育て方はとっても簡単!プランターひとつで栽培できる栄養豊富なクウシンサイの育て方

育て方はとっても簡単!プランターひとつで栽培できる栄養豊富なクウシンサイの育て方

暑さに強く、手間をかけずとも葉が茂り、初夏~秋まで収穫できるクウシンサイは初心者向きの野菜のひとつ。そのうえ栄養価が高く、ビタミンCやカロテン、鉄分、カリウムが豊富。なかでも鉄分を多く含み、疲労回復に効果的とか。クウシンサイで、夏バテ予防のレシピを作ってみては?
20 view
自分で育てた野菜でバーべキューを楽しみたい!家庭菜園できる野菜10選

自分で育てた野菜でバーべキューを楽しみたい!家庭菜園できる野菜10選

自宅で家庭菜園をはじめてみたいと思ったことはありませんか?今回は、バーベキューにおすすめの野菜で、家庭菜園できるものを10種類ピックアップしました。中には、ベランダでプランター栽培できる野菜もあります。自分で育てた野菜を新鮮なうちに味わいましょう!
36 view
初夏から晩秋まで鮮やかなオレンジの花を咲かせる定番草花!マリーゴールドの育て方

初夏から晩秋まで鮮やかなオレンジの花を咲かせる定番草花!マリーゴールドの育て方

聖母マリアの黄金の花を意味するマリーゴールド。春から秋まで長い季節花を咲かせ、聖母マリアの祭日にいつも花を咲かせていたことから名付けられたといいます。日本には江戸時代前期に渡来し、孔雀草や万寿菊、千寿菊などの名前で長く親しまれてきました。特徴として品種も多く、オレンジや黄色以外の白やクリーム、赤、複色など花色のバリエーションが豊富です。草丈も低いものから1mほどに育つものもあります。丈夫で育てやすいのでガーデニング初心者におススメの草花です。
57 view
水面に浮かびながら涼やかに咲く水生植物!睡蓮(スイレン)の育て方

水面に浮かびながら涼やかに咲く水生植物!睡蓮(スイレン)の育て方

睡蓮は、深い切れ込みが入った葉と水面に漂う幻想的な花が魅力。モネの代表作である「睡蓮」で描かれた花としても有名ですね。池や沼に群生して花が咲く睡蓮は栽培が難しいと思われがちですが、実は、家庭でも簡単に育てることができますよ。水鉢に土と水を入れ、苗を入れるだけで手軽に楽しめます。
65 view
鉢植えでも生垣でもOK!無農薬で育てられ子どもに人気なラズベリーの育て方

鉢植えでも生垣でもOK!無農薬で育てられ子どもに人気なラズベリーの育て方

赤や黄色の愛らしい果実をつけるラズベリー。日本に自生する野生種も多く、手軽に育てることができます。日当たりのいいスペースがあったら、ぜひトライしてほしい初心者向けの果樹です。どれもほどよい酸味と甘みがあり、生食向き。熟したものから順に口に運べば至福の時間が広がります。ジャムやソース、果実酒などにも利用できます。ニ季なりの「サマーフェスティバル」や「インディアンサマー」という品種なら、初夏と秋、2回の収穫が楽しめます。
185 view
若葉は木の芽、実はピリリと辛い調味料として!料理をおいしく彩る山椒の育て方

若葉は木の芽、実はピリリと辛い調味料として!料理をおいしく彩る山椒の育て方

ウナギ料理や七味唐辛子でおなじみのサンショウ(山椒)。スーパーで購入すると高価ですが、自宅で育てて収穫すれば新鮮なうえ香りも豊か! しかも、木の芽と実の両方をたっぷりと味わえてお得です。料理の名脇役であるサンショウの栽培にチャレンジしてみませんか?
71 view
丈夫で手間がかからず、初心者向き! 秋の風物詩コスモスの育て方

丈夫で手間がかからず、初心者向き! 秋の風物詩コスモスの育て方

日本の秋の季節の風物詩として愛され続けてきたコスモス。道端や原っぱでピンクや白の素朴な花が群生する風景は見事です。そんなコスモスを自宅の庭で咲かせてみませんか? 通常は一回で咲き終わる花ですが、花後もそのままにしておくとタネがこぼれて同じ場所で翌年も花を咲かせてくれますよ。
107 view
強烈に辛いハバネロや鷹の爪など色や形、辛さも様々ラインアップ! 唐辛子の育て方

強烈に辛いハバネロや鷹の爪など色や形、辛さも様々ラインアップ! 唐辛子の育て方

刺激的な辛さのあるハバネロなど、辛みのある仲間を総称して唐辛子(トウガラシ)と呼ばれています。辛みのないピーマンやパプリカ、シシトウなどは甘唐辛子(sweet pepper)と呼んで区別されています。高温多湿の日本の夏にも耐える夏野菜の代表格で、ビタミン類やカプサイシンなどの栄養を含み、香辛料や野菜として活躍してくれます。初心者でも育てやすい野菜のひとつなので、庭やベランダでひと株、プランターなどで栽培してみては。
120 view
夏の太陽のような花を咲かせる!暑い季節に元気に咲き誇るひまわりの育て方

