冬の花といえばコレ!寒い冬でも育てられる冬の花18選!花言葉や育て方のポイントもご紹介

冬の花といえばコレ!寒い冬でも育てられる冬の花18選!花言葉や育て方のポイントもご紹介

「冬は庭に咲く花が少なくて、お庭や花壇が寂しい…。」そんなお悩みはありませんか?実は寒さに負けず、きれいな花を咲かせる植物は意外とたくさんあるんです。そこで今回は人気のシクラメンをはじめ、これからの季節に楽しめる耐寒性の強い花の品種と育て方、初心者にもおすすめのツールをご紹介します。
11 view
読み方は?オミナエシ(女郎花)の育て方とは? 花言葉・由来や花を咲かせるポイントをご紹介

読み方は?オミナエシ(女郎花)の育て方とは? 花言葉・由来や花を咲かせるポイントをご紹介

秋風に吹かれて揺れる姿がなんともはかなげで、寂しそうな女性を連想させることから「美人」「はかな い恋」という花言葉がついているオミナエシ(女郎花)。花名の由来は諸説あり、黄色い小花が粟の粒に似ていて、その昔、粟飯のことを女飯(おみなめし)と呼んでいたことから名付けられたという説と、「高貴な女性を圧倒するほど美しい」という意味のオミナ(女)ヘシ(圧し)が変化したという説があります。名前の読み方で、季節を感じたり、女性をイメージさせたりするなんて風情がありますね。
56 view
ローズマリーの育て方とは?ポイントは剪定?挿し木でローズマリーを増やしてみませんか?

ローズマリーの育て方とは?ポイントは剪定?挿し木でローズマリーを増やしてみませんか?

爽やかで清々しい香りが漂うローズマリー。古代から老化防止の薬として用いられ、今でも料理や美容、芳香剤、薬用として幅広く親しまれているハーブです。冬でも緑の葉が茂り、庭に彩りを与えてくれる植物でもあります。丈夫なので、ガーデニング初心者にもおすすめです。
15 view
土の処分や廃棄は面倒な方へ!使い方簡単!プランターや観葉植物で使えるおすすめ培養土をご紹介

土の処分や廃棄は面倒な方へ!使い方簡単!プランターや観葉植物で使えるおすすめ培養土をご紹介

ガーデニングで案外困るのが、古い土の処分ですよね。捨てる場所もタイミングも無いという方も多いのではないでしょうか。都心にお住まいの方やマンション暮らしの方など、古い土を捨てられないからガーデニングは難しいと諦めている方にもおすすめの培養土があります。今回は、鉢やプランターの植え替えも簡単に行える培養土の商品を紹介します。
1,751 view
柿の栽培方法は?柿のおすすめの品種・肥料・病気対策など、柿の栽培方法をご紹介!

柿の栽培方法は?柿のおすすめの品種・肥料・病気対策など、柿の栽培方法をご紹介!

秋に旬を迎え、秋を代表する果物といえば、柿。柿はレモンに次いでビタミンCが、とても豊富!柿1個で一日分の必要量をほぼまかなえるくらいビタミンCを含んでおり、疲労回復、風邪予防、ガン予防、老化防止に効果的。「柿が赤くなれば医者が青くなる」と言われるほど栄養価が高いことでも知られています。生のまま食べるのが一番ですが、凍らせてシャーベットにしてもおいしいですよ。
61 view
オリーブの木の育て方とは?剪定や植え替えは必要?室内と地植えでの育て方の違いとは?

オリーブの木の育て方とは?剪定や植え替えは必要?室内と地植えでの育て方の違いとは?

オリーブはアンチエイジング効果が期待でき、ここ数年ブームを巻き起こしています。庭を素敵に彩る樹木としても人気急上昇中。素敵でオシャレな見た目だけでなく、育て方に手間がかからないことや食べても美味しいオリーブ。そんなオリーブの育て方を知りたくはありませんか。
68 view
ビオラの育て方とは?冬越しは大丈夫?春の寄せ植えに欠かせない! ビオラとパンジーとの違いは何?

ビオラの育て方とは?冬越しは大丈夫?春の寄せ植えに欠かせない! ビオラとパンジーとの違いは何?

寒い冬でも、街中で咲く色とりどりの小さな花「ビオラ」。別名「花壇の女王」と言われるビオラの品種は実に多く、毎年新種が出るほど。他の草花とも相性が良く、その強さはガーデニング初心者の栽培にもおすすめです。パンジーを経験した方は、次はビオラに挑戦してみましょう。
38 view
さくらんぼの木の育て方は?開花・剪定・収穫の時期・おすすめの肥料など、さくらんぼの栽培方法をご紹介

さくらんぼの木の育て方は?開花・剪定・収穫の時期・おすすめの肥料など、さくらんぼの栽培方法をご紹介

サクランボの旬の時期は、梅雨~初夏。サクランボは追熟しないので、一番おいしいタイミングで収穫される果物ですよ。小さい粒より大きい粒の方がおいしいといわれています。自宅で大粒の果実を収穫して、贅沢に味わってみませんか?
102 view
白やピンクの花!サルスベリ(百日紅)の育て方は?剪定・挿し木・うどんこ病対策・植え替えはどうする?

