2018年10月10日 更新

袋が鉢に早変わり⁉鉢がなくてもそのまま植付できる便利な土【厳選6品】

プランターや鉢を使用せずに植物を栽培する「袋栽培」は人気の栽培方法の一つでしたが、最近では、もっと手軽に袋栽培を楽しむことができる”袋ごと使える土”が大人気なのをご存知ですか?今回は袋栽培のメリットや袋ごと使える便利な土についてご紹介します。

3,852 view

家庭菜園に手間をかけたくない人におすすめな土

 (3160)

家庭菜園やガーデニングをするときは、土を袋から出してプランターや鉢、花壇などに移してから植え付けるという方が多いかもしれませんが、あまり手間をかけたくない方には”袋ごと使える土”を使った「袋栽培」という方法もおすすめです。

袋栽培とは、鉢やプランターの代わりに袋を用いて栽培する方法です。
おしゃれな袋を別途用意する方もいますが、最近では土の入った袋をそのままプランターや鉢として利用できる商品も多く販売されているので、手間やコストをかけたくない人にはおすすめです。
袋栽培は、手間やコストがかからない他にも以下のようなメリットがあります。

・手軽に始めることができるため初心者でも安心
・場所を取らないため、玄関先やマンションのベランダ、屋上などの狭いスペースでもOK
・大型の鉢やプランターになると重たいのがデメリットとなる一方、袋栽培の場合は袋なので重たくならず移動もさせやすい
・収穫後の片付けや袋の移動も手軽にできる

反面、袋栽培のデメリットとしては、鉢のような重さがないので、強風がふくと倒れてしまう可能性があります。風が強いなという日には、風を避けられる場所に移動させましょう。

では、実際にどのような商品が販売されているのでしょうか。
おすすめの袋ごと使える土をご紹介します。

おすすめの袋のまま使える土【厳選6商品】

人気のトマトが簡単につくれます!

カゴメ そのまま育てるトマトの土 15L

カゴメ そのまま育てるトマトの土 15L

トマトといえば、カゴメ!ですよね。
カゴメがトマトをおいしく育てる為の土を販売しているんです。
こちらはプランターを用意しなくても、そのままトマトを育てられます。

好きなトマトの苗をホームセンターで購入して、あとはこの袋で植えるだけ!
肥料も配合されているので、水やりだけでトマトが育ちますよ。

苗が伸びると支柱が必要なので、支柱は別途用意くださいね。

これさえあれば美味しい自家製いちごが作れる培養土

デルモンテ キッチンガーデン培養土 イチゴ用 12L

デルモンテ キッチンガーデン培養土 イチゴ用 12L

水だけを与えればいちごが十分育つようにいちご栽培に適した肥料を含んだ培養土です。
培養土をお好みのプランターに移して苗を植え付ける方法もありますが、袋の裏面に穴をあけて袋をそのままプランターにして栽培することもできます。

ゴーヤ型の袋でゴーヤの栽培から収穫まで手軽に楽しめる!

こちらは、袋のまま育てられるゴーヤ型の培養土で気軽にゴーヤを育てることができる商品です。

培養土なので肥料も用意しなくてOK!(場合によっては追肥は必要となるかもしれません)
さらに袋ごと使えるので、自宅にプランターや鉢がなくても、袋の底部に穴をあけてゴーヤ苗を植えるだけで簡単に家庭菜園を楽しむことができます。

これならちょっとしたスペースがあれば、ゴーヤの栽培から収穫まで楽しむことができるので、初心者にもおすすめ商品です!
プロトリーフ 袋のまま育てられる ゴーヤDEゴーヤ培養...

プロトリーフ 袋のまま育てられる ゴーヤDEゴーヤ培養土 約20L

初心者でも簡単!自宅で美味しいジャガイモが作れる培養土

プロトリーフ ジャガINじゃが培養土

プロトリーフ ジャガINじゃが培養土

ジャガイモ用培養土です。
使用方法はゴーヤと同じで、袋の底部に穴をあけて種イモを植えるだけで簡単に家庭菜園を楽しむことができます。

ジャガイモも初心者が簡単に育てることができる野菜の一つ。
実が十分育つ肥料が配合されているので、水やりだけで大丈夫ですよ。

ダイコンの種と土がセットになった袋栽培用キット

花ごころ びっくり大根小太りくん袋栽培セット 用土2L...

花ごころ びっくり大根小太りくん袋栽培セット 用土2L+種 だいこん 種 袋栽培

ダイコンの種と土がセットになった袋栽培用キットです。
比較的コンパクトなサイズ感なので、狭いスペースで袋のまま栽培できるのが便利。
土には肥料が入っているので、最初の段階で肥料を準備する必要がなく、家にあまり家庭菜園やガーデニンググッズがないという方にもおすすめです。

流行りのパクチーも袋で簡単に自家栽培できる栽培キット

ハナゴコロ WeLoveパクチー袋栽培セット 用土2L+種

ハナゴコロ WeLoveパクチー袋栽培セット 用土2L+種

パクチーの種と土がセットになった袋栽培用キットです。
流行りのパクチーですが、なかなかスーパーに置いてないなんてことも。
袋栽培なら場所も取らず準備もほとんど必要ないので、初心者でもすぐに自家栽培にチャレンジできます。自家栽培しておけば、いつでも美味しいパクチーが頂けるのでパクチー好きにはおすすめですよ!

