ワイルドストロベリーの育て方を覚えて、食べ方を工夫してみよう!ジャムやハーブティーなどのレシピもご紹介

ワイルドストロベリーの育て方を覚えて、食べ方を工夫してみよう!ジャムやハーブティーなどのレシピもご紹介

「育てれば恋が実る」「奇跡が起きる」としてヨーロッパやアメリカでも縁起の良い植物として好まれているワイルドストロベリー。見た目が可愛いだけではなく、健康や美容にもその効能・効果を発揮しています。そんなワイルドストロベリーを使ったスイーツレシピなどをご紹介します
3 view
サルビアの育て方は?サルビアネモローサなど種類も豊富!様々な色の花が花壇を彩るサルビアの育て方をご紹介

サルビアの育て方は?サルビアネモローサなど種類も豊富!様々な色の花が花壇を彩るサルビアの育て方をご紹介

900種以上あるというサルビアの中で、最も一般的なのは鮮やかな赤い花をつけるサルビア・スプレンデス。子どもの頃、学校の花壇などでも栽培されていたという記憶のある方も多いでしょう。サルビアの仲間は本来多年草ですが、「サルビア・スプレンデス」を筆頭に寒さに弱く冬越しできないものは一年草として扱われています。品種によって耐寒性のあるなし、また花色、草姿にも大きな違いがあり、低木状に育つものなどさまざまそろいます。
15 view
ルピナスの育て方は?種から栽培!様々な種類のルピナスの豪華な花でガーデンや寄せ植えを楽しもう!

ルピナスの育て方は?種から栽培!様々な種類のルピナスの豪華な花でガーデンや寄せ植えを楽しもう!

ピンクや赤、オレンジ、白、黄、紫など多くの花色があり、華やかな花穂が個性的なルピナス。大型のものは初夏の花壇の後段に植えると見栄えがします。草丈30㎝前後の「テキセンシス」は寄せ植え等にプラスすると素敵。清涼感を感じさせるルピナス。多くの園芸品種が揃い、春先には苗も多く出回ります。初夏の花壇や鉢植えなど、ちょっと個性的にしたい時にぴったりの植物です。
15 view
ラナンキュラスの育て方は?肥料や用土など、地植え・鉢植えで寄せ植えも楽しめるラナンキュラスの栽培方法

ラナンキュラスの育て方は?肥料や用土など、地植え・鉢植えで寄せ植えも楽しめるラナンキュラスの栽培方法

ラナンキュラスの最大の魅力は、あでやかな花姿。薄い花びらが幾重にも重なって咲く花は存在感があり、どこに植えても主役になります。1個の球根から少ないもので5本、多いものは20本以上の花茎が立ち上がり、1本の花茎から数輪の花が咲き誇ります。手軽に楽しみたい人は鉢に2~3球ほど寄せ植えして楽しむのがおススメですが、群植すれば花いっぱいの花壇を簡単に作ることもできますよ。
11 view
ヒヤシンスの育て方は?肥料や用土など、球根から水栽培や鉢植えもできるヒヤシンスの栽培方法

ヒヤシンスの育て方は?肥料や用土など、球根から水栽培や鉢植えもできるヒヤシンスの栽培方法

球根植物のなかでも特に人気が高いヒヤシンス。その理由は、誰でも簡単に水耕栽培ができ、寄り集まって咲く小花が豪華で見映えがするから。香りの良さも人気の一因です。室内にインテリア雑貨のように飾ってみてはいかがでしょう。香りが強いので、ひと株だけでも甘く清々しい香りが部屋中に広がりますよ。
31 view
カスミソウの育て方 ピンクや赤い花も人気急上昇中!

カスミソウの育て方 ピンクや赤い花も人気急上昇中!

「カスミソウ」の由来は白い小花を無数に咲かせる姿が花霞のように見えることから。長く白花が主流で、メインの花を引き立てる脇役として使われることの多かったカスミソウですが、近年は園芸品種の改良により、ピンクや赤いといった鮮やかな花色の品種や、大輪でバラのような華やかさを持った品種が続々と誕生し、カスミソウを主役にしたアレンジが注目を浴びています。あなたも庭で育てて収穫して、花束などフラワーアレンジを楽しんでみませんか?
17 view
愛らしいブルーの花弁と黄色の中心部分が個性的なブルーデージーの育て方

愛らしいブルーの花弁と黄色の中心部分が個性的なブルーデージーの育て方

紫がかったブルーと黄色のコントラストが美しく愛らしい花を長く咲かせるブルーデージー。多年草で環境があえば毎年開花し大きく育ちますが、日本の高温多湿の真夏が苦手な植物なので鉢植えにし、夏の間は半日陰の風通しのよい場所で管理すると失敗なく育てられます。耐寒温度は5度前後。暖地なら庭植えのままでも冬越しできますが、寒い地域では鉢にして室内で管理したほうが安心です。花壇はもちろん寄せ植えにプラスするのもおススメ。斑入り葉の品種も人気があります。
24 view
キンギョソウの育て方とは?ひらひらと舞うカラフルな花びらがキュート♪

キンギョソウの育て方とは?ひらひらと舞うカラフルな花びらがキュート♪

和名の「金魚草」という名前は、開花している様子が金魚のように見える、または、金魚がエサを求めてパクパクと口を開けているように見えるからだと言われています。しかし、英名は「dragon snap(噛みつくドラゴン)」で、花形が動物の口に似ていることから。愛らしい花のイメージとは対照的なのがユニークですね。
27 view
オミナエシ(女郎花)の育て方 黄色い小花がまとまって咲く姿が美しい

