ルドベキアの育て方 初夏から秋まで黄色のヒマワリのような花を咲かせる

ルドベキアの育て方 初夏から秋まで黄色のヒマワリのような花を咲かせる

真夏に次々と花を咲かせるルドベキア。鮮やかなオレンジや黄色の花は小型のヒマワリのようですが、枝分かれし、ひと株でも存在感があるのが特徴です。花は一重咲きのもののほか、八重咲きのもの、大きさや形もざまざまな品種が楽しめます。草丈が低く地面を這うように広がる品種はグラウンドカバーとして利用されることも。品種によって、花後に枯れる一年草と、冬も根が残って越冬する宿根草のものがあります。花壇や鉢植えなど、用途に合わせて選びましょう。
5 view
タマネギの育て方 生で良し、火を通して良し、毎日の食卓に欠かせない万能食材

タマネギの育て方 生で良し、火を通して良し、毎日の食卓に欠かせない万能食材

ニンニク同じ成分、アリシンを多く含むタマネギは古代エジプトではスタミナ源として利用されていたとか。独特の強い香り成分、硫化アリルは血液をサラサラにし、コレステロールの代謝を高める健康成分として注目されています。家庭では「オニオンセット」「ホームタマネギ」などの名前で市販されている、小さな子球を利用してコンテナ栽培すると手軽。夏の終わりに植えつけ、90日前後、冬になる頃収穫できます。身近で育てれば新鮮なタマネギの美味しさにびっくりしますよ。
5 view
ケイトウの育て方 最近おしゃれな品種が増え、人気急上昇中!

ケイトウの育て方 最近おしゃれな品種が増え、人気急上昇中!

花の形がニワトリのトサカに似ているので「鶏頭」と書かれることもあるケイトウ。そんなリアルな表現とは裏腹に、最近は、洋風の花壇にも、アレンジメントや花束にも使えるオシャレな園芸品種が増えてきました。発色のよさとキャンドルのような形をいかして、寄せ植えやリースを作っても素敵です。
16 view
クリスマスローズの育て方 原種からハイブリッドまでバリエーション豊か!

クリスマスローズの育て方 原種からハイブリッドまでバリエーション豊か!

うつむいて咲く姿がとても可憐なクリスマスローズ。控えめでありながら、気品ただよう花は咲き方、花形、花色が豊富で、とても魅力的。“冬の貴婦人”とも呼ばれ、バラに次いでファンの多い冬の多年草です。あなたも好みのクリスマスローズを手に入れて、冬枯れの庭をおしゃれに彩ってみてください。
15 view
花姿が印象的な秋を彩る代表花!初心者にも育てやすいリコリス(彼岸花)の育て方

花姿が印象的な秋を彩る代表花!初心者にも育てやすいリコリス(彼岸花)の育て方

古くから日本の各地に自生し、秋のお彼岸の頃、見事な真っ赤な花を咲かせる姿が印象的な彼岸花(ヒガンバナ)。曼珠沙華(マンジュシャゲ)の名前でも広く浸透しています。このヒガンバナに代表されるリコリスにはいろいろな種類があります。近年、欧米での人気を受け、日本でも注目されるようになり、さまざまな種類が出まわるようになりました。花色も白や黄色、ピンク、紫などが揃い、植えたままでもOK。初心者でも育てやすい草花のひとつです。
17 view
夏の花壇を彩る!暑い夏の暑さにも負けないモナルダ(ベルガモット)の育て方

夏の花壇を彩る!暑い夏の暑さにも負けないモナルダ(ベルガモット)の育て方

春に芽を出し真夏の暑い時期に力強く咲く赤やピンクの花が印象的なモナルダ。盛り上がり炎のように咲く花の形からタイマツバナという別名もあります。さわやかな香りがあり、ベルガモットオレンジに似ていることからベルガモットとも呼ばれ、ハーブティーとしても利用されています。花色も白や黄、紫、藤色のものなどさまざまな品種があり、自然交雑種も多く流通しています。耐寒性もあり、越冬して春になると芽吹き、夏、再び開花します。丈夫な性質で育てやすいので初心者向き。香りのある花はポプリに利用することもできます。
16 view
世界中に広く自生し、旺盛に育つ花!美しい縦のラインが印象的なベロニカの育て方

世界中に広く自生し、旺盛に育つ花!美しい縦のラインが印象的なベロニカの育て方

スマートな縦のラインと瑠璃色の花が美しいベロニカ。北半球に広く自生し、草丈1m以上に育つ品種から矮性で草丈の低いもの、グランドカバーにも利用できる横に広がるタイプなど多くの品種があります。多年草で耐寒性、耐暑性があり、育てやすい草花なので、花壇や寄せ植えに大人気。洋風にも和風にもコーディネートできる雰囲気で、夏のボーダー花壇や、ロックガーデンにプラスするとワンランクアップの庭が手軽に出来上がりますよ。
20 view
ドライフラワーはアレンジメントにも大活躍! センニチコウの育て方