手軽な袋栽培にはメリットがたくさん!

 (3188)

袋栽培にはたくさんのメリットがあることがわかりましたね。
今回ご紹介した商品のように、袋ごと使える培養土も最近ではたくさん販売されています。
是非、袋栽培にチャンレンジしてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

三つ葉(ミツバ)の栽培方法は?プランターや室内での水耕栽培で出来る三つ葉の育て方をご紹介

三つ葉(ミツバ)の栽培方法は?プランターや室内での水耕栽培で出来る三つ葉の育て方をご紹介

葉がみっつに分かれることから三つ葉と呼ばれ、日本ではやや湿り気のある明るい日陰などで自生しているのが見られる野草のひとつです。ミツバ独特の香りや風味、歯ざわりなどが長く親しまれてきました。香り野菜としてプランターなどに植え、自宅で少し栽培しておくと、便利でおすすめ。明るい日陰で管理すれば旺盛に生育するので肥料を切らさないよう注意するのがコツ。水耕栽培することもできるので家庭の窓辺などで栽培しても楽しいですね。
41 view
唐辛子(トウガラシ)の栽培は種から?苗から?植え付け・収穫時期や水やり、肥料・用土などとうがらしの育て方

唐辛子(トウガラシ)の栽培は種から?苗から?植え付け・収穫時期や水やり、肥料・用土などとうがらしの育て方

刺激的な辛さのあるハバネロなど、辛みのある仲間を総称して唐辛子(トウガラシ)と呼ばれています。辛みのないピーマンやパプリカ、シシトウなどは甘唐辛子(sweet pepper)と呼んで区別されています。高温多湿の日本の夏にも耐える夏野菜の代表格で、ビタミン類やカプサイシンなどの栄養を含み、香辛料や野菜として活躍してくれます。初心者でも育てやすい野菜のひとつなので、庭やベランダでひと株、プランターなどで栽培してみては。
165 view
ひまわり(向日葵)の育て方は?種まき・植え付け時期や水やり、肥料・用土などヒマワリの栽培方法

ひまわり(向日葵)の育て方は?種まき・植え付け時期や水やり、肥料・用土などヒマワリの栽培方法

夏の訪れとともに太陽のような花を咲かせるひまわりは、北アメリカ原産で60種類以上の野生種があるといわれています。一般的な黄色の花色のもののほかにオレンジやレモン、なかにはチョコレート色のものもあります。花の大きさも小輪のものから大輪のものまで。一重咲き、八重咲きもありさまざまな品種が揃います。草丈も30㎝のものから3mを超えるものまであり、育てる場所に合わせて選べます。
2,345 view
ピーマンの栽培はプランターで苗からがおすすめ?収穫時期や水やり、肥料・用土などピーマンの育て方

ピーマンの栽培はプランターで苗からがおすすめ?収穫時期や水やり、肥料・用土などピーマンの育て方

日本では辛みのないトウガラシの仲間を甘トウガラシ=ピーマンと呼んでいます。熱帯原産で暑さに強く、日本の夏も旺盛に生育して次々と収穫できます。日当たりと水はけのよい環境なら病害虫も少なく、初心者でもプランターなどで手軽に栽培が楽しめます。カロテンやビタミン類が多く、健康野菜としても人気のピーマン。無限ピーマンなどおいしいレシピも多いですね。5月に苗を購入して植えつければ、6月には収穫できはじめ、10月頃まで長期間収穫できます。
177 view
シソ(紫蘇)の育て方は?収穫時期や水やり、害虫・用土・肥料など鉢植えでも楽しめるしその栽培方法

シソ(紫蘇)の育て方は?収穫時期や水やり、害虫・用土・肥料など鉢植えでも楽しめるしその栽培方法

古くから栽培され、薬用としても親しまれてきたシソは、香味野菜として身近で栽培したい野菜のひとつです。一般的な緑色の葉の青ジソと紫色の葉の赤ジソがあり、葉の表面が平らな平葉種とちりめん種があります。スーパーの店先では青ジソを大葉と呼び販売されています。春に植えつけ、育った葉を順々に収穫すれば、初夏から秋まで、和食はもちろんパスタなど、いろいろな料理に添えて楽しめます。秋、花穂が伸びて白や紫の小さな花をつけますが、この若い花穂や成熟前の果実も食用にでき、飾り付けに利用できます。
271 view

この記事のキーワード