夏の太陽のような花を咲かせる!暑い季節に元気に咲き誇るひまわりの育て方

夏の訪れとともに太陽のような花を咲かせるひまわりは、北アメリカ原産で60種類以上の野生種があるといわれています。一般的な黄色の花色のもののほかにオレンジやレモン、なかにはチョコレート色のものもあります。花の大きさも小輪のものから大輪のものまで。一重咲き、八重咲きもありさまざまな品種が揃います。草丈も30㎝のものから3mを超えるものまであり、育てる場所に合わせて選べます。
2,317 view
日本で古くから親しまれている夏の風物詩!朝顔(アサガオ)の育て方

日本で古くから親しまれている夏の風物詩!朝顔(アサガオ)の育て方

夏の暑い季節に、涼やかな花を咲かせる朝顔。小学校の時に育てた経験がある人も多いのでは?最近はツル性で花が美しいことからグリーンカーテンとしても活用されていますね。早朝に咲いて日が出る頃にはしぼんでしまうイメージがありますが、今は品種改良が進み、日中に咲くものや秋に咲くもの、つるが伸びないものなど、さまざまな種類が出回るようになり、楽しみがグンと広がりました。
6,015 view
植えつけ後1カ月で収穫できる!? 初夏から秋まで長く楽しめるピーマンの育て方

植えつけ後1カ月で収穫できる!? 初夏から秋まで長く楽しめるピーマンの育て方

日本では辛みのないトウガラシの仲間を甘トウガラシ=ピーマンと呼んでいます。熱帯原産で暑さに強く、日本の夏も旺盛に生育して次々と収穫できます。日当たりと水はけのよい環境なら病害虫も少なく、初心者でもプランターなどで手軽に栽培が楽しめます。カロテンやビタミン類が多く、健康野菜としても人気のピーマン。無限ピーマンなどおいしいレシピも多いですね。5月に苗を購入して植えつければ、6月には収穫できはじめ、10月頃まで長期間収穫できます。
143 view
狭い場所もプランター栽培もOK! 長く収穫でき、収量も多いオクラの育て方

狭い場所もプランター栽培もOK! 長く収穫でき、収量も多いオクラの育て方

オクラは暑さに非常に強くて育てやすく、多く収穫できるので、初めて栽培する人におすすめしたい野菜です。初夏に咲くレモンイエローの大輪花も美しく、花と実の両方を楽しめますよ。最近は、小学生が学校でオクラを栽培することもあるといいます。オクラのネバネバ成分は栄養価が高く、夏バテにも効くと言われています。若取りしたミニオクラはやわらかく生食向き。サラダやオクラ納豆などのレシピで調理すればオクラの栄養を余すことなく食べることができますよ。
220 view
ベル状の花がうつむいて咲く!鉢植え栽培で人気急上昇中のアブチロン育て方

ベル状の花がうつむいて咲く!鉢植え栽培で人気急上昇中のアブチロン育て方

春から秋まで長期間、次々と花を咲かせ、観賞を楽しめるアブチロン。コンパクトに育つ性質も相まって、近年は鉢植え向きの花として注目を浴びています。赤、白、黄、オレンジ、ピンクと熱帯の花らしいカラフルな色ながら、透き通った薄い花びらが上品な雰囲気を漂わせ、インテリアや庭になじみやすいのも魅力。暑さにも寒さにも強いので、手間をかけずに育てたい人にイチオシの花ですよ。
90 view
グランドカバーとして使いたい! 小花も葉も美しく見ごたえ抜群のオキザリスの育て方

グランドカバーとして使いたい! 小花も葉も美しく見ごたえ抜群のオキザリスの育て方

日本の環境に合っていることから、良く生長して葉が茂り、葉を覆うほど花がたくさん咲き誇るオキザリス。秋から春にかけて色とりどりの小さな花を咲かせます。オキザリスは乾燥にとても強く植えっぱなしでも元気に育つほど生命力の強い植物。日当たりの良い場所に植えれば、誰しも簡単に花を咲かせられるはず。そんな良いこと尽くしの花を是非育ててみてくださいね。
42 view
寒さに強く、秋冬の彩りに最適! 花と紅葉を一年中楽しめるカルーナの育て方

寒さに強く、秋冬の彩りに最適! 花と紅葉を一年中楽しめるカルーナの育て方

カルーナは掃くという意味を持つ学名の通り、昔、枝でホウキを作ったことから名付けられました。こんもりと丸く密集して葉が茂り、初夏から秋にかけてピンクや紫、白の花を咲かせます。開花期は株全体が花穂のように見え、とてもキレイですよ。花と樹木、両方の良さを楽しみたいならカルーナがおすすめです。
83 view
19 件