白やピンクの花!サルスベリ(百日紅)の育て方は?剪定・挿し木・うどんこ病対策・植え替えはどうする?

サルスベリは、名前がとってもユニーク!木登りが得意なサルでさえ登ることが出来ないほど、樹皮がなめらかなことから命名されたそう。夏の青空に、フワフワとしたピンクの花が映えて咲いているのをよく見かけますね。オーソドックスなピンク花のもののほか、白や赤花もありますよ。夏から秋にかけて長期間咲くので1本あると、とても華やかですよ。
40 view
桃の栽培方法は?剪定・収穫時期・病気害虫対策・肥料・土壌など、桃の育て方をご紹介

桃の栽培方法は?剪定・収穫時期・病気害虫対策・肥料・土壌など、桃の育て方をご紹介

生長が早く、鉢植えでも育てられるモモ。病害虫が多いので、注意が必要です。植えつけた後、1年あれば実をつけ始めるのが魅力。多くの品種がありますが、家庭で栽培するなら6月頃から収穫が楽しめる早生品種 「ちよまる」や「ひめこまつ」などの品種が初心者向きでおススメです。4月上旬に開花したあと6月から実をつけ始めます。モモは1本だけでも結実してくれる自家結実性。自宅で栽培すれば、旬の時期には完熟したモモが存分に堪能できます。
56 view
ラズベリーの育て方を覚えて、ラズベリーレシピに挑戦しよう!新鮮なラズベリーをジュースやジャムに!

ラズベリーの育て方を覚えて、ラズベリーレシピに挑戦しよう!新鮮なラズベリーをジュースやジャムに!

赤く可愛らしい果実のラズベリー。口に含むと広がる甘酸っぱい香りが人気です。洋菓子やジャムなどに使われているほか、ヨーロッパの方では肉料理のソースとしても広く用いられています。日本でもお洒落なレストランで見かけますね。爽やかなラズベリーの魅力をご紹介します。
73 view
りんごの木の栽培方法は?りんご栽培は苗木からがおすすめ!鉢植えでも出来るりんごの育て方をご紹介

りんごの木の栽培方法は?りんご栽培は苗木からがおすすめ!鉢植えでも出来るりんごの育て方をご紹介

世界中でさまざまな品種が栽培され、なじみの深いリンゴ。寒い地方で育つイメージがありますが品種によっては暖地でも栽培できます。4月に開花し、秋には収穫できる落葉果樹で、一般的な食用のものと、ガーデニングで利用する鑑賞用の姫リンゴ、クラブアップルなどがあります。観賞用のものは食用リンゴのように甘くはなりませんが、砂糖などを加えてジャムなどに利用できます。食用リンゴを家庭で栽培する場合、矮性台木に接ぎ木された苗を使用するとコンパクトに育ちます。なかでも病害に強く育てやすい「ぐんま名月」「つがる」などの品種を選ぶと家庭でもかわいらしい赤い実が楽しめます。
74 view
寄せ植えにおすすめ!パンジーの育て方や長くたくさん花を咲かせるコツは?ビオラとどう違うの?

寄せ植えにおすすめ!パンジーの育て方や長くたくさん花を咲かせるコツは?ビオラとどう違うの?

パンジーは、花を楽しめる時期も長く、さまざまな色の花を咲かせてくれるので、寄せ植えに欠かせない存在です。今回は、パンジーの特徴や栽培に適した時期や環境、育て方のポイントなどをまとめました。また、パンジーに似た花、ビオラとの違いや見分け方についてもご紹介します。
66 view
キャベツの栽培は苗からがおすすめ!害虫対策・おすすめ肥料とは?プランターでも出来るキャベツの育て方

キャベツの栽培は苗からがおすすめ!害虫対策・おすすめ肥料とは?プランターでも出来るキャベツの育て方

ビタミン類やカルシウムなどが豊富で栄養価が高く、食べる薬ともいわれるキャベツ。本来は涼しい気候を好む野菜ですが、近年は品種改良が進み、品種によっては周年栽培が可能に。ただし、ガーデニング初心者は、夏にタネや苗を植えて冬に収穫する「秋冬キャベツ」の方が育てやすいですよ。
56 view
チューリップの育て方は?球根の植え付け時期や水やり、肥料や用土など鉢植えもできるチューリップの栽培方法をご紹介

チューリップの育て方は?球根の植え付け時期や水やり、肥料や用土など鉢植えもできるチューリップの栽培方法をご紹介

春に咲きほこる、球根植物の代表格ともいえるチューリップ。品種により、開花期間や色などさまざまです。今回は、チューリップを球根から育てるときに適した培養土選びや水やりなどの管理方法、鉢植えの場合におすすめのプランターや置き場所、植え付けの方法などをご紹介します。
78 view
145 件