2018年11月19日 更新

土の処分方法にお困りの方!簡単にプランターや植木鉢の土の再生ができる!おすすめの土の再生材をご紹介

植物の元気が無いなと思うことはありませんか?その時に注意したいのが土。植物は土に力がないと、きちんと根付いてくれません。今お使いの土は、使いまわしで疲れていませんか?今回は簡単なリサイクル法をご紹介します。

1,435 view

古い土では生育が悪い?再生させれば元気で安心

 (1137)

長くガーデニングをしていると、「土が硬くなってきた」と感じることがあるでしょう。これは、土の粒が小さくなって、土同士の間が狭くなっている証拠です。固まった土を使っていると水はけが悪くなり、根が呼吸できなくなります。根の生育が悪くなれば、植物自体の生命を脅かす恐れがあります。

そんな時には、水はけがよく通気性が良い土へと植え替えてあげることが第一です。しかし、プランターや鉢で植物を育てていると、古い土の処分に困ることがあります。できれば、古い土を再利用して使いたいですよね。

では、古い土を再生させてしまいましょう!排水性・通気系を持ち、保肥性・保水性を保つ土に蘇らせることができれば、植物がより元気に育つでしょう。

土の再生方法、ステップは3つ!

 (1138)

1.古い葉や根、不純物をフルイにかけて取り除く
古い土をビニールシートなどに広げ見てみると、葉っぱや根、虫が混ざっています。フルイなどを使用して、取り除いておきましょう。

2.太陽光で病原菌を退治・消毒
土にウィルスやカビなどが残っている場合があります。不純物を取り除いた土は、黒いビニール袋に入れて2週間ほど密閉。太陽光で蒸され、消毒効果が高まります。

3.堆肥や培養土を混ぜて栄養補給
清潔な土が出来上がったら、植物を育てるための栄養を与えてあげましょう。

この3つのポイントで古い土は再生できます。不純物を取り除いたり、消毒したりと多少の手間はかかりますが、新しい土を購入し運ぶ大変な作業からは解放されます。エコの観点からも古い土の再生はおすすめですよ!

なお、土留めを使用している場合には、土留めについた土も綺麗にはらいましょう。

土壌改良のおすすめ商品

土壌改良はおまかせ! らくらく土の改良材

花ごころ  らくらく土の改良材 緑袋 5L

花ごころ  らくらく土の改良材 緑袋 5L

撒くだけで土壌改良効果と肥料効果が1度に得られる便利な土壌改良剤です。植物の植え替え作業のタイミングで使用すれば、長期にわたり植物に栄養を補給してくれます。混ぜ込むだけなので、簡単に使用できます。

コーヒーから生まれたリサイクル材

プロトリーフ 土のリサイクル材コーヒーの恵み/10L

プロトリーフ 土のリサイクル材コーヒーの恵み/10L

コーヒーから生まれた、臭いが気にならないリサイクル材です。菌根菌配合なので、害虫に強いから
室内の植物にも安心して使えます。

追肥としても使える再生材!

ゴールデン粒状培養土  土の再生材 20L

ゴールデン粒状培養土 土の再生材 20L

通気性や水はけが悪くなったら、植え替え時に混ぜ込みましょう。古い土を再生させながら栄養を与えることができる再生材です。追肥としても使える便利な再生材です。

弱った土に混ぜるだけ!

プロトリーフ 古い土の再生材 12L

プロトリーフ 古い土の再生材 12L

好気性微生物を豊富に含んだ再生材です。使い古した土に混ぜ込むだけで、弱った土をふかふかの土にしてくれます。

土の世界は奥が深い!

 (1139)

ホームセンターのガーデン関連売り場に行くと、様々な土が並べられています。赤玉土・黒土・腐葉土・ピートモス・バーミキュライト…。何を選んでいいのか分からない!という方も多いのではないでしょうか?

