2018年10月23日 更新

種から育てる野菜に作りに挑戦しよう!育苗に便利なアイテムまとめ

家庭菜園を始めたら挑戦したいのが苗づくりです。育苗には、畑に直接種を蒔く方法と、ポットで苗を育ててから畑に植え付ける方法があります。今までは園芸店などで苗を購入していた方も、そろそろ苗づくりから始めてみませんか?育苗に便利なアイテムをご紹介します。

1,178 view

種から野菜を育てる!ポイントは3つ

 (16478)

苗を種から育てようとして失敗した経験を持つ方は多く、家庭菜園自体に興味を無くしてしまうことがあるようです。種を蒔いても芽が出なかったり、弱々しく育った苗を見たりすると、悲しくなる気持ちも分かります。

苗は植物の子どもとも言えるデリケートなもの。環境を整え、きちんと管理をし続ければ期待に応えてくれる苗も多くなります。そのために必要なポイントは3つです。

1.水はけの良い土を使う

苗を育てる際に必要な土は、水はけが良く殺菌された土を使いましょう。市販の「種まき用の培養土」を使うと心配がないでしょう。

2.寒さや強い日差しから守る

春夏野菜を作るとき、3~4月という気候が安定しない時期に種まきをします。朝晩は冷え込み、日中は日差しが強い日もあるでしょう。苗は環境の変化に敏感です。しっかり守ってあげましょう。

3.水の管理

あげすぎもダメ、少なすぎてもダメ、という微妙な調節を必要とするのが水やりです。定期的に水を上げるのではなく、土の表面が乾いたらたっぷりあげる、というように、苗を観察し続けることが大切です。

卵パックを利用した育苗

 (16477)

家庭にある卵パックを利用して育苗することができます。

パックの下に排水用の穴をあけ、水はけの良い土を入れてから種を蒔いていきます。種が移動しないように霧吹きで水を少しずつ与えましょう。フタをしめればミニ温室の状態になり、発芽しやすくなります。

透明の卵パックの下を見たときに、根が確認出来たら畑に植え替えていきましょう。

育苗おすすめアイテム

エコ重視のジフィーストリップ

サカタのタネ 鉢 ジフィーストリップ 角型5cm 12連5入

サカタのタネ 鉢 ジフィーストリップ 角型5cm 12連5入

卵パックのような形状の育苗ポットです。窪みに培養土を入れ、種を蒔きましょう。乾燥・加湿・寒さ暑さに注意しながら育てていくと、育った根がジフィーストリップを貫通してくるのが分かります。根が確認出来たら1つずつ切り離し、ジフィーストリップごと畑に植えていきましょう。

植え替え時のような環境の変化が少ないので苗はストレスなく育つでしょう。ジフィーストリップはそのまま土にかえる素材なので、安心して植えてください。

苗をしっかりガードする花の種子成長ボックス

種まきハウス

種まきハウス

寒さからしっかり守れるように専用の透明カバーが付いています。

苗の成長をしっかりと見守れる成長ボックスです。

簡単便利!水でふくらむタネまき土ポット

サカタのタネ  水でふくらむタネまき土ポット 42mm...

サカタのタネ 水でふくらむタネまき土ポット 42mm 12個入

水で膨らませたポットに種を蒔くだけなので、手や周囲を汚すことなく苗作りを始められる簡単便利なアイテムです。土ポットは始めからph調整済の土でできており、育苗に適したポットになっています。
根が出てきたらそのまま畑に植えることができるので、根を傷めることなく成長させられます。

おすすめは育苗ポットからの野菜作り

 (16479)

畑に直接種を蒔けば植え替えの必要はなくなりますが、苗になるまでの管理が大変です。雨で流されたり害虫の被害に遭ってしまったり、と目が離せません。その点、育苗ポットなら移動が簡単なので寒さから守ることができ水の管理もしやすく、種を健全に育てやすくなります。

種から苗を育てると、それだけ愛情も深くなります。この機会に育苗から始めてませんか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ほうれん草は茹で方が大事!ほうれん草栽培に挑戦して、新鮮なほうれん草レシピを作ってみよう!

ほうれん草は茹で方が大事!ほうれん草栽培に挑戦して、新鮮なほうれん草レシピを作ってみよう!

スーパーで1年中手軽に購入可能で、冷凍物も出回っている、ほうれんそう。栄養価の高い、緑黄色野菜の1つで、使い勝手の良い野菜のため、冷蔵庫に常備しておきたい野菜の1つなのではないでしょうか。そんなほうれんそうの驚きのゆで方からおすすめレシピまでご紹介します。
8 view
ハーブの代表格セージ!セージの育て方を覚えて料理に使おう!セージの使い方、レシピをご紹介

ハーブの代表格セージ!セージの育て方を覚えて料理に使おう!セージの使い方、レシピをご紹介

ハーブの代表格「セージ」は、爽やかな強い香りが特徴的なハーブです。鮮やかなブルーの花をつけるラベンダーセージなど、観賞用としても人気の高いハーブですが、実は食べられる品種もあります。そんな料理のアクセントにぴったりのセージを使った、おいしいレシピのご紹介です。
6 view
空芯菜(クウシンサイ、エンサイ)の栽培方法は?種まき・収穫時期や肥料・用土など空心菜の育て方

空芯菜(クウシンサイ、エンサイ)の栽培方法は?種まき・収穫時期や肥料・用土など空心菜の育て方

暑さに強く、手間をかけずとも葉が茂り、初夏~秋まで収穫できるクウシンサイは初心者向きの野菜のひとつ。そのうえ栄養価が高く、ビタミンCやカロテン、鉄分、カリウムが豊富。なかでも鉄分を多く含み、疲労回復に効果的とか。クウシンサイで、夏バテ予防のレシピを作ってみては?
37 view
唐辛子(トウガラシ)の栽培は種から?苗から?植え付け・収穫時期や水やり、肥料・用土などとうがらしの育て方

唐辛子(トウガラシ)の栽培は種から?苗から?植え付け・収穫時期や水やり、肥料・用土などとうがらしの育て方

刺激的な辛さのあるハバネロなど、辛みのある仲間を総称して唐辛子(トウガラシ)と呼ばれています。辛みのないピーマンやパプリカ、シシトウなどは甘唐辛子(sweet pepper)と呼んで区別されています。高温多湿の日本の夏にも耐える夏野菜の代表格で、ビタミン類やカプサイシンなどの栄養を含み、香辛料や野菜として活躍してくれます。初心者でも育てやすい野菜のひとつなので、庭やベランダでひと株、プランターなどで栽培してみては。
165 view
ピーマンの栽培はプランターで苗からがおすすめ?収穫時期や水やり、肥料・用土などピーマンの育て方

ピーマンの栽培はプランターで苗からがおすすめ?収穫時期や水やり、肥料・用土などピーマンの育て方

日本では辛みのないトウガラシの仲間を甘トウガラシ=ピーマンと呼んでいます。熱帯原産で暑さに強く、日本の夏も旺盛に生育して次々と収穫できます。日当たりと水はけのよい環境なら病害虫も少なく、初心者でもプランターなどで手軽に栽培が楽しめます。カロテンやビタミン類が多く、健康野菜としても人気のピーマン。無限ピーマンなどおいしいレシピも多いですね。5月に苗を購入して植えつければ、6月には収穫できはじめ、10月頃まで長期間収穫できます。
177 view

この記事のキーワード