2018年12月18日 更新

オリーブの木の育て方を覚えよう!オリーブの実を栽培し、おすすめレシピをつくってみよう!

オリーブオイルとして利用されるイメージが強いオリーブの実ですが、ヨーロッパなどでは、実をそのまま塩漬けにして料理に使うこともポピュラーです。オレイン酸を多く含むオリーブは、美容と健康の頼もしい味方!そんなオリーブを使った、おすすめレシピをご紹介します。

オリーブの旬と食べられる実の種類

 (15498)

オリーブの実は、グリーンオリーブとブラックオリーブの2種類があります。これは品種の違いではなく、収穫のタイミングの違いによって決まります。
つまり、グリーンオリーブはまだ熟す前の若い実のこと、ブラックオリーブは完熟した実のことを言います。それぞれに旬(収穫時期)が異なり、グリーンオリーブは9~10月頃、ブラックオリーブは12月頃です。

オリーブの実は種類によって、オリーブオイルに最適なものと、実のまま塩漬けなどにして食べるのに向いているものがあります。
オリーブの実をそのまま味わうのに向いている品種は、マンザニロ、チプレッシーノ、ミッションなどです。ただし、オリーブは自家受粉ができないため、1本の木だけでは実はつかず、実をつけたい場合には2種類以上のオリーブの木を植える必要があります。

オリーブの栄養価は?

 (15499)

オリーブは「オレイン酸」を多く含むことで、よく知られています。
このオレイン酸は、体内の悪玉コレステロールを減らす働きがあり、血液をサラサラにする効果を期待できます。それにより、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの予防にも効果があると言われています。

また、オレイン酸は抗酸化作用があるため、オリーブを積極的に食事に取り入れることは、ガンなどの生活習慣病の予防にも効果を期待できるのです。
そのほか、オリーブにはビタミンEや複数のポリフェノールも含まれています。これらは「若返り成分」と言われるほど、強い抗酸化作用があります。細胞の老化を防いでくれるため、アンチエイジング効果が期待できます。

オリーブの下処理と保存方法

 (15500)

オリーブの実は渋みが強いため、食べる前にまず渋抜きをする必要があります。
渋抜きの方法はいくつかありますが、ここでは家庭でも簡単にできる「塩漬け」による渋抜きの方法をご紹介します。

オリーブの塩漬けの仕方

【用意するもの】
オリーブの実   
塩 
密閉容器

【手順】
1. オリーブの実をよく洗います。
2. 密閉容器にオリーブと塩を入れます。オリーブ1kgに対し、100~200gの塩が目安です。
3. 2を冷蔵庫で4ヵ月~半年ほど寝かせます。

できあがったオリーブの塩漬けは、梅干しのようにしわしわになります。食べる時に塩抜きが必要です。

【塩抜きの方法】
1. 食べる分だけオリーブの塩漬けを取り出し、水洗いします。
2. 2~3%の食塩水を作り、1を浸します。
3. 冷蔵庫で3日~1週間ほど置くと塩抜きができます。

※オリーブを漬ける食塩水の水温によって、塩抜きにかかる日数が変わってきます。水温が高めだと、より早く塩抜きができます。

塩漬けオリーブを上手く活用しよう

塩漬けオリーブはそのまま食べても美味しいですが、塩分が強いため、食べ過ぎないよう注意が必要です。
しっかりとした塩味がつくため、調味料がわりに使うこともおすすめです。料理に塩味だけでなく、フルーティーな香りもプラスしてくれるため、ワンランク上の風味になります。塩漬けオリーブを上手く活用して、美味しく健康的なメニューを作りましょう。

オリーブを使ったおすすめレシピ

オリーブのキッシュタルト

画像はイメージです

画像はイメージです

【材料6個分】
グリーンオリーブの塩漬け:18個
ブロッコリー:4~5房
ベーコン:70g
市販のタルト型:6個
パルメザンチーズ:適量

<キッシュ生地>
卵:1個
牛乳:100cc
顆粒コンソメ:小1/2
黒こしょう:適量
       
【作り方】
1. ベーコンをサイコロ切りにし、フライパンで炒めます。
2. ブロッコリーは軽く塩ゆでし、1口サイズに分けておきます。
3. タルト型に、ベーコン、ブロッコリー、オリーブを入れます。
4. キッシュ生地を全て混ぜ合わせ、タルト型に等分にして流し入れます。
5. パルメザンチーズをかけ、170度のオーブンで50分ほど焼いて完成です。

オリーブカプレーゼサラダ

画像はイメージです

画像はイメージです

【材料2人分】
グリーンオリーブの塩漬け:5個
ブラックオリーブの塩漬け:5個
リーフレタス:4~5枚
ミニトマト:8個
サラダ玉ねぎ:1/6個
アボカド:1/2個
モッツァレラチーズ:100g(お好みで違うチーズでもOK)
フレッシュバジル:4~5枚
オリーブオイル
黒こしょう

