オミナエシ(女郎花)の育て方 黄色い小花がまとまって咲く姿が美しい

オミナエシ(女郎花)の育て方 黄色い小花がまとまって咲く姿が美しい

秋風に吹かれて揺れる姿がなんともはかなげで、寂しそうな女性を連想させることから「美人」「はかない恋」という花言葉がついているオミナエシ(女郎花)。花名の由来は諸説あり、黄色い小花が粟の粒に似ていて、その昔、粟飯のことを女飯(おみなめし)と呼んでいたことから名付けられたという説と、「高貴な女性を圧倒するほど美しい」という意味のオミナ(女)ヘシ(圧し)が変化したという説があります。名前の読み方で、季節を感じたり、女性をイメージさせたりするなんて風情がありますね。
15 view
アカンサスの育て方 装飾のような葉で一度見たら忘れられない人気の花

アカンサスの育て方 装飾のような葉で一度見たら忘れられない人気の花

1.5mと大きく育ち、遠くから眺めてもサマになるアカンサス。ほのかにワインがかる筒状の花と、造形的な大ぶりの葉はとても美しく、ガーデナーに根強い人気があります。また、アカンサスはギリシャの国花で、深い切れ込みが入った葉の形は、古代ギリシャの建築物や装飾品のモチーフ(模様・柄)として好んで使われてきたという歴史があります。それゆえ花言葉も、美しさにちなんだ「芸術」「美術」「建築」「技巧」「永遠に離れない結び目」などがつけられています。
16 view
甘い香りがする円錐形の花穂が美しい!ブッドレアの育て方

甘い香りがする円錐形の花穂が美しい!ブッドレアの育て方

藤色や紫、白などの円錐形の長い花穂が個性的なブッドレア。美しく甘い香りのする花には蜜があり、チョウやハチなどが集まってくることからバタフライブッシュの別名があります。日本に自生する品種もありますが、園芸店で出回っているものはヨーロッパで改良されたものが多く、洋風の庭にも和風の庭にも合わせやすい花木として人気があります。育てやすく生長も早いので初心者向き。品種にもよりますが、春に植えつければ、夏から秋にかけて花が楽しめます。
9 view
トロピカルな花をたくさん咲かせる!ツキヌキニンドウの育て方

トロピカルな花をたくさん咲かせる!ツキヌキニンドウの育て方

ラッパに似た花の形から「トランペット・ハニーサックル」とも呼ばれるツキヌキニンドウ。花の下につく2枚の葉がくっついていて、その中心から茎が突き抜けているように見えることから「ツキヌキニンドウ(突抜忍冬)」と名づけられました。「愛の絆」「献身的な愛」「真実の愛」という花言葉がぴったりの情熱的な花をいっせいに咲かせ、甘い香りを漂わせます。
12 view
洋風にも和風にもコーディネートできる!マトリカリアの育て方

洋風にも和風にもコーディネートできる!マトリカリアの育て方

ヨーロッパでは16世紀頃から栽培され、熱を下げるハーブ、フィーバーヒューと呼ばれ親しまれてきたというマトリカリア。夏に白いキクに似た花を咲かせることからナツシロギクという和名がつけられました。現在は花壇や寄せ植えに利用しやすい草丈の低いもののほか、切り花用の草丈の高いものや、斑入り葉のもの、葉が黄色のものなども登場しています。葉には独特に香りと苦みがあり、昆虫も嫌うほどといいます。
9 view
日当たりと水はけのよい場所ならぐんぐん育つ!ヤグルマギクの育て方

日当たりと水はけのよい場所ならぐんぐん育つ!ヤグルマギクの育て方

花の形が矢車に見えることからヤグルマギクと名づけられたとか。青やピンク、白などの小さな花弁を放射状に広げ、枝分かれして多くの花を咲かせます。耐寒性もあり秋に植えつけると冬越しして春に開花します。もともとは青い花でしたが改良されてピンクや白、紫などの花色も楽しめるようになりました。日当たりと水はけのよい場所に植えれば手間なく育つ初心者向けの草花です。草丈も30~100㎝とさまざま揃うので、花壇や寄せ植えにプラスしても素敵ですよ。近年登場した黒花の「ブラックボール」なども人気です。
26 view
ラッパ状の大輪花をたくさん咲かせる!エンジェルストランペットの育て方

ラッパ状の大輪花をたくさん咲かせる!エンジェルストランペットの育て方

トランペットの形に似た大きな花が、ぶら下がるように咲くエンジェルストランペット。夏の間ずっと大きな花を咲かせるため、夏の庭でとても目立ちます。鉢植えでも楽しめますが、草丈が1m~3mと大きく育つため、初心者は庭植えとして楽しむ方が良いでしょう。大株になると、50~100輪もの花が一度に咲くこともありますよ。
17 view
大切なお庭や家庭菜園もこれでスッキリ!人気の除草剤ランキング