ドライフラワーはアレンジメントにも大活躍! センニチコウの育て方

名前の通り、千日もの長い間、鑑賞を楽しめるセンニチコウ。実は花のように見える部分は苞(花の根元につく小さな葉)で、生花はもちろん摘んでドライにしてもあざやかな色がそのまま残ります。それゆえ切り花として飾られることが多く、最近はドライフラワーにし、ハーバリウムの花材として活用する人が増えています。あなたも自宅で育てて、流行のハーバリウムを手作りしてみませんか?
17 view
秋から冬にかけて大きく育つ!サラダや鍋物など色々なレシピに大活躍の水菜の育て方

秋から冬にかけて大きく育つ!サラダや鍋物など色々なレシピに大活躍の水菜の育て方

江戸前期には栽培されていたという水菜。京都で漬物用の葉物として栽培されていたことからキョウナとも呼ばれています。深い切れ込みのある葉先がとがり、大株に育つので、身近な葉物野菜として定着しています。クセのない味はそのままサラダに加えたり、お浸しにしたり、鍋物にと大活躍。抗酸化作用のあるβカロテンやカリウム、カルシウム、鉄分、ビタミンCなどの栄養も豊富。身近に栽培しておけば気軽に毎日のレシピにプラスできますよ。
17 view
春から秋まで楽しめる!グランドカバープランツとしても人気のリッピアの育て方

春から秋まで楽しめる!グランドカバープランツとしても人気のリッピアの育て方

茎の各節から根を出し、カーペット状に地面を密に覆うように広がるリッピア。白やピンクなどの小さな花が春から秋まで長く楽しめます。常緑で耐寒性、耐暑性にも優れているので、グランドカバープランツとして人気があります。一度根づけば生育旺盛で、どんどん生え広がります。花壇の縁や敷石の間などの雑草対策としても利用でき、寄せ植えなどにプラスするのもオススメです。
34 view
どのタイプが使いやすい?マルチで使える人気の芝生バリカンランキング

どのタイプが使いやすい?マルチで使える人気の芝生バリカンランキング

広範囲の芝生をお手入れするときに便利な芝生バリカン。ただ芝を整えるだけでなく、植木の剪定などにも使えるマルチタイプのものもたくさんあります。今回はGarché編集部おススメの芝生バリカンを、ランキング形式でご紹介します。比較するときの参考にしてください。
77 view
育て方はとっても簡単!プランターひとつで栽培できる栄養豊富なクウシンサイの育て方

育て方はとっても簡単!プランターひとつで栽培できる栄養豊富なクウシンサイの育て方

暑さに強く、手間をかけずとも葉が茂り、初夏~秋まで収穫できるクウシンサイは初心者向きの野菜のひとつ。そのうえ栄養価が高く、ビタミンCやカロテン、鉄分、カリウムが豊富。なかでも鉄分を多く含み、疲労回復に効果的とか。クウシンサイで、夏バテ予防のレシピを作ってみては?
20 view
暑さや乾燥に強く丈夫!初夏~晩秋まで元気いっぱいに咲くニチニチソウの育て方

暑さや乾燥に強く丈夫!初夏~晩秋まで元気いっぱいに咲くニチニチソウの育て方

5月~10月の長い間、毎日のように次々と花が咲くことから「日々草」と名付けられたニチニチソウは高温多湿に強く育てやすいため、夏の花壇や寄せ植えによく使われています。 最近は花形の改良が進み、おしゃれになってきました。花が少なくなる季節にニチニチソウがあれば、毎日眺めて元気をもらえそうですね。
68 view
栄養豊富な中国野菜!短期間で栽培でき一年に2回収穫できるチンゲン菜の育て方

栄養豊富な中国野菜!短期間で栽培でき一年に2回収穫できるチンゲン菜の育て方

葉のつけ根がぷっくりと膨らんだ姿がユニークなチンゲン菜。約30年前から日本でも栽培が盛んになり、今やおなじみの中国野菜のひとつです。その理由は、短期間で収穫できるから。最近は、さらに生長が早く密植できるミニチンゲン菜も登場し、初心者でも気軽に栽培を楽しめるようになりました。
16 view
初夏から晩秋まで鮮やかなオレンジの花を咲かせる定番草花!マリーゴールドの育て方

初夏から晩秋まで鮮やかなオレンジの花を咲かせる定番草花!マリーゴールドの育て方

聖母マリアの黄金の花を意味するマリーゴールド。春から秋まで長い季節花を咲かせ、聖母マリアの祭日にいつも花を咲かせていたことから名付けられたといいます。日本には江戸時代前期に渡来し、孔雀草や万寿菊、千寿菊などの名前で長く親しまれてきました。特徴として品種も多く、オレンジや黄色以外の白やクリーム、赤、複色など花色のバリエーションが豊富です。草丈も低いものから1mほどに育つものもあります。丈夫で育てやすいのでガーデニング初心者におススメの草花です。
57 view
26 件