【作り方】
1. 食材を食べやすい大きさにカットします(ミニトマト:半分、チーズ、アボカド:サイコロ、サラダ玉ねぎ:スライス)
2. サラダボウルにレタス、サラダ玉ねぎ、チーズ、ミニトマト、アボカド、オリーブを入れます。
3. 黒こしょう、オリーブオイルを適量かけ、バジルを飾って出来上がり。

※塩漬けオリーブとチーズの塩味だけでも美味しいですが、味が足りない方はお好みで塩をかけると良いでしょう。

塩漬けオリーブが香るアクアパッツァ

画像はイメージです

画像はイメージです

【材料2~3人分】
鯛:1尾
(鯛や赤魚の切り身でもOK)
塩漬けオリーブ:10個
あさり:200g
ミニトマト:10個
玉ねぎ:1/4個
にんにく:1片
白ワイン:大2
イタリアンパセリ:適量
タイム、オレガノなどハーブ
オリーブオイル
塩、黒こしょう

【作り方】
1. 鯛はキッチンペーパーで水気をよく拭いてから包丁でXの切り込みを入れます。ハーブ、塩、黒こしょうを揉み込んで20分ほどなじませます。
2. フライパンにオリーブオイルを熱し、みじん切りにしたニンニク、玉ねぎを入れ香りをつけます。
3. 2のフライパンへ鯛、半分に切ったミニトマト、あさり、オリーブ、水1/2カップ(分量外)、白ワインを加えます。
4. ふつふつと煮立ってきたら、ふたをして弱火にし5分ほど蒸します。
5. お好みで塩こしょうで味を整え、イタリアンパセリを散らして飾れば完成です。

オリーブを食べて健康美人を目指そう!

 (15505)

オリーブは、健康にも美容にも、優れた効果が期待できる「天然のサプリメント」のような食材です。毎日の食事にプラスして、より若々しく、美しく、健康的になりましょう。ただし、脂質にあたるため、摂りすぎには用心してくださいね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

おしゃれで大型だから寄せ植えに最適!腐るデメリットを解決した防腐仕様のウッドプランターをご紹介

おしゃれで大型だから寄せ植えに最適!腐るデメリットを解決した防腐仕様のウッドプランターをご紹介

木で作られた「ウッドプランター」はデザイン性が高く、木ならではの通気性・吸湿性によって温度管理がしやすいなど機能性も抜群で、ガーデナーたちから人気のガーデニングアイテムの一つです。今回は、ウッドプランターのメリットやおすすめ商品をご紹介します。
2,229 view
枝豆の栽培方法とは?摘心、水やり、水耕栽培、支柱、害虫病気対策など、枝豆の育て方をご紹介!

枝豆の栽培方法とは?摘心、水やり、水耕栽培、支柱、害虫病気対策など、枝豆の育て方をご紹介!

「必ず訪れる幸福」「親睦」という花言葉を持つ枝豆。実は日本が食としての「枝豆」の発祥地であり、古き良き時代から愛されていた枝豆は、カルシウムやビタミン類・食物繊維も含むほど栄養満点で、品種も400種以上という豊富さです。そんな枝豆をご自宅で育ててみませんか?
28,208 view
ほうれん草は茹で方が大事!ほうれん草栽培に挑戦して、新鮮なほうれん草レシピを作ってみよう!

ほうれん草は茹で方が大事!ほうれん草栽培に挑戦して、新鮮なほうれん草レシピを作ってみよう!

スーパーで1年中手軽に購入可能で、冷凍物も出回っている、ほうれんそう。栄養価の高い、緑黄色野菜の1つで、使い勝手の良い野菜のため、冷蔵庫に常備しておきたい野菜の1つなのではないでしょうか。そんなほうれんそうの驚きのゆで方からおすすめレシピまでご紹介します。
80 view
ハーブの代表格セージ!セージの育て方を覚えて料理に使おう!セージの使い方、レシピをご紹介

ハーブの代表格セージ!セージの育て方を覚えて料理に使おう!セージの使い方、レシピをご紹介

ハーブの代表格「セージ」は、爽やかな強い香りが特徴的なハーブです。鮮やかなブルーの花をつけるラベンダーセージなど、観賞用としても人気の高いハーブですが、実は食べられる品種もあります。そんな料理のアクセントにぴったりのセージを使った、おいしいレシピのご紹介です。
278 view
唐辛子(トウガラシ)の栽培は種から?苗から?植え付け・収穫時期や水やり、肥料・用土などとうがらしの育て方

唐辛子(トウガラシ)の栽培は種から?苗から?植え付け・収穫時期や水やり、肥料・用土などとうがらしの育て方

刺激的な辛さのあるハバネロなど、辛みのある仲間を総称して唐辛子(トウガラシ)と呼ばれています。辛みのないピーマンやパプリカ、シシトウなどは甘唐辛子(sweet pepper)と呼んで区別されています。高温多湿の日本の夏にも耐える夏野菜の代表格で、ビタミン類やカプサイシンなどの栄養を含み、香辛料や野菜として活躍してくれます。初心者でも育てやすい野菜のひとつなので、庭やベランダでひと株、プランターなどで栽培してみては。
933 view

この記事のキーワード