大切なお庭や家庭菜園もこれでスッキリ!人気の除草剤ランキング

季節の花で彩る、お気に入りの庭。実りを楽しみに果物や野菜を育てる菜園。いずれにしても、すぐに伸びてきてしまう雑草にはうんざりしてしまいますよね。そこで今回は、人気の高い除草剤をランキング形式でご紹介します。除草剤選びに迷ったら、ぜひ参考にしてみてくださいね。
62 view
庭の植物に愛情のサプリ!売れ筋の活力剤ランキングをご紹介します

庭の植物に愛情のサプリ!売れ筋の活力剤ランキングをご紹介します

手塩にかけて育てている花や野菜、果実も、季節の移り目や気候の変化に伴って、少し元気がないように感じることはありませんか?そんなときはサプリのように植物の元気復活を助けてくれる活力剤を上手に利用してみましょう。今回は売れ筋活力剤をランキング形式でご紹介します!
44 view
房状に咲かせる赤やピンク、白などの花は夏花壇にも大活躍!ペンタスの育て方

房状に咲かせる赤やピンク、白などの花は夏花壇にも大活躍!ペンタスの育て方

星形の小さな花をこんもりと半球状に咲かせるペンタス。熱帯原産で夏の暑さに強く、5月頃から10月まで次々と咲く花が楽しめます。紫や青、赤、ピンク、白などの花色に加え、白い覆輪の入るもの、八重咲きのものも。草丈も30㎝ほどのものや、1m以上にも育つものがあります。低く茂る矮性(わいせい)種は花壇や寄せ植えにぴったりです。一般な葉色は明るいグリーンですが、最近は斑入りのものも登場し、ますます個性豊かになりました。
58 view
日本の夏を彩る花木として人気!初心者にも育てやすいフヨウの育て方

日本の夏を彩る花木として人気!初心者にも育てやすいフヨウの育て方

日本の南部や中国、台湾などが原産といわれるフヨウは白やピンクのかわいい花を咲かせる夏の花木として古くから親しまれてきました。朝開いて夕方にはしぼんでしまう花は一日花ですが、最盛期には次々と切れ間なく花を咲かせて楽しませてくれます。 関東以西の暖地なら地植えのまま越冬も可能で、野生化していることも。花後は実ができ、そのままにしておくと気温が下がる頃には熟し、実がはぜます。落葉し、はぜた実だけがついたフヨウは「枯れフヨウ」と呼ばれ、冬の季語になっています。
84 view
真夏の炎天下でもトロピカルな花を元気に咲かせる!カンナの育て方

真夏の炎天下でもトロピカルな花を元気に咲かせる!カンナの育て方

カンナは、何と言ってもその大きな葉と鮮やかな花が魅力的。最近は葉も花も色の幅が広がり、庭の雰囲気や好みに合わせて選べるようになってきました。緑葉と赤花の定番カラーの組み合わせも良いですが、存在感があるダークな葉や斑入り葉を選べば、庭がワンランクアップのおしゃれな雰囲気になりますよ。
95 view
純白で清楚な印象の白花とジャスミンのような甘い香りが魅惑的なクチナシの育て方

純白で清楚な印象の白花とジャスミンのような甘い香りが魅惑的なクチナシの育て方

梅雨の訪れとともに真っ白な花を咲かせ始めるクチナシ。クチナシという和名は、果実が熟しても割れないことから名付けられたとか。花言葉は「幸せでとてもうれしい」「喜びを運ぶ」「私は幸せ者」など幸福をイメージさせるものが多く、プレゼントやウェディングブーケにも利用されています。自宅で育てて、大切な人にクチナシの花を贈ってみてはいかがでしょう。
75 view
丈夫で手間がかからず、初心者向き! 秋の風物詩コスモスの育て方

丈夫で手間がかからず、初心者向き! 秋の風物詩コスモスの育て方

日本の秋の季節の風物詩として愛され続けてきたコスモス。道端や原っぱでピンクや白の素朴な花が群生する風景は見事です。そんなコスモスを自宅の庭で咲かせてみませんか? 通常は一回で咲き終わる花ですが、花後もそのままにしておくとタネがこぼれて同じ場所で翌年も花を咲かせてくれますよ。
107 view
大輪のものから小花まで!夏、色とりどりの華やかな花を咲かせるダリアの育て方

大輪のものから小花まで!夏、色とりどりの華やかな花を咲かせるダリアの育て方

大輪で豪華な花を咲かせるものや、シンプルな一重咲きのものまで、さまざまな園芸品種があるダリア。日本の暑さに耐え、環境さえあえば手間いらずで毎年、花を咲かせてくれる初心者向きの草花です。花色、花形、草丈もさまざまに選べるので、夏花壇を彩る草花として活躍してくれます。ダリアの花ならではのダイナミックな雰囲気は、花壇や寄せ植えのアクセントにぴったり。切り花にしてブーケなど、花束にしても素敵です。
96 view
70 件