2018年11月19日 更新

土の処分方法にお困りの方!簡単にプランターや植木鉢の土の再生ができる!おすすめの土の再生材をご紹介

植物の元気が無いなと思うことはありませんか?その時に注意したいのが土。植物は土に力がないと、きちんと根付いてくれません。今お使いの土は、使いまわしで疲れていませんか?今回は簡単なリサイクル法をご紹介します。

2,283 view

古い土では生育が悪い?再生させれば元気で安心

 (1137)

長くガーデニングをしていると、「土が硬くなってきた」と感じることがあるでしょう。これは、土の粒が小さくなって、土同士の間が狭くなっている証拠です。固まった土を使っていると水はけが悪くなり、根が呼吸できなくなります。根の生育が悪くなれば、植物自体の生命を脅かす恐れがあります。

そんな時には、水はけがよく通気性が良い土へと植え替えてあげることが第一です。しかし、プランターや鉢で植物を育てていると、古い土の処分に困ることがあります。できれば、古い土を再利用して使いたいですよね。

では、古い土を再生させてしまいましょう!排水性・通気系を持ち、保肥性・保水性を保つ土に蘇らせることができれば、植物がより元気に育つでしょう。

土の再生方法、ステップは3つ!

 (1138)

1.古い葉や根、不純物をフルイにかけて取り除く
古い土をビニールシートなどに広げ見てみると、葉っぱや根、虫が混ざっています。フルイなどを使用して、取り除いておきましょう。

2.太陽光で病原菌を退治・消毒
土にウィルスやカビなどが残っている場合があります。不純物を取り除いた土は、黒いビニール袋に入れて2週間ほど密閉。太陽光で蒸され、消毒効果が高まります。

3.堆肥や培養土を混ぜて栄養補給
清潔な土が出来上がったら、植物を育てるための栄養を与えてあげましょう。

この3つのポイントで古い土は再生できます。不純物を取り除いたり、消毒したりと多少の手間はかかりますが、新しい土を購入し運ぶ大変な作業からは解放されます。エコの観点からも古い土の再生はおすすめですよ!

なお、土留めを使用している場合には、土留めについた土も綺麗にはらいましょう。

土壌改良のおすすめ商品

土壌改良はおまかせ! らくらく土の改良材

花ごころ  らくらく土の改良材 緑袋 5L

花ごころ  らくらく土の改良材 緑袋 5L

撒くだけで土壌改良効果と肥料効果が1度に得られる便利な土壌改良剤です。植物の植え替え作業のタイミングで使用すれば、長期にわたり植物に栄養を補給してくれます。混ぜ込むだけなので、簡単に使用できます。

コーヒーから生まれたリサイクル材

プロトリーフ 土のリサイクル材コーヒーの恵み/10L

プロトリーフ 土のリサイクル材コーヒーの恵み/10L

コーヒーから生まれた、臭いが気にならないリサイクル材です。菌根菌配合なので、害虫に強いから
室内の植物にも安心して使えます。

追肥としても使える再生材!

ゴールデン粒状培養土  土の再生材 20L

ゴールデン粒状培養土 土の再生材 20L

通気性や水はけが悪くなったら、植え替え時に混ぜ込みましょう。古い土を再生させながら栄養を与えることができる再生材です。追肥としても使える便利な再生材です。

弱った土に混ぜるだけ!

プロトリーフ 古い土の再生材 12L

プロトリーフ 古い土の再生材 12L

好気性微生物を豊富に含んだ再生材です。使い古した土に混ぜ込むだけで、弱った土をふかふかの土にしてくれます。

土の世界は奥が深い!

 (1139)

ホームセンターのガーデン関連売り場に行くと、様々な土が並べられています。赤玉土・黒土・腐葉土・ピートモス・バーミキュライト…。何を選んでいいのか分からない!という方も多いのではないでしょうか?

そういったときには、迷わず店員さんに相談しましょう。知識が豊富な店員さんがアドバイスをしてくれるところが多くなっています。おすすめ品や売れ筋などを聞くだけでも参考になるでしょう。

そのように選び抜いた土でも、いつかは古い土になっていきます。そんなときこそ、このリサイクル術が役に立ちます。土は生き返らせることができるので、育てている植物に合わせて挑戦してみてください。
最初の土作りだけでなく、再生にも目を向けてみましょう!

関連する記事 こんな記事も人気です♪

プランターでも出来るきゅうりの育て方とは?ベランダ栽培・支柱・水やり・病気対策・おすすめ肥料もご紹介

プランターでも出来るきゅうりの育て方とは?ベランダ栽培・支柱・水やり・病気対策・おすすめ肥料もご紹介

きゅうりのシャキシャキの歯触りとみずみずしさは鮮度が命!家庭菜園で採れたてを味わいましょう。一日で果実が3cm以上伸びるほど生育旺盛。育てやすく、花が咲いて1週間で収穫でき、次々実をつけるので手間いらず。早めに収穫するとやわらかくておいしく、株が疲れません。
87 view
オクラの栽培方法は?種まき・収穫や肥料・用土、気をつけたい病気・害虫などオクラの育て方

オクラの栽培方法は?種まき・収穫や肥料・用土、気をつけたい病気・害虫などオクラの育て方

沖縄や鹿児島など暖かい地方で育てられる夏野菜の代表格オクラ。実は家庭菜園初心者向きで、ベランダのプランターでも手軽に育てられるんです。そして食物繊維が豊富で、ビタミンB1・カルシウム・鉄など栄養満点。今年はオクラを育てて、オクラの葉のように元気にいきましょう!
56 view
育苗(いくびょう)とは?育苗箱や育苗ポットはどう使う?丈夫な苗を育てるポイントとは?

育苗(いくびょう)とは?育苗箱や育苗ポットはどう使う?丈夫な苗を育てるポイントとは?

家庭菜園に挑戦したいと思っても、種から野菜を育てるのは、意外と難しいもの。そこで、初心者の方にもおすすめなのが、育苗をしてから野菜を育てる方法です。ここでは、初めて育苗に挑戦する方向けに、育苗に必要な道具や手順、丈夫な苗を育てるポイントをご紹介します。
95 view
寒さに強いデンドロビウム(デンドロビューム)の育て方!植え替えや花がら摘み、高芽処理の方法までご紹介

寒さに強いデンドロビウム(デンドロビューム)の育て方!植え替えや花がら摘み、高芽処理の方法までご紹介

色合いが美しいデンドロビウム(デンドロビューム)。洋ランの一種で、たくさん花を咲かせるため、鉢植えとしても人気があります。丈夫で育てやすく、冬も株が凍らない限り枯死することがありません。今回はデンドロビウムの代表種であるノビル系の水やりや植替え、肥料の与え方などを紹介します。
193 view
冬の人気植物クレマチス(冬咲き)の育て方!剪定や挿し木、植え替えや増やし方もご紹介

冬の人気植物クレマチス(冬咲き)の育て方!剪定や挿し木、植え替えや増やし方もご紹介

冬の人気植物のひとつ「クレマチス(冬咲き)」。クレマチスはさまざまな品種があり、寒さに強い冬咲きの品種を選べば冬でもたくさんの花が咲き、枝咲きの花が、「さみしい冬の庭を華やかに彩ってくれます。鉢植えやコンテナに寄せ植えして楽しむのも手軽でおススメです。
586 view

この記事のキーワード