そういったときには、迷わず店員さんに相談しましょう。知識が豊富な店員さんがアドバイスをしてくれるところが多くなっています。おすすめ品や売れ筋などを聞くだけでも参考になるでしょう。

そのように選び抜いた土でも、いつかは古い土になっていきます。そんなときこそ、このリサイクル術が役に立ちます。土は生き返らせることができるので、育てている植物に合わせて挑戦してみてください。
最初の土作りだけでなく、再生にも目を向けてみましょう!

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大根(ダイコン)の栽培方法は?種まき・収穫時期や肥料、害虫・病気など、種類豊富な大根の育て方をご紹介

大根(ダイコン)の栽培方法は?種まき・収穫時期や肥料、害虫・病気など、種類豊富な大根の育て方をご紹介

全国各地にいろいろな地方品種があり、日本人に古くから親しまれている根菜の大根。ビタミンB、C、D、Eなど、さまざまな栄養を含む健康野菜としても知られています。根だけでなく葉も食べられ、捨てるところがありません。クセがないので、自分で栽培してさまざまな料理に活用して味わいたいものですね。
150 view
リーフレタスの栽培方法は?プランターで種から栽培!収穫後すぐにサラダに使えるリーフレタスの育て方をご紹介

リーフレタスの栽培方法は?プランターで種から栽培!収穫後すぐにサラダに使えるリーフレタスの育て方をご紹介

レタスのように結球しないやわらかな葉肉が特徴のリーフレタス。サンチュやサラダ菜など多くの仲間があります。葉先がフリルのようになり、ふんわりとした食感とボリュームがあり、ビタミンCはもちろん、ビタミンEやカロテン、ミネラルなども豊富に含まれています。大きくわけて全葉がグリーンでほのかな苦みのある「グリーンリーフ」と、葉先だけ濃い紫色で苦みの少ない「サニーレタス」があります。
31 view
モンステラの育て方は?挿し木や水やり、肥料・用土など鉢植えでできるインテリアにも人気なモンステラの栽培方法

モンステラの育て方は?挿し木や水やり、肥料・用土など鉢植えでできるインテリアにも人気なモンステラの栽培方法

深い切れ込みや穴のある独特の葉形が印象的なモンステラ。ハワイでは葉の切れ込みから「希望の光を導く」といわれているとか。これがあるだけでインテリアがぐっとモダンな雰囲気になります。丈夫で初心者にも育てやすい点も魅力的。大型品種はインパクトがあるのでリビングのアクセントにぴったり。また、中型、小型の品種を玄関にウエルカムプランツとして置くのも素敵ですよ。
226 view
カラフルな花が特徴的なサイネリアの育て方は?花言葉・切り戻し・水やりのポイントとは?

カラフルな花が特徴的なサイネリアの育て方は?花言葉・切り戻し・水やりのポイントとは?

室内用の鉢花として昔から親しまれてきたサイネリア。草丈が20~30㎝で半球状に育ち、たくさんの小花を咲かせます。サイネリアの魅力は鑑賞時期が長く、花の色や模様が豊富なこと。ひとつの苗から、たくさんの花が咲くので鉢植え栽培にぴったりです。また、園芸業界には「シネラリア」という名前も存在しますが、死を連想させることからサイネリアという名前が一般化したとされています。
17 view
そら豆の栽培方法は?種まき・収穫時期・摘心・肥料など、プランターで出来るそら豆の育て方

そら豆の栽培方法は?種まき・収穫時期・摘心・肥料など、プランターで出来るそら豆の育て方

空に向かってマメのサヤがまっすぐ上に育つことからソラマメと呼ばれ、家庭でも育てやすい野菜のひとつです。通常サイズのものに加え。大きな粒が収穫できる品種もあります。タンパク質やビタミン類、ミネラルなどが豊富に含まれ、ゆでるのはもちろんかきあげなどにして楽しみたい初夏の味覚のひとつです。秋にタネまきすると、翌年の6月頃収穫でき、タネから育てても比較的失敗が少なく生育し、初心者向けの野菜のひとつです。
44 view

この記事のキーワード