リンゴ(林檎)の育て方 世界中でさまざまな品種が栽培され、なじみの深い

リンゴ(林檎)の育て方 世界中でさまざまな品種が栽培され、なじみの深い

世界中でさまざまな品種が栽培され、なじみの深いリンゴ。寒い地方で育つイメージがありますが品種によっては暖地でも栽培できます。4月に開花し、秋には収穫できる落葉果樹で、一般的な食用のものと、ガーデニングで利用する鑑賞用の姫リンゴ、クラブアップルなどがあります。観賞用のものは食用リンゴのように甘くはなりませんが、砂糖などを加えてジャムなどに利用できます。食用リンゴを家庭で栽培する場合、矮性台木に接ぎ木された苗を使用するとコンパクトに育ちます。なかでも病害に強く育てやすい「ぐんま名月」「つがる」などの品種を選ぶと家庭でもかわいらしい赤い実が楽しめます。
2 view
ランタナの育て方 小さなロウトのような形の花を手毬状に咲かせ、丈夫で育てやすい

ランタナの育て方 小さなロウトのような形の花を手毬状に咲かせ、丈夫で育てやすい

オレンジや黄色、赤、ピンク、紫、白など花色豊富なランタナ。こんもり手毬の花は初夏から秋まで咲き続けます。熱帯原産なので夏の暑さにも耐え、次々と花を咲かせるランタナは、濃い緑色の小ぶりな葉をつけるので夏花壇を彩る植物として、寄せ植えの素材としても人気があります。葉に斑が入る「ヴァリエガタ」や白い花を咲かせる「ドワーフ」、黄色とピンクの複色花が美しい「コンフェッティ」など、個性豊かな花を選んで華やかな夏の花をお楽しみください。
6 view
お菓子だけじゃない!薬効も期待できるラズベリーはお肉料理にも抜群

お菓子だけじゃない!薬効も期待できるラズベリーはお肉料理にも抜群

赤く可愛らしい果実のラズベリー。口に含むと広がる甘酸っぱい香りが人気です。洋菓子やジャムなどに使われているほか、ヨーロッパの方では肉料理のソースとしても広く用いられています。日本でもお洒落なレストランで見かけますね。爽やかなラズベリーの魅力をご紹介します。
4 view
ユリの育て方 花の色や形、草丈など、さまざまな園芸品種が揃う

ユリの育て方 花の色や形、草丈など、さまざまな園芸品種が揃う

花が風にゆらゆらと揺れることがその名前の由来になったというユリ。美しい花を庭や鉢で育てたり、切り花で楽しんだりするのはもちろんですが、その根は食用にするなど、古くから日本人の生活に取り入れられ、愛されてきました。さまざまな品種があり、花の色や姿、性質などはそれぞれ違いますが、1株だけで華やかで優雅な雰囲気を演出してくれるのはユリならではの魅力。地植えにして、鉢植えにして存在感たっぷりのユリをお楽しみください。
4 view
モモの育て方 大きく完熟したモモは格別のおいしさ

モモの育て方 大きく完熟したモモは格別のおいしさ

生長が早く、鉢植えでも育てられるモモ。病害虫が多いので、注意が必要です。植えつけた後、1年あれば実をつけ始めるのが魅力。多くの品種がありますが、家庭で栽培するなら6月頃から収穫が楽しめる早生品種 「ちよまる」や「ひめこまつ」などの品種が初心者向きでおススメです。4月上旬に開花したあと6月から実をつけ始めます。モモは1本だけでも結実してくれる自家結実性。自宅で栽培すれば、旬の時期には完熟したモモが存分に堪能できます。
4 view
フリージアの育て方 花色も豊富で芳香があり、切り花としても親しまれている

フリージアの育て方 花色も豊富で芳香があり、切り花としても親しまれている

11月頃に球根を植えると3月頃には花を咲かせるフリージア。黄花や白花が一般的ですが、赤やピンク、オレンジ、紫などの花色も。やや丸みのある愛らしい香りのあるカラフルな小花は、花壇はもちろん寄せ植えにプラスしたり切り花にしたりして。さみしくなりがちな早春の庭を、ぱっと明るく華やかに彩る草花として活躍してくれます。
4 view
サルスベリの育て方 木肌がツルツルでなめらか!夏~秋まで次々咲く

サルスベリの育て方 木肌がツルツルでなめらか!夏~秋まで次々咲く

サルスベリは、名前がとってもユニーク!木登りが得意なサルでさえ登ることが出来ないほど、樹皮がなめらかなことから命名されたそう。夏の青空に、フワフワとしたピンクの花が映えて咲いているのをよく見かけますね。オーソドックスなピンク花のもののほか、白や赤花もありますよ。夏から秋にかけて長期間咲くので1本あると、とても華やかですよ。
6 view
サクランボの育て方 一番おいしいタイミングで収穫するのがコツ!

サクランボの育て方 一番おいしいタイミングで収穫するのがコツ!

