根張りをよくする働きがあります。

扱いやすいので、室内での鉢替えも楽しくなりそうですね。

軽く手長持ちする鉢底石

プロトリーフ かる~い鉢底石 5L

プロトリーフ かる~い鉢底石 5L

とっも軽くて扱いやすいのが特徴的です。
高温で発泡させた黒曜石を使用しており、臭わず、無菌で清潔なのもポイント。
劣化しにくく、発泡した粒と粒の中から根に必要な酸素を与えてくれます。

使い終わった後は砕いて、培養土に混ぜてリサイクルできますよ。

いろいろな形の鉢・プランターに使える鉢底石

くりかえし使える鉢底石0.8リットル4個入り

くりかえし使える鉢底石0.8リットル4個入り

0.8リットル分の鉢底石がネットに入っています。
土と混ざることなく、何度でも洗って使えるので経済的ですね。

鉢だと6号~8号まで使用できます。

鉢底石を使って植物の育ちやすい環境をつくろう

 (1776)

鉢底石は土の排水性や通気性をよくしてくれるガーデニング必須用品です。
洗えば繰り返し使えるので、手も汚れず衛生的。

園芸に初めて挑戦するという方もぜひ使い方を覚えて、ガーデニングを楽しんでくださいね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

オリヅルランの育て方は?肥料や用土など、地植え・鉢植え・室内での水栽培もできるオリヅルランの栽培方法

オリヅルランの育て方は?肥料や用土など、地植え・鉢植え・室内での水栽培もできるオリヅルランの栽培方法

鮮やかな緑色の細長い葉っぱが放射状に伸びて広がるオリヅルラン。そのスタイリッシュな容姿と白く染まる斑入り葉がさわやかな雰囲気であることから定番のインテリアグリーンとして人気があります。一年中、緑の葉が楽しめ、育て方も簡単なので、とっても初心者向き。ちなみに、オリヅルランの花言葉は「守り抜く愛」。結婚し家族を持ち始めた人や子供が多くいる人に贈ると喜ばれる素敵な意味を持つ植物でもあるんですよ。
3,420 view
さくらんぼの木の育て方は?開花・剪定・収穫の時期・おすすめの肥料など、さくらんぼの栽培方法をご紹介

さくらんぼの木の育て方は?開花・剪定・収穫の時期・おすすめの肥料など、さくらんぼの栽培方法をご紹介

さくらんぼの旬の時期は、梅雨~初夏。サクランボは追熟しないので、一番おいしいタイミングで収穫される果物ですよ。小さい粒より大きい粒の方がおいしいといわれています。自宅で大粒の果実を収穫して、贅沢に味わってみませんか?
17,882 view
土の処分方法にお困りの方必見!簡単に土の再生ができる!土の再生材をご紹介

土の処分方法にお困りの方必見!簡単に土の再生ができる!土の再生材をご紹介

植物を育てた後の古い土をどうしていますか?そのまま新たに植物を育てているという方も多いのではないでしょうか?古い土は栄養分が少なくなり、細菌が繁殖してしまうため、古い土を使い続けると植物が元気に育たない事もあります。今お使いの土は、使いまわしで疲れていませんか?今回は簡単に土を再生する方法をご紹介します。
19,957 view
三つ葉(ミツバ)の栽培方法は?プランターや室内での水耕栽培で出来る三つ葉の育て方をご紹介

三つ葉(ミツバ)の栽培方法は?プランターや室内での水耕栽培で出来る三つ葉の育て方をご紹介

葉がみっつに分かれることから三つ葉と呼ばれ、日本ではやや湿り気のある明るい日陰などで自生しているのが見られる野草のひとつです。ミツバ独特の香りや風味、歯ざわりなどが長く親しまれてきました。香り野菜としてプランターなどに植え、自宅で少し栽培しておくと、便利でおすすめ。明るい日陰で管理すれば旺盛に生育するので肥料を切らさないよう注意するのがコツ。水耕栽培することもできるので家庭の窓辺などで栽培しても楽しいですね。
3,846 view
イチジク(無花果)は鉢植えで栽培できる?必要な肥料や収穫、剪定時期などいちじくの育て方をご紹介

イチジク(無花果)は鉢植えで栽培できる?必要な肥料や収穫、剪定時期などいちじくの育て方をご紹介

イチジクは放っておいても実がなるほど生育旺盛で、ガーデナー初心者が育てやすい果樹。完熟果はデリケートで流通が難しいため、流通しているのは完熟手前で収穫した果実。樹上で完熟果を収穫し味わえるのは家庭栽培ならではの楽しみです。収穫が始まると毎日少しずつ長期間採れるのもうれしいですね。
4,588 view

この記事のキーワード