アカンサスの育て方 装飾のような葉で一度見たら忘れられない人気の花

アカンサスの育て方 装飾のような葉で一度見たら忘れられない人気の花

1.5mと大きく育ち、遠くから眺めてもサマになるアカンサス。ほのかにワインがかる筒状の花と、造形的な大ぶりの葉はとても美しく、ガーデナーに根強い人気があります。また、アカンサスはギリシャの国花で、深い切れ込みが入った葉の形は、古代ギリシャの建築物や装飾品のモチーフ(模様・柄)として好んで使われてきたという歴史があります。それゆえ花言葉も、美しさにちなんだ「芸術」「美術」「建築」「技巧」「永遠に離れない結び目」などがつけられています。
35 view
バーバスカムの育て方は?苗から?種から?種まき時期や肥料・用土など、バーバスカムの栽培方法

バーバスカムの育て方は?苗から?種から?種まき時期や肥料・用土など、バーバスカムの栽培方法

欧米で根強い人気があり、イングリッシュガーデンで良く見かけるバーバスカム。暑さに弱い品種もありますが、寒さに強く、最近は日本の庭でも見かけるようになりました。人気の理由は、ニュアンスのある花色と豪華な花姿。長い茎に紫、白、ピンクなどの花が穂状につく姿は、存在感たっぷり。花数が多いので、長期間、鑑賞を楽しめます。大株になると、花茎がたくさん分岐しボリュームが出ますよ。一斉に花を咲かせる風景は、華やかで見事です。
51 view
カルーナの育て方は?剪定のポイント、肥料や用土など地植えで花と紅葉を楽しめるカルーナの栽培方法

カルーナの育て方は?剪定のポイント、肥料や用土など地植えで花と紅葉を楽しめるカルーナの栽培方法

カルーナは掃くという意味を持つ学名の通り、昔、枝でホウキを作ったことから名付けられました。こんもりと丸く密集して葉が茂り、初夏から秋にかけてピンクや紫、白の花を咲かせます。開花期は株全体が花穂のように見え、とてもキレイですよ。花と樹木、両方の良さを楽しみたいならカルーナがおすすめです。
221 view
カモミール(カミツレ)の育て方は?種まき・収穫や肥料・用土などアロマも楽しめるカモミールの栽培方法

カモミール(カミツレ)の育て方は?種まき・収穫や肥料・用土などアロマも楽しめるカモミールの栽培方法

マーガレットに似た素朴な小花が可愛らしいカモミール。旺盛に殖え、一斉に花を咲かせる風景は、まるで野原のよう。花に触れるだけで、ふんわりと甘い香りが漂い、心が癒されます。香る芝生として庭に苗を植えて育てたり、ティーにして飲んだり、部屋に飾ってアロマ(香り)を楽しんだり。カモミールは暮らしのなかで大活躍するハーブの代表格です。
64 view
アガパンサスの育て方は?植え付け・株分け時期や肥料など鉢植えも地植えもできる球根植物アガパンサスの栽培方法

アガパンサスの育て方は?植え付け・株分け時期や肥料など鉢植えも地植えもできる球根植物アガパンサスの栽培方法

手がかからず元気に育ち、ラッパ状の花をたくさん咲かせるアガパンサス。その丈夫な性質と、華やかな花姿から、公園や学校の花壇、店先のコンテナの植え込みに重宝され、街中で良くみかける花のひとつですね。球根植物なので、そのまま植えておいても毎年花を咲かせてくれるのも魅力。淡くさわやかな花色はどんな植物とも相性抜群! ひと株あるだけで庭がパッと明るく華やかになりますよ。
168 view
ジギタリスの育て方は?種まき時期や肥料・用土など鉢植えでも楽しめるジギタリスの栽培方法

ジギタリスの育て方は?種まき時期や肥料・用土など鉢植えでも楽しめるジギタリスの栽培方法

ジギタリスの花名は、ラテン語のdigitus(指)が語源。すっと伸びた茎の腕の先に開くベル型の花の形が、指サックに似ていることから名づけられたといいます。イギリスではフォックス・グローブと呼ばれ、イングリッシュガーデンには欠かせない存在として知られています。日本の別名は狐の手袋といいます。
194 view
シャクヤク(芍薬)の育て方は?鉢植えは植え替えが必要?植え付けや肥料・用土など品種豊富な芍薬の栽培方法

シャクヤク(芍薬)の育て方は?鉢植えは植え替えが必要?植え付けや肥料・用土など品種豊富な芍薬の栽培方法

春になると上品で大きな花を咲かせるシャクヤク。シャクヤクはボタン科ボタン属の花で、よく似ているボタンも英名では同じ「ピオニー」と呼ばれています。英語圏の国では区別されていないのですが、実はボタンとシャクヤクは原産地も花期も全く異なる別の植物なんですよ。
95 view
デルフィニウム(デルフィニューム)の育て方は?肥料や用土など、花色豊富なデルフィニウムの栽培方法

デルフィニウム(デルフィニューム)の育て方は?肥料や用土など、花色豊富なデルフィニウムの栽培方法

初夏の庭を彩るデルフィニウム。夏越ができない一年草ですが、それを逆手にとってアフターガーデニングを楽しむのもおすすめです。育てた花は花束やアレンジメントにして室内に飾ったり、プレゼントしたり……。ひと夏を思う存分、満喫してみてくださいね。
126 view
8 件