サクランボの旬の時期は、梅雨~初夏。サクランボは追熟しないので、一番おいしいタイミングで収穫される果物ですよ。小さい粒より大きい粒の方がおいしいといわれています。自宅で大粒の果実を収穫して、贅沢に味わってみませんか?
6 view
カキの育て方 日本の気候で育てやすく初心者にぴったり!

カキの育て方 日本の気候で育てやすく初心者にぴったり!

秋に旬を迎え、秋を代表する果物といえば、カキ(柿)。カキはレモンに次いでビタミンCが、とても豊富!カキ1個で一日分の必要量をほぼまかなえるくらいビタミンCを含んでおり、疲労回復、風邪予防、ガン予防、老化防止に効果的。「カキが赤くなれば医者が青くなる」と言われるほど栄養価が高いことでも知られています。生のまま食べるのが一番ですが、凍らせてシャーベットにしてもおいしいですよ。
12 view
オミナエシ(女郎花)の育て方 黄色い小花がまとまって咲く姿が美しい

オミナエシ(女郎花)の育て方 黄色い小花がまとまって咲く姿が美しい

秋風に吹かれて揺れる姿がなんともはかなげで、寂しそうな女性を連想させることから「美人」「はかない恋」という花言葉がついているオミナエシ(女郎花)。花名の由来は諸説あり、黄色い小花が粟の粒に似ていて、その昔、粟飯のことを女飯(おみなめし)と呼んでいたことから名付けられたという説と、「高貴な女性を圧倒するほど美しい」という意味のオミナ(女)ヘシ(圧し)が変化したという説があります。名前の読み方で、季節を感じたり、女性をイメージさせたりするなんて風情がありますね。
15 view
レモンバームの育て方 お菓子やティーにも利用でき、フレッシュな香りがうれしい!

レモンバームの育て方 お菓子やティーにも利用でき、フレッシュな香りがうれしい!

葉にレモンに含まれるシトラス系の香りがあるレモンバーム。爽やかな香りは生のままハーブティーすると際立ち、鎮静&鎮痛効果があるといわれています。お菓子や料理の香りづけや飾りにも利用でき、身近で栽培し手軽に楽しみたいハーブのひとつです。夏、白く小さな小花を咲かせます。 耐寒性もあり栽培も容易。初心者向きのハーブのひとつです。春から秋の生育期間中なら、いつでも葉が摘めるので、生の葉や花をサラダなど料理、デザートの香りづけに。使い道もさまざまで、オシャレな雰囲気が手軽に演出できます。
14 view
甘い香りがする円錐形の花穂が美しい!ブッドレアの育て方

甘い香りがする円錐形の花穂が美しい!ブッドレアの育て方

藤色や紫、白などの円錐形の長い花穂が個性的なブッドレア。美しく甘い香りのする花には蜜があり、チョウやハチなどが集まってくることからバタフライブッシュの別名があります。日本に自生する品種もありますが、園芸店で出回っているものはヨーロッパで改良されたものが多く、洋風の庭にも和風の庭にも合わせやすい花木として人気があります。育てやすく生長も早いので初心者向き。品種にもよりますが、春に植えつければ、夏から秋にかけて花が楽しめます。
9 view
トロピカルな花をたくさん咲かせる!ツキヌキニンドウの育て方

トロピカルな花をたくさん咲かせる!ツキヌキニンドウの育て方

ラッパに似た花の形から「トランペット・ハニーサックル」とも呼ばれるツキヌキニンドウ。花の下につく2枚の葉がくっついていて、その中心から茎が突き抜けているように見えることから「ツキヌキニンドウ(突抜忍冬)」と名づけられました。「愛の絆」「献身的な愛」「真実の愛」という花言葉がぴったりの情熱的な花をいっせいに咲かせ、甘い香りを漂わせます。
12 view
洋風にも和風にもコーディネートできる!マトリカリアの育て方

洋風にも和風にもコーディネートできる!マトリカリアの育て方

ヨーロッパでは16世紀頃から栽培され、熱を下げるハーブ、フィーバーヒューと呼ばれ親しまれてきたというマトリカリア。夏に白いキクに似た花を咲かせることからナツシロギクという和名がつけられました。現在は花壇や寄せ植えに利用しやすい草丈の低いもののほか、切り花用の草丈の高いものや、斑入り葉のもの、葉が黄色のものなども登場しています。葉には独特に香りと苦みがあり、昆虫も嫌うほどといいます。
9 view
日当たりと水はけのよい場所ならぐんぐん育つ!ヤグルマギクの育て方

日当たりと水はけのよい場所ならぐんぐん育つ!ヤグルマギクの育て方

花の形が矢車に見えることからヤグルマギクと名づけられたとか。青やピンク、白などの小さな花弁を放射状に広げ、枝分かれして多くの花を咲かせます。耐寒性もあり秋に植えつけると冬越しして春に開花します。もともとは青い花でしたが改良されてピンクや白、紫などの花色も楽しめるようになりました。日当たりと水はけのよい場所に植えれば手間なく育つ初心者向けの草花です。草丈も30~100㎝とさまざま揃うので、花壇や寄せ植えにプラスしても素敵ですよ。近年登場した黒花の「ブラックボール」なども人気です。
26 view
133 件