オミナエシ(女郎花)の育て方 黄色い小花がまとまって咲く姿が美しい

秋風に吹かれて揺れる姿がなんともはかなげで、寂しそうな女性を連想させることから「美人」「はかない恋」という花言葉がついているオミナエシ(女郎花)。花名の由来は諸説あり、黄色い小花が粟の粒に似ていて、その昔、粟飯のことを女飯(おみなめし)と呼んでいたことから名付けられたという説と、「高貴な女性を圧倒するほど美しい」という意味のオミナ(女)ヘシ(圧し)が変化したという説があります。名前の読み方で、季節を感じたり、女性をイメージさせたりするなんて風情がありますね。
41 view
アカンサスの育て方 装飾のような葉で一度見たら忘れられない人気の花

アカンサスの育て方 装飾のような葉で一度見たら忘れられない人気の花

1.5mと大きく育ち、遠くから眺めてもサマになるアカンサス。ほのかにワインがかる筒状の花と、造形的な大ぶりの葉はとても美しく、ガーデナーに根強い人気があります。また、アカンサスはギリシャの国花で、深い切れ込みが入った葉の形は、古代ギリシャの建築物や装飾品のモチーフ(模様・柄)として好んで使われてきたという歴史があります。それゆえ花言葉も、美しさにちなんだ「芸術」「美術」「建築」「技巧」「永遠に離れない結び目」などがつけられています。
26 view
ブッドレアの育て方は?肥料や用土など、鉢植えでもできる品種豊富なブッドレアの栽培方法

ブッドレアの育て方は?肥料や用土など、鉢植えでもできる品種豊富なブッドレアの栽培方法

藤色や紫、白などの円錐形の長い花穂が個性的なブッドレア。美しく甘い香りのする花には蜜があり、チョウやハチなどが集まってくることからバタフライブッシュの別名があります。日本に自生する品種もありますが、園芸店で出回っているものはヨーロッパで改良されたものが多く、洋風の庭にも和風の庭にも合わせやすい花木として人気があります。育てやすく生長も早いので初心者向き。品種にもよりますが、春に植えつければ、夏から秋にかけて花が楽しめます。
32 view
ツキヌキニンドウの育て方は?剪定時期や肥料・用土など、苗から育てるツキヌキニンドウの栽培方法

ツキヌキニンドウの育て方は?剪定時期や肥料・用土など、苗から育てるツキヌキニンドウの栽培方法

ラッパに似た花の形から「トランペット・ハニーサックル」とも呼ばれるツキヌキニンドウ。花の下につく2枚の葉がくっついていて、その中心から茎が突き抜けているように見えることから「ツキヌキニンドウ(突抜忍冬)」と名づけられました。「愛の絆」「献身的な愛」「真実の愛」という花言葉がぴったりの情熱的な花をいっせいに咲かせ、甘い香りを漂わせます。
21 view
マトリカリア(フィーバーフュー)の育て方は?肥料や用土など種・苗から育てるマトリカリアの栽培方法

マトリカリア(フィーバーフュー)の育て方は?肥料や用土など種・苗から育てるマトリカリアの栽培方法

ヨーロッパでは16世紀頃から栽培され、熱を下げるハーブ、フィーバーヒューと呼ばれ親しまれてきたというマトリカリア。夏に白いキクに似た花を咲かせることからナツシロギクという和名がつけられました。現在は花壇や寄せ植えに利用しやすい草丈の低いもののほか、切り花用の草丈の高いものや、斑入り葉のもの、葉が黄色のものなども登場しています。葉には独特に香りと苦みがあり、昆虫も嫌うほどといいます。
29 view
ヤグルマギク(矢車菊、コーンフラワー)の育て方は?種まきや肥料・用土などヤグルマギクの栽培方法

ヤグルマギク(矢車菊、コーンフラワー)の育て方は?種まきや肥料・用土などヤグルマギクの栽培方法

花の形が矢車に見えることからヤグルマギクと名づけられたとか。青やピンク、白などの小さな花弁を放射状に広げ、枝分かれして多くの花を咲かせます。耐寒性もあり秋に植えつけると冬越しして春に開花します。もともとは青い花でしたが改良されてピンクや白、紫などの花色も楽しめるようになりました。日当たりと水はけのよい場所に植えれば手間なく育つ初心者向けの草花です。草丈も30~100㎝とさまざま揃うので、花壇や寄せ植えにプラスしても素敵ですよ。近年登場した黒花の「ブラックボール」なども人気です。
39 view
エンジェルストランペットの育て方は?種から?苗から?肥料や用土などエンジェルトランペットの栽培方法

エンジェルストランペットの育て方は?種から?苗から?肥料や用土などエンジェルトランペットの栽培方法

トランペットの形に似た大きな花が、ぶら下がるように咲くエンジェルストランペット。夏の間ずっと大きな花を咲かせるため、夏の庭でとても目立ちます。鉢植えでも楽しめますが、草丈が1m~3mと大きく育つため、初心者は庭植えとして楽しむ方が良いでしょう。大株になると、50~100輪もの花が一度に咲くこともありますよ。
39 view
79 件