2018年10月17日 更新

ガーデニングのお役立ちアイテム!便利な鉢底石の使い方とコツをご紹介

鉢底石をご存知でしょうか?その名の通り、鉢の底に敷く石のことで、鉢植えやプランターに入れた土の水はけをよくするための園芸アイテムです。そこで今回は、鉢底石のメリットや商品を紹介します。

251 view

鉢底石の役割と正しい使い方とは

 (991)

鉢植え栽培を成功させる鉢底石の役割

鉢底石は主に軽石や黒曜石などからつくられています。
最近では、竹炭など石以外の素材を使用したものも多く見かけるようになりました。素材によっては、様々な機能を併せ持っているのが特徴です。

鉢底石は鉢の中の排水性や通気性をよくし、土の流失を防いでくれます。また、根腐れ防止にも効果的。使い終わった後は水洗いすれば繰り返し利用できるので、価格の面でも魅力です。

ただし、鉢やプランターに水はけに優れた培養土を入れた場合、鉢底石の必要はなさそうです。

鉢底石の使い方は?ちょっとの工夫で植物が元気に

鉢底石は植え付ける植物によって、入れる量を調整しましょう。
通常は鉢やプランターの底穴にネットを敷きます。その上から鉢底石を容器の1/5程入れておけばOK。
深めの鉢には1/3ぐらいまで入れても大丈夫ですよ。ただし、洋ランなどの水はけのよさを好む植物には、土の具合を見ながら量を調整します。
また、鉢底石をあらかじめ、ネットに入れて使うと便利です。

鉢の底に必要な分だけ入れるだけなので、作業が簡単。
植え替えや古くなった培養土と分けるのも役立ちそうですね。

室内からベランダ栽培まで活躍する鉢底石

鉢底石の分包がいっぱい入ってお得

自然応用科学 ネット入り 鉢底に入れる石 0.5L×10個

自然応用科学 ネット入り 鉢底に入れる石 0.5L×10個

小さな分包タイプです。
小中サイズの鉢植えに使いやすく、1袋に10セット入りなので価格も抑えられて経済的。
また、再利用の時にもネット入りなので、洗いやすいのもうれしいですね。

はじめて鉢底石を使う方も手軽に扱えます。

植物の酸素を供給してくれる鉢底石

自然応用科学 酸素を供給する小さな鉢底石 ネット分包 ...

自然応用科学 酸素を供給する小さな鉢底石 ネット分包 50ml×6個

4号からの鉢やミニプランターに最適なサイズの鉢底石。
酸素粒剤入りで、根に酸素を与えて根張りをよくする働きがあります。

扱いやすいので、室内での鉢替えも楽しくなりそうですね。

軽く手長持ちする鉢底石

プロトリーフ かる~い鉢底石 5L

プロトリーフ かる~い鉢底石 5L

とっも軽くて扱いやすいのが特徴的です。
高温で発泡させた黒曜石を使用しており、臭わず、無菌で清潔なのもポイント。
劣化しにくく、発泡した粒と粒の中から根に必要な酸素を与えてくれます。

使い終わった後は砕いて、培養土に混ぜてリサイクルできますよ。

いろいろな形の鉢・プランターに使える鉢底石

くりかえし使える鉢底石0.8リットル4個入り

くりかえし使える鉢底石0.8リットル4個入り

0.8リットル分の鉢底石がネットに入っています。
土と混ざることなく、何度でも洗って使えるので経済的ですね。

鉢だと6号~8号まで使用できます。

鉢底石を使って植物の育ちやすい環境をつくろう

 (1776)

鉢底石は土の排水性や通気性をよくしてくれるガーデニング必須用品です。
洗えば繰り返し使えるので、手も汚れず衛生的。

園芸に初めて挑戦するという方もぜひ使い方を覚えて、ガーデニングを楽しんでくださいね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

プランターでも出来るきゅうりの育て方とは?ベランダ栽培・支柱・水やり・病気対策・おすすめ肥料もご紹介

プランターでも出来るきゅうりの育て方とは?ベランダ栽培・支柱・水やり・病気対策・おすすめ肥料もご紹介

きゅうりのシャキシャキの歯触りとみずみずしさは鮮度が命!家庭菜園で採れたてを味わいましょう。一日で果実が3cm以上伸びるほど生育旺盛。育てやすく、花が咲いて1週間で収穫でき、次々実をつけるので手間いらず。早めに収穫するとやわらかくておいしく、株が疲れません。
113 view
オクラの栽培方法は?種まき・収穫や肥料・用土、気をつけたい病気・害虫などオクラの育て方

オクラの栽培方法は?種まき・収穫や肥料・用土、気をつけたい病気・害虫などオクラの育て方

沖縄や鹿児島など暖かい地方で育てられる夏野菜の代表格オクラ。実は家庭菜園初心者向きで、ベランダのプランターでも手軽に育てられるんです。そして食物繊維が豊富で、ビタミンB1・カルシウム・鉄など栄養満点。今年はオクラを育てて、オクラの葉のように元気にいきましょう!
63 view
育苗(いくびょう)とは?育苗箱や育苗ポットはどう使う?丈夫な苗を育てるポイントとは?

育苗(いくびょう)とは?育苗箱や育苗ポットはどう使う?丈夫な苗を育てるポイントとは?

家庭菜園に挑戦したいと思っても、種から野菜を育てるのは、意外と難しいもの。そこで、初心者の方にもおすすめなのが、育苗をしてから野菜を育てる方法です。ここでは、初めて育苗に挑戦する方向けに、育苗に必要な道具や手順、丈夫な苗を育てるポイントをご紹介します。
97 view
寒さに強いデンドロビウム(デンドロビューム)の育て方!植え替えや花がら摘み、高芽処理の方法までご紹介

寒さに強いデンドロビウム(デンドロビューム)の育て方!植え替えや花がら摘み、高芽処理の方法までご紹介

色合いが美しいデンドロビウム(デンドロビューム)。洋ランの一種で、たくさん花を咲かせるため、鉢植えとしても人気があります。丈夫で育てやすく、冬も株が凍らない限り枯死することがありません。今回はデンドロビウムの代表種であるノビル系の水やりや植替え、肥料の与え方などを紹介します。
212 view
冬の人気植物クレマチス(冬咲き)の育て方!剪定や挿し木、植え替えや増やし方もご紹介

冬の人気植物クレマチス(冬咲き)の育て方!剪定や挿し木、植え替えや増やし方もご紹介

冬の人気植物のひとつ「クレマチス(冬咲き)」。クレマチスはさまざまな品種があり、寒さに強い冬咲きの品種を選べば冬でもたくさんの花が咲き、枝咲きの花が、「さみしい冬の庭を華やかに彩ってくれます。鉢植えやコンテナに寄せ植えして楽しむのも手軽でおススメです。
607 view

この記事のキーワード