2018年3月13日 更新

初心者でも安心!失敗しないガーデニングの土を選ぶポイントをご紹介

“上手な土選びはガーデニングを成功させるためのカギ”と言っていいほど、土はガーデニングに欠かせない存在です。そのため土選びを間違えてしまうと、植物がすぐに枯れてしまったりなかなか育たなかったり、失敗してしまうことがあります。そこで今回は、ガーデニング初心者や何回かチャレンジしているけどどうも失敗してしまうという方におすすめの土や選び方をご紹介します。

上手な土の選び方その①良い土を知る

 (1166)

一般的に良い土とは、排水性・通気性・保肥性・保水性が良いことが条件に挙げられ、この条件にあてはまるのが“団粒構造の土”です。

団粒と団粒の間にはすき間ができるため排水性や通気性がよく、また団粒の中にも小さな間があるため保水や保肥の働きをして植物が根を張りやすい環境を作ることができます。ちなみに、このような良い土は、ふかふかと柔らかく良い香りがするのが特徴です。

上手な土の選び方その②初心者なら培養土を選んでみる

 (1167)

土は「基本用土」「補助用土」「培養土」の3つに分けることができます。基本用土とは庭などにもあるような基本となる土を指し、補助用土とは基本用土を改良するために使われる土を指します。そして、培養土とは基本用土や補助用土に加え、必要な肥料などの栄養が配合されている土のことです。どの土を使えば良いか迷ってしまいそうですが、初心者の場合は、様々な要素が一つになっている「培養土」を使用するのがおすすめ。

培養土には、様々な種類の植物に対応している“マルチタイプ”のものもあれば、“いちご専用培土”など一つの植物に特化したものもあります。いろいろと育てたいという方は、マルチタイプの培養土を選ぶのがおすすめです。
では最後におすすめの培養土をご紹介します。

天然素材を主原料にブレンドした高級品

顆粒HB−101+元肥入り最高級培養土 30L(14kg) 

1,220
※価格は変動する事がありますので、詳細は商品ページでご確認ください。
こちらは、天然有機質バーク堆肥やバーミキュライト、腐葉土、炭、ピートモスなどの天然素材を主原料にブレンドしてつくられていて、このまま使用できる人気の園芸用土です。

良い土の条件である保水性・保肥性・排水性・通気性にも優れているため、あらゆる植物に使用することができ、家庭菜園などにもおすすめの商品です。

球根の栽培に最適な培養土

贅沢な花の土 約14L

648
※価格は変動する事がありますので、詳細は商品ページでご確認ください。
パンジーやマリーゴールド、インパチェンスなどの草花全般やチューリップやユリなどの球根の栽培に最適な培養土です。良い土の特徴でもある“フカフカで柔らかい”と口コミでも評判の人気商品です。

ガーデニング初心者でも扱いやすい!

培養土 肥料 ゴールデン粒状培養土 25L

1,380
※価格は変動する事がありますので、詳細は商品ページでご確認ください。
こちらは、粒土やバーミキュライト、パーライト、軽石などを配合した培養土で、草花はもちろん、トマトやなす、キュウリなどの野菜の栽培にも使用できます。ガーデニング初心者でも扱いやすいと人気の商品です。

ストックしておくのもおすすめ!

カネアスーパー培養土 28L 

1,386
※価格は変動する事がありますので、詳細は商品ページでご確認ください。
有機配合のバークにピートモスやパーライト等10数種類の資材とマグアンプを加えているので、植物の種類を問わず初心者でも安心して使用できる培養土です。価格も比較的お買い得なのでストックしておくのもおすすめです。

上手に土を選んでガーデニングをもっと楽しく!

 (1168)

土にはいろいろな種類があり、覚えるのはとても大変そうですが、培養土があれば失敗せずに簡単にガーデニングや家庭菜園を楽しむことができそうですね。

ぜひ、培養土を使って植物の栽培にチャレンジしてみてください。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

さくらんぼの木の育て方は?開花・剪定・収穫の時期・おすすめの肥料など、さくらんぼの栽培方法をご紹介

さくらんぼの木の育て方は?開花・剪定・収穫の時期・おすすめの肥料など、さくらんぼの栽培方法をご紹介

さくらんぼの旬の時期は、梅雨~初夏。サクランボは追熟しないので、一番おいしいタイミングで収穫される果物ですよ。小さい粒より大きい粒の方がおいしいといわれています。自宅で大粒の果実を収穫して、贅沢に味わってみませんか?
17,520 view
三つ葉(ミツバ)の栽培方法は?プランターや室内での水耕栽培で出来る三つ葉の育て方をご紹介

三つ葉(ミツバ)の栽培方法は?プランターや室内での水耕栽培で出来る三つ葉の育て方をご紹介

葉がみっつに分かれることから三つ葉と呼ばれ、日本ではやや湿り気のある明るい日陰などで自生しているのが見られる野草のひとつです。ミツバ独特の香りや風味、歯ざわりなどが長く親しまれてきました。香り野菜としてプランターなどに植え、自宅で少し栽培しておくと、便利でおすすめ。明るい日陰で管理すれば旺盛に生育するので肥料を切らさないよう注意するのがコツ。水耕栽培することもできるので家庭の窓辺などで栽培しても楽しいですね。
3,668 view
イチジク(無花果)は鉢植えで栽培できる?必要な肥料や収穫、剪定時期などいちじくの育て方をご紹介

イチジク(無花果)は鉢植えで栽培できる?必要な肥料や収穫、剪定時期などいちじくの育て方をご紹介

イチジクは放っておいても実がなるほど生育旺盛で、ガーデナー初心者が育てやすい果樹。完熟果はデリケートで流通が難しいため、流通しているのは完熟手前で収穫した果実。樹上で完熟果を収穫し味わえるのは家庭栽培ならではの楽しみです。収穫が始まると毎日少しずつ長期間採れるのもうれしいですね。
4,386 view
プリムラの育て方!冬のお庭を彩るプリムラの品種と育て方をご紹介

プリムラの育て方!冬のお庭を彩るプリムラの品種と育て方をご紹介

中国やヨーロッパ原産のサクラソウの仲間のプリムラは、花の少なくなる秋から春まで、長期間花を楽しませてくれるものが多く、冬を彩る花として人気があります。ポリアンサのなかで花も株も小さめのジュリアンが人気です。用土や肥料など長く楽しめる栽培方法をご紹介します。
302 view
ポピーの育て方は?植え付け時期は?初心者でも育てやすいポピーの栽培方法

ポピーの育て方は?植え付け時期は?初心者でも育てやすいポピーの栽培方法

ポピーはケシの仲間の総称で4〜6月の春から初夏にかけて花を咲かせます。長い茎の先に明るい色の花をつけて、ゆらゆらと風にそよぐ姿が可愛らしいですね。ポピーには約150の種類があり、園芸品種として親しまれているのは麻薬成分が含まれないヒナゲシ、ナガミヒナゲシ、モンツキヒナゲシ、アイスランドポピー、オリエンタルポピーなど。特にオリエンタルポピーは豪華で大きな花を咲かせるため、地植えの草花として人気があります。
833 view

この